バイク125ccと150ccの利便性を比較!【走れる道の差が気になる?】

走れる道の差125ccと150cc
スポンサーリンク

従来は125ccの次のクラスは250ccでしたが、

最近150ccのバイクが増えてきました。

今までは、30km/h制限や2段階右折などの50ccの不便さから解放される125ccが情報通の乗り物とされてきました。

普段使いには125ccが良いとされてきました。

しかし、150ccの選択肢が増えて来た事により、従来の定説が崩れて来ました。

125ccにホンのちょっと足すだけで、125ccの我慢から解放されるのです。

125ccと150cc、

おすすめはどっちなの?

そんな疑問を解消します。

途中半端な排気量の150ccに勝機はあるんでしょうか?

新提案:150ccこそが最強の排気量です

  • 150ccに必要な免許は125ccとそれほど変わらない
  • 150ccの初期費用は125ccとそれほど変わらない
  • 150ccの維持費は125ccとそれほど変わらない
  • 150ccの燃費は125ccとそれほど変わらない
  • 150ccは50ccのような制限がない
  • 150ccは125ccと同じなので軽くて日常使いに良い
  • 150ccは125ccでは通れない道が通れる
  • 150ccは125ccよりパワーが有る
  • 150ccはナンバープレートがピンクじゃない

150ccが125ccよりどれだけ便利か比較します。

スポンサーリンク

150ccがオリジナル

125ccバイクに150ccエンジンを無理やり入れた訳ではありません。

150ccがオリジナルです。

スクーターの主戦場であるアジアでは、バイク免許に排気量制限が無い国がほとんどです。

一方、200cc以上のバイクは国内生産が認められてません。

200cc以上のバイクに乗りたければ輸入ですが、関税が高い事もあり庶民には手が出ません。

結果、免許に排気量制限が無くても200cc以下のバイクがほとんどです。

グローバルでは125ccと150ccに区切りがあり統一されてません。

このため150ccベースで設計され、仕向け・価格設定により

100cc/125cc/150ccエンジンを載せて大量生産されます。

アメリカのバイク免許
 M2免許:150cc以下
 M1免許:排気量制限無し

EUのバイク免許
 A1:125cc以下 かつ 11kW以下
 A2:排気量制限無し かつ 35kW以下
 A: 排気量制限無し 出力制限無し

アジアのバイク免許
  排気量制限無し (アジアらしい)

125ccと150ccはエンジン違い

別記事で比較を行いましたが、125ccと150ccはエンジンが違うだけです。

150ccは

  • 同じ外寸・重量なので取り回しは変わらず日常使いに良い。
  • 同じ車体にパワフルエンジンなのでパワーがある。
  • 燃費が40km/Lを超えてるのは変わらず

ヤマハNMAXもPCXと同じく、外形は同じです。

ホンダPCX、ヤマハNMAXともに125cc/150ccは外寸同じで重量が1kg違うだけです。

最高出力は、3ps(25%)増します。

125ccで激坂に来てしまった時などの

『後チョットあれば』が足されるのが150ccです。

 PCX125PCX150NMAXNMAX155
排気量(cc)125150125155
最高出力(ps)12151215
全長(mm)1,925←同じ1,955←同じ
重量(kg)130131127128
WMTCモード値
(km/L)
50.746.043.641.7

150ccは125ccが行けない道が通れる

50ccは、原付1種。30km制限で、3車線以上の交差点は2段階右折しなければいけません。
125ccは、原付2種。高規格幹線道路(高速道路と自動車専用道路)は通行できません。

150ccは、どこでも走れます(二輪車通行規制区間はNG)

     高規格幹線道路は全長約14,000kmです。好きなだけ走れます。

150ccは125ccが行けない道が通れる
自動車専用道路

150ccは、高速道路も、自動車専用道路も走れます。

高速道路は有料ですし、それなりの心構えが有るので125ccが通行できなくても諦められます。

しかし、自動車専用道路が通行できないのは辛い。


いわゆる『バイパス』と呼ばれる、市街地をパスする広い道路が通れません。

125ccで気持ち良く走っているといつの間にか自動車専用道路に紛れ込むので気を付けないといけない。

バイパスを迂回して市街地の渋滞を我慢して通るしかありません。

自動車専用道路が通れないと、目的地まで大回りになってしまう事も多くて大変!

150ccは125ccが行けない道が通れる
日本二輪車普及安全協会を引用

150ccは、100km/h巡行するパワーが有ります。

しかし余裕は有りません。

積極的に高速道路を常用しようとは思いませんが、

イザというとき走れるのは安心感が有ります。

自動車専用道路が走れるのは、150ccの最大のメリットです。

バイクは元々自由な乗り物です。

狭い道もにも躊躇せずに入り込めますし、

景色がいい場所があればサッと停車出来ます。

そんな自由なバイクに通れない道があるのは許せません。

125ccは、ピンクナンバー

ナンバープレートの色は排気量で分けられてます。

  • 50cc:白
  • ~90cc:黄
  • ~125cc:ピンク
  • ~250cc:白
  • 250以上:白+緑枠

バイク種別を見分けやすくするためだとは思いますが、

何故ピンクなのでしょう

車体に何色を持ってくれば、違和感が無くなるのでしょうか。

ピンクですか?

150ccは、白色ナンバーです

ピンクナンバーは浮いてしまうので、150ccにして白色にしたい

主観ですので、違う意見があるとは思います。

バイク125ccと150ccの利便性比較 まとめ

  • 125ccは、高速道路・自動車専用道路を走れない
  • 150ccは、走れる

利便性の差は、ここに集約されます。

街乗りしかしないなら、125ccで何の問題もない。

行動範囲に、高速道路や自動車専用道路があるなら

150ccしか選びようがない


併せて読みたい
バイク125ccと150ccの保険料比較【ファミリーバイク特約は得?】
バイク125ccと150ccに必要な免許の比較【一発試験もアリ】
バイク125ccと150ccの維持費を比較【わずかな差であきらめるの?】
バイク保険の安さ比較!チューリッヒ、アクサ、三井ダイレクト
バイクの盗難保険を比較したら、おすすめはZuttoRideClubだった

タイトルとURLをコピーしました