PCXの人気色はやはり白!永遠の定番だけど人は人、色選びを楽しめ

PCXの色選びPCX

PCXを買ったお店に遊びに行った時に聞いた、或る店限定の局地的な話です。

全国的な色別販売台数データを持ってる訳では有りません。

統計的に有意なサンプルサイズを満たしている訳でも有りません。

けれど

PCXの色が決められない!

そんな悩みを解消します。

あなたは、どのタイプ?

  • 清潔感の白
  • 若い人が選ぶ事が多い黒
  • 意外と男性が多い赤
  • 年配に人気のシルバー

こんな内容を知って、スッキリしよう。

どんな色のPCXが選ばれてるのか気になるのなら、ためになる話。

PCXの人気色と色のイメージ

この店で良く出る色の順番

白 > 黒 > 赤 >シルバー系

PCXは、相変わらず良く売れてます。

125ccクラスのスクーターでは、一番人気。

だから、街にあふれてるのが、チョット気になる。

自分らしさを色で表現したいですよね!

1位.迷ったら白、おすすめ

パールジャスミンホワイト

白はPCXの永遠の定番

白は幅広い年齢層で選ばれています。

  • 白は清潔感がある
  • 白は夕暮れ・夜でも目立つので安全

TOTOなんて陰口を聞くけど、ヒガミなので気にする必要ナシ!

どのクラスにも、そんなキャラはいるからね。

2位.若い人には黒が似合う

ポセイドンブラックメタリック

白の人気が幅広いのと対照的に、黒の人気は局所的。

若い男性にダントツ人気です。

  • 引き締まって見える
  • カッコいい

ホコリや水跡が目立つ色なので、まめな洗車が欠かせない。


おすすめは、フクピカ

3位.意外と男性が多い赤

キャンディラスターレッド

『赤』イコール女性、なんて大昔の発想です。

意外と幅広い男性に選ばれれるのが、赤。

  • ケバケバしくない落ち着いた赤がいい
  • バイクはスポーティな赤がいい

赤は紫外線で色褪せしやすいので、バイクカバーは必須!


バイクの色と差し色の合わせ方は、ココ

4位.シルバー系

マットディムグレーメタリック
マットコスモシルバーメタリック

大人な年配に人気なのが、シルバー系。

派手過ぎす、地味過ぎず。中庸な選択だと切り捨てるのは勿体ない。

  • 陰影が映える絶妙な発色
  • 汚れやキズが目立ちにくい

写真の数倍イイ発色なので、実物を見てから決めたい。



海外では原色系のPCXも展開されてます。

派手な色のPCXもイイ!

3代目PCX(JF81)のカラーリング

パールジャスミンホワイト
ポセイドンブラックメタリック
キャンディラスターレッド
ブライトブロンズメタリック
マットイオンブルーメタリック
マットギャラクシーブラックメタリック

3代目PCXも、白・黒・赤・シルバー系という定番のカラーリングでした。

2代目にあった黄色など、原色系を望む声も多かったけどね。

4代目ではどうでしょう。

PCX125 と PCX160 どっち?

CX125 と PCX160 どっち?

数が出るのは125ccだけれども、150ccの認知度も上がってきてます

125ccが区切りな国は少数派です。

海外では150cc前後が区切りになることが多い。

だから、PCXは125cc・150ccの両方をラインナップしてます。

PCX125とPCX160の違い

  • 日常の足なら、PCX125
  • ツーリングメインなら、PCX160

従来150ccはキワモノ扱いだったけれど、そのメリットを理解されて選ぶ人が増えています。

通勤・通学の人は125cc、趣味として乗る人は150ccが気になってる。

差はたった25ccだけど、20%の差です。

乗り比べれば力強さの差は、誰でも実感できます。

逆に言えば、乗り比べなければ125ccでも十分流れをリードして走る!

125ccと150ccの金額的な差

  • 車両価格の差、5万円
  • 年間維持費の差、1~5万円

一番効いてくるのは、バイク保険の差です。

贅沢なPCXなら、PCX160

贅沢なPCXなら、PCX160

趣味として150ccを選ぼうとする人に若い人は多くない。


大人な人にとって、数万円の差は重要な意味を持たないことも多い。

それより、自動車専用道路や高速に乗れるメリットの方が気になるようです。

だから150ccが選ばられることが多い。

利便性の差は、ココ

メーカーオプション、5選の選び方

メーカーオプション、5選の選び方

PCXには、アクセサリーとして数々のメーカーオプションが用意されてます。

  1. グリップヒーター
  2. ボディマウントシールド
  3. アラーム・インジケーター
  4. トップボックス
  5. ETC

おやじは、グリップヒーターとボディマウントシールドがセットでデフォ。

1.グリップヒーター

自分で取り付けるのは、難易度が高い

出来れば、PCX購入に合わせ、ショップに任せたい

グリップヒーターは、標準装備にしても良い。


冬でも走る人は、是非とも装備したい。

冷風に指がシビレて動かなくなる感覚ともサヨナラ出来ます。

2.ボディマウントシールド

取り付けは簡単なので、後から通販してもOK!

ツーリング用途の人は、選択する人が多い。

PCXの標準スクリーンは、ほとんど防風にはなりません。

特に高速走行するときに、効果絶大です。

疲れ方が全然違うので、おすすめ。

DIYの方法は、ココ。

3.アラーム・インジケーター

アラームのセッティングには、ショップでの特殊操作が必要です

DIYで完結しないので、自分で取り付けたならショップで最終処理をしてもらおう

アパート、マンション住まいなら、おすすめ。

振動を検知すると、アラーム音が鳴り響きます。

インジケーターのLEDが夜間に点滅し、防犯としても機能します。

だから、アラームとインジケーターランプはセットで導入したい。


セットでも5,000円程度なので、後から高価なアラーム付きのロックを買うより安くつく。

4.トップボックス スマートキーシステム

PCXのスマートキーで開閉可能なトップボックス。

トップボックスのカギを持つ必要が無いのは嬉しいけれど、チョット高価。

財力のある人向きですね。


リアカウルのフタ

赤矢印は関係有りません

自分でトップケースを付けるなら、

リアカウルのフタを取った状態で納車して貰おう

現行PCXはトップケースキャリアを付けるためには、リアカウルのフタを外す必要がります。


しかし、リアカウルのフタを取るためには、リアカウルを取る必要がある。


ナゾな仕様です。

リアカウルを外すのはカウルのツメを折る危険性があります。

納車前に作業しておい』と購入時にクギを刺しておこう

5.ETC

PCXで元を取るのは困難だけど

1度使えば、元が取れたとも言える

PCX125につけても高速道路は走れ無いので、宝の持ち腐れ。

PCX160専用のアクセサリーです。


PCXで高速道路を常用する人は居ないと思うので、使用頻度は高くない。

高速道路の割引で元を取るのは至難です。


けれど、1度でもETCゲートの楽さを味わえば、元を取ったともいえる。

グローブをしているバイクこそ、ETCは有難い。

ユーザーによるETC取り付けは

  • 車はOK
  • バイクはNG

謎な規制だけど、悪法も法

軽自動車用にセットアップされたETCを中古で買ってバイクで使うのは、グレー。

自己責任ですね!



パーキングブレーキ・ヘルメットロックも、付けたい

PCXのインプレ

PCXのインプレ

1ヵ月点検の時に良く聞く『乗ってみた感想』。

  • 良く走る
    125ccで何の不満も無い
    信号での出足やバイパスでも問題なく流れに乗れる
  • 燃費の良さ
    燃費計に表示される50km/L以上の数字
    ガソリンが全然減らない
    アイドリングストップは燃費も良くなるし静かでイイ

  • 思ったより大きい
    お店で見ると普通だけれど、自宅だと思ったより大きい
    カーポートの隙間に入れようと思ってたけれど、ムリだった

ダウンサイジング

景気の影響もあるのでしょうが、等身大で楽しめるバイクに乗り換えが進んでる

初めてバイクを買う人は勿論ですが、ダウンサイジングでPCXに乗り換える人も多いそうです。



加齢、維持費などの理由で、大型からPCXに乗り換える人が結構みえる。

大型からの乗り換えで一番多いのは、大型からレブル250だそうです。

私がPCXを2台乗り継いだインプレ

バイクの楽しさは、排気量と無関係

私も250ccからPCXにダウンサイジングした1人です。

  • 3代目PCX150
  • 4代目PCX125

PCXが楽しすぎて、2台を乗り継いでます。


他の方同様に、『日本の道ならこれで十分』だと気づかされました。

バイクは非日常を楽しむツールですから、パワーがあるに越したことは有りません。

2,3秒で時速100Kmになる加速には、車では味わえない強烈な中毒性が有ります。

しかし、免許証と命がいくつあっても足りません。

以前は、大型に乗ってましたが、運転が下手なのでヒヤッとした事が何度も有りました。

ヒヤッで済んでいる内に退散した方が身のためだとダウンサイジングです。

大型 ⇒ 250cc ⇒ 150cc⇒125cc

PCXは、脳ミソを置き去りにするパワーは無いけれど、バイクの本質的な楽しさを教えてくれます。

天気のいい日にトコトコあても無く流していると、どこまでも行けそうな気がします。

以前設定されてた黄色はキレイで良い色でした。復活しないのでしょうか。

PCX150はカウル全交換

日本では未設定でPCX生産国のベトナムには設定されているマットブラックが気になって仕方ない。

カウルを丸ごと入れ替えてしまった

PCXインプレの詳細は、ココ


カウル交換方法は、ココ

4代目PCX125に乗り換え

4代目PCX125に乗り換え

4代目PCXへのモデルチェンジされました。

気になって仕方なく、乗り換えました。


悔いはありません。

4代目PCXのインプレは、ココ

PCXの人気色 まとめ

PCXの人気色 まとめ

人は人、自分は自分

自分が気に入った色が、ベストチョイス

2010年に初代PCXが発売されて以降、白はPCXの定番です。

白が好きなのに没個性を恐れて他の色を選ぶのならば、それは勿体ない


人は人、自分は自分。

色選びはバイク購入の楽しみの最終段階です。

どれを買おうか考えている時が一番楽しい

大いに楽しんでください

色が気になって、カウルを全交換してしまうバカも居ます。


人気色がどうであろうと自分が気に入ったならば、

その色を買わない理由が有りません



併せて読みたい

タイトルとURLをコピーしました