PCXの盗難は多い!PCX125はクラス1位でPCX150は2位の盗難件数

バイク盗難実態バイク知識

PCXは狙われてます。

気に入って大事にしているPCXが

当然消えたら、悲しすぎる。

PCXはそんなに盗まれてるの?


対策は?

そんな疑問を解消します。

  • 125cc以下で、1番盗難にあってるのが、PCX
  • 125cc以上で、2番目に盗難にあってるのがPCX150

切れないカギはないので、対策は2つ

  • コンテナで保管する
  • 盗難保険

PCXがどれほど盗難被害に遭ってるか知って、対策しよう。

あなたのPCXも狙われてるかもしれない。

今日もPCXが盗まれている

PCXのオーナーにとってバイク盗難は他人事では有りません。

バイクを盗む目的には2種類あります。

  • 人気/高価なバイクを転売目的で盗む
  • 目についたバイクをイタズラ目的で盗む

転売目的のバイク泥棒は、本気の工具を持って大勢で来ます。

数分でバイクを持って行きます。

壊せないカギなんて無い

24時間見張ってる訳にもいかない

本気のバイク泥棒を撃退する方法はありません

出来る事は、ターゲットにされない工夫です。

イタズラ目的のバイク泥棒は、容易に盗めそうなバイクを狙います。

出来る事は、 盗むのが面倒そうと思わせる工夫です。

併せて、盗まれてしまった時の備えもしておく必要が有ります。

PCXが、実際に盗難に遭ったというSNSは多い

PCXが、実際に盗難に遭ったというSNSは多い

バイクの盗難なんて、他人事だと思ってませんか?

SNSには、PCXの盗難報告が数多くあがってます。

明日は、あなたのPCXかも知れない。

バイク車種別盗難ランキング

バイク車種別盗難ランキング

どんなバイクが狙われているのでしょうか?

バイクメーカ別の盗難被害ランキングを紹介します。

ホンダでは、やはりPCXが目につ

HONDA盗難ランキング

HONDA125cc以下126cc以上
1位PCX125CB400SF
2モンキーPCX150
3ディオフォルツァ
4エイプ50CBR250R
5ジョルノCB400SB

YAMAHA盗難ランキング

YAMAHA125cc以下126cc以上
1位ジョグSR400
2シグナス125XYZF-R25
3ビーノマジェスティ
4NMAX125セロー 250
5アクシストリートマグザム

SUZUKI盗難ランキング

SUZUKI125cc以下126cc以上
1位アドレスV125ハヤブサ1300
2アドレス110GSR250
3レッツ4スカイウェイブ250
4アドレスV50バーグマン
5GN125HGSX-R1000

KAWASAKI盗難ランキング

KAWASAKI126cc以上
1位ニンジャ250/R
2ゼファー400/X
3ZRX1200DAEG
4ニンジャ400/R
5ニンジャ1000

ZuttoRide Club 『盗難被害の状況(2017年6月)』を引用

もし、これらのバイクに乗っているのであれば、気を付けて下さい。

あなたのバイクは狙われている可能性があります。

今も泥棒があなたのスキを狙ってるかもしれません。

なぜ、PCXが盗まれやすいのか、3つの理由

なぜ、PCXが盗まれやすいのか、3つの理由

PCXが狙われるのは、何故か?

3つの理由理由が考えられます。

  1. 絶対数が多いから盗難も多い
  2. 人気があるから盗まれやすい
  3. 高価だから盗まれやすい

1. 絶対数が多いから盗難も多い

もちろん、絶対台数が多いのも理由の1つです。

母数が大きいので、盗まれる台数も多い。

車で言えば、プリウスと同じです。

2. 人気があるから盗まれやすい

人気があるから盗まれやすい

125ccクラスの販売ランキングで、PCXはトップを走り続けています。

250ccクラスでも、PCX150/PCX160は、ホンダ レルブと人気を争ってる。

人気があるから、盗まれる

このため、人気ランキングとも受け取れます

嬉しくない。

3.高価だから盗まれやすい

PCXは、125ccクラスでは高価なバイクです。

  • フルLED
  • アイドルストップ
  • スマートキー

快適装備では、他の125ccを寄せ付けない。


また、PCXは世界戦略車なので、世界中で売られてます。

アジアでは、150ccクラスが主流で、PCXは高級バイク。

海外に運んでも、利益がでてしまう。


高価なので、盗むというリスクがヘッジし易い。

バイク盗難件数は、車と比べてどうなのか

バイク盗難件数は、車と比べてどうなのか

次に、バイクがどれほど盗難被害に遭っているかデータで見ていきます。

車に比べてバイク盗難は本当に多いのか?

バイクは車より盗まれやすく、犯人は捕まらない

捕まえた犯人は、ほとんど少年

統計データ概要

警察庁犯罪統計 によると、バイクは盗まれやすく犯人は捕まらない。

  • バイクは車の30倍近く盗まれやすい
  • バイク泥棒が捕まるのは20%以下
  • 捕まえた犯人は、88%が少年
 盗難率検挙率犯人が少年の割合
0.16%49%18%
バイク4.6%17%88%

統計データ詳細

統計データ詳細

盗難対策をしていないバイクは、無防備にご馳走が置いてあるようなものです

バイクの盗難は、年に15,292件も発生してます。

1年間に出荷されるバイクは原付1種を含めて33万台ですので、

新車の4.6%が盗まれる計算です。

また、バイク泥棒の検挙率は17%で、

その内88%が少年です。

イタズラ目的の少年がバイクを盗んだ場合は捕まる事も有るが、

本気の大人がバイクを盗むとまず捕まらない

と見るべきでしょうか。

車の場合は527万台/年ですので0.16%が盗まれ、

検挙率は49%でその内18%が少年です。

罪種 :乗り物盗認知件数検挙件数検挙率検挙人員うち)少年
自動車盗8,6284,24849.2914169
オートバイ盗15,2922,65217.31,2031,058
自転車盗183,87911,6776.47,2142,589

警察庁犯罪統計 (平成30年1月~12月)

 原付第一種
(~50cc)計
原付第二種
(51~125cc)
軽二輪車
(126~250cc)
小型二輪車
(251cc~)
全排気量合計
全メーカー合計143,129105,53650,05236,855335,572

※(平成30年1月~12月) 日本自動車工業会調べ

車と比べると、バイクは盗難に遭いやすく、検挙率が低く、少年犯が多い。

バイクは車と比べると小さくて軽い。

2,3人掛りであれば持ち去る事も可能です。

ボンネット・ドアなどが無くむき出しなので、パーツを盗むのも簡単。

昔バイク盗難の被害に遭ったことがある

出掛けようとしたら、バイクが無くてキョトン

何処かに忘れてきたのか、自分を疑った

警察に届けたけれど、やる気のない対応でした

後日バイクは見つかりましたが、

なんちゃって全塗装されて無残な姿でした。


あの悲しみは2度と経験したくないという思いから、

いつの間にか、気付いたら盗難対策マニア

PCXが盗まれない2つの対策

PCXが盗まれない2つの対策

100%盗難を防ぐ方法は、無い

本気の泥棒は、止められない

いくらカギを付けても、切れないカギはありません。

地球ロックを切られて、車に積み込まれたらどうしようもない。


抜本対策は、2つしかない。

  1. コンテナで保管する
  2. バイク盗難保険に入る

1.コンテナで保管する

いくら大事なバイクでも、24時間見張ってる訳にはいかないし

抱いて寝る訳にもいかない。

人目につけば、カギを切られて持ってかれる。

人目に付かない方法は、簡易的にはバイクカバー。

パッと見て、どんなバイクなのか解らなくする。

しかし、めくられたらそれまで。

抜本的には、室内保管しかない。

バイクガレージが確保できればいいけれど、難しければレンタルコンテナ!

カギをいくつも買うことや、盗まれることを思えば、決して高くない

2.バイク盗難保険に入る

自宅は、コンテナ保管するとして

出先ではどうするのか?


そこまで考えると、盗まれない方法はありません。

最終的には、盗まれたときの痛手を盗難保険で埋めるしかない。

いくら防犯対策をしても、

本気の人は本気の工具でカギを破壊して

アッという間に車に積み込んでしまう。

最期の拠り所は、盗難保険しか有りません。

月4,000円からの盗難保険

⇒ 加入者23万突破のバイク盗難保険【ZuttoRide Club】公式サイト


 

PCXの盗難は多い!PCX125はクラス1位でPCX150は2位  まとめ

PCXの盗難は多い!PCX125はクラス1位でPCX150は2位  まとめ

バイクは車よりずっと盗まれ易く、PCXは特に狙われている。


PCXは、ホンダ車の中でも

  • 125cc以下で、1番盗難にあってます
  • 125cc以上で、2番目に盗難にあってます

バイクは車の30倍近く盗まれやすく、犯人が捕まるのは20%以下。

盗難対策をしていないバイクは、無防備にご馳走が置いてあるようなものです。

ある日、バイクが忽然と消えて立ち尽くしたくないのであれば、

自衛のため盗難対策を自分でするしかない。

併せて読みたい
PCX盗難対策!カバー・カギ・アラーム・GPS・盗難保険が防止5選
PCX 盗難対策、集合住宅でのバイクの駐車方法のまとめ

タイトルとURLをコピーしました