失敗しないヘルメット色選びのコツ!【定番は白黒だけど、埋没する】

ヘルメットの色選びバイク用品

ヘルメット選びは、悩ましい。

このモデルのこのサイズにしよう。

何とか絞り込んで、最期の悩みが色選びです!

ヘルメットの色は、どうやって決めればいいの?


おすすめの色はあるの?

そんな疑問を解消します。

  • 無難な選択なら、黒・白
  • オヤジな選択なら、シルバー
  • バイクと同じ色は、埋没する
  • バイクと反対色は、ポップ
  • おすすめは、収縮色のグラフィック

こんな内容を知って、スッキリしよう。

色選びには、セオリーがあります。

色の特性を知って、判断材料にしてもらえると嬉しい。


けれど、通勤に使うスーツを選んでるわけじゃない。

無難な選択をする必要なんて、どこにもありません。

あなたが気に入った色が、ベスト。

無難な選択なら、黒か白のヘルメット

無難な選択なら、黒か白のヘルメット
キリンに憧れてた頃

黒と白はヘルメットの人気色の、トップ2

ツーリングライダーの70%が、黒か白の単色ヘルメットという調査結果もあります。

どんなバイク・ウエアにも合う定番カラーなので、当然の結果かもしれない。


無難な選択をするなら、黒か白で決まりです。

趣味のバイクなのだから、無難な選択もいいけど

定番色すぎて、没個性なのは否めない

カラフルなヘルメットを試すのはどう?

黒か、白か どっち?

黒か、白か どっち?
リンゴマークは、許して
白黒比較
  • 黒は収縮色
     頭を小さく見せたいなら、黒
  • 白は膨張色
     車に認識して欲しいなら、白

同じ面積でも、白は黒より大きく見えます。

黒は縮んで見えて白は膨張して見えるので、収縮色・膨張色と言う。

事故率が低いのは白

黒いバイクや黒いウエアが定番です。

これに黒ヘリメットを合せると、全身真っ黒。

風景に溶け込んで、発見が遅れがち。

目立つ白の方が、事故率は低い。

暑さに強いのも白

黒は光を反射しないので、太陽光で熱くなる。

夏は白いヘルメットの方が快適です。

頭が小さく見えるのは黒

黒は収縮色なので、同じ面積でも小さく見えます。

だから、頭デッカチに見えにくい。

カッコよくみられたいし、車にも認知して欲しい。

悩ましい。


黒はベテラン・白は初心者というイメージがあります。

素人・玄人という言葉の響きから来ているのかもしれない。

だから、一般的には黒の方が人気がある。

囲碁の碁石は、黒の方が若干大きく作ってあります

  • 白石直径21.9mm
  • 黒石直径22.2mm


白黒の石が同じ大きさに見えるようにです

碁石に触れる機会があれば、確認してみて

ツヤありと、ツヤなし どっち?

  • ツヤ有り
     汚れにくい
     ピカピカ
  • ツヤなし(マット)
     汚れやすい
     熱を反射しにくい
     高級感がある 
     傷が目立ちにくい

おすすめは、高級感のあるツヤ無し(マット)!

ヘルメットを使ってると、傷もつくし、ヤレてくる。

そんなときに、劣化が目立ちにくいのはマット塗装です。


バイクのカウルをマットブラックに全交換した人もいます。


ヘルメットの形状選びは、ココ

オヤジな選択なら、シルバー

オヤジな選択なら、シルバー

何色のスーツを着てますか?

  • 若い人なら、ネイビーが定番
  • オヤジなら、グレーが定番

スーツは作業着だから、目立たない方が良かったりします。

そんなシーンで選ばれるのが、グレー。

ヘルメットなら、シルバー。

シルバーは、知的でクール!

オヤジの思考回路に刷り込まれてるから、仕方ない。

シルバーは、良い色だけど

シルバーは、良い色だけど

白黒のソリッドな塗装に比べ、メタリックでクールな印象

良い色だけど、もっと冒険してみてもイイ。


バイクに乗るのは、平日に貯まったウップンを風で吹き飛ばすためです。

少し、コスプレが入ってもいいのでは?


普段のスーツでは選ばないような色を使うことで、気分転換になるはず。

敢えてヘルメットは押さえた色にして、バイクやウエアの色で遊ぶのもアリだけどね!


オヤジになると気になるのは髪



2個持ちなら、いろんな選択肢がある

バイクと同じ色は埋没する、 バイクの反対色はポップ

バイクと同じ色は埋没する、  バイクの反対色はポップ

バイクとヘルメットの色を合せるのもいい 。

ヘルメット単体で色選びするより、バイクとトータルでバランスを見た方が決まる。

バイクと同じ色か、反対色か?

緑のバイクだから、ヘルメットも緑にしよう!

バイクとヘルメットの色を合せたくなります。

バイクと同じ色か、反対色か?
バイクと同じ色か、反対色か?2

どっちのスタイルが、好みですか?

同じ色だと、統一感があり過ぎて埋没する

違う色を持ってくるのも、面白い

バイクと同じ色だと、オモシロ味には欠ける。

おすすめは、反対色。

反対色を持ってくると、目立つ

反対色を持ってくると、目立つ

反対色は、互いを引き立て合う

色相環は、色選びの基本として見覚えがあるはず。

反対側の色を合せると、調和がとれてお互いを引き立て合います。

例えば、黄色には青色を持ってくるとポップで映える。

緑のバイクには、赤のヘルメットがおすすめ!

膨張色と収縮色

膨張色と収縮色
  • 暖色(赤・黄)は、膨張色
  • 寒色(青・緑)は、収縮色
  • 明るいパステルカラーは、膨張色

白は膨張して見えて黒は収縮して見えるのと同じ関係が、暖色・寒色でもあります。

青や緑は小さく見え、濃い色ほ小さくて見える。


キノコの見た目を気にするのであれば、寒色の濃い色がおすすめ。

引き締まったイメージを得られる!

ステッカーで差し色もいい

カラフルなヘルメットが気恥ずかしいなら、


定番の白黒ヘルメットにステッカーで赤を差し色するのもイイ。


チョットした色への心配りで、雰囲気は大きく変わります。

ステッカーチューンも、深い。

おすすめは、収縮色のグラフィックヘルメット

おすすめは、収縮色のグラフィックヘルメット
初めて買ったグラフィック

グラフィックは、単色に比べて価格が高い。

5千円~1万円位の差があります。

機能や安全性に差はないので単色を選び勝ちだけど、

グラフィックの華やかさも捨てがたい。

シンプルでシャープなグラフィックは、収縮効果もあります。

他人と被りにくいのも、嬉しい。

グラフィックヘルメットは、ダサいのか?

グラフィックヘルメットが、難しいのは間違いない。

多色使いの大胆な絵柄は、レースでは映えます。

けれど、日本のツーリング風景に馴染むかと言われると、ダサい。

バイク・ウエア・走り方まで制約されてしまう。

レプリカのようなグラフィックは、上級者向けですね。

シンプルな収縮色グラフィックは、アリ


RAPIDE NEOは、ツーリング向けだけあって、解ってます。

シンプルですっきりしたグラフィックは、ツーリングで映える。

収縮色ベースなので、頭デッカチも避けれられます。

バイクの色と、1色合わせるとなお良し!

OGK KABUTO EXCEED DELIE
OGK KABUTO(オージーケーカブト)
¥25,050(2021/09/12 07:21時点)

KABUTOなら、これらのグラフィックがいい。

怪しいグラフィックが多いメーカだけど、スッキリしたグラフィックも探せば有ります。

リード工業は、街乗り向けのポップなヘルメットが数多い。

どれを選ぶか迷うに違いない。


アジアンヘルメットも侮れない

ヘルメット色選びのコツ まとめ

ヘルメット色選びのコツ まとめ

ヘルメットの定番は黒、次点で白。

定番には理由があるので、黒白を選べば間違いありません。


でも、数が多くて埋没するのも確か。

バイクは気分転換のツールでもあるのだから、思い切った色も使ってみたい。

かと言って、レプリカヘルメットをツーリングにつかうもの難易度が高い。



ヘルメットの色選びは難しい。

膨張色・収縮色、反対色といった色の基本を知った上で、好みのヘルメットを選ぼう。


ヘルメット色選びのヒントになっていれば、嬉しい。


併せて読みたい

タイトルとURLをコピーしました