PCXスマートキーの電池切れで慌てないために

PCX

PCX125,150(JF81,KF30)はキーレスなので、普段はキーを取り出すことはありません。 

キーユニットを持っているだけで、キースイッチが回せてONに出来ます。
後はハンドルのスタータースイッチを押すだけ。

キーユニットをポケットから出すこと無くエンジンが掛けられます。

けれど、電池が切れた場合はエンジンが掛けられません。
電池が切れて、キーレスが使えないときにどうするのでしょうか。

もしもに備えて、電池切れ時のエンジン掛け方を知っておきましょう。

試しにやってみました。 出来る気がしません。

※使用した図は全てメーカーサイトを引用

スポンサーリンク

PCX通常時の施錠開錠のやり方

通常時の施錠開錠は、スマートキーをポケットの中に持ってるだけです。

一度味わうと、もうキーを刺して乗るバイクに戻れません

開錠する時

  1. バイクに近づく
    この範囲に近づくと、スマートキーの開錠が有効になります
  2. メインスイッチを『ON』に回す
  3. ハンドルのスタータースイッチを押す

スマートキーを持って無いと、当然メインスイッチは回せません。
スマートキーをポケットに入れて、バイクに近づきます。

施錠するとき

  1. メインスイッチを『OFF』に回す
    この操作は、スマートキーがこの範囲にある時に可能です。
    開錠時より有効範囲が狭くなってます。

なぜ、施錠/開錠で有効範囲を変える必要が有るのかご存じの方、教えてください。

意味が解りません。

走行中にスマートキーを落とした時に、エンジンを切れなくするため???
(落とした事に気づかかずにエンジンを切ると、再始動できず帰ってこれなくなるから?)

 

スポンサーリンク

スマートキーが電池切れで使えない時のエンジン掛け方

車の場合

電池切れに備えてICカードみたいなものが仕込まれてます。

スタートスイッチにタッチするだけでエンジン始動出来ます。

  1. スマートユニットからキーを取り出してドアを開ける
  2. 乗り込んだら、スマートキーをプッシュボタンにタッチする
  3. プッシュボタンを押せばエンジンが掛けられます

PCX(JF81,KF30)の場合

PCXのスマートキーには車のような機能が有りません。

電池が切れると色々な操作をしてやっとエンジンを始動出来ます

  1. シートを開ける
    ・メンテナンスリッドを取り外して
    ・エマージェンシーキーの突起部を緊急用シートオープナーにあわせる
    ・エマージェンシーキーを回すとシートロックが外れます
  2. マニュアルモードを起動します
    ・シートが開いたら
    ・バッテリーカバー内にあるEMモードコネクタを引き出します
    ・コネクタのダミーカプラを外します
    ・携帯工具の中からEMモードカプラーを取り出します
    ・EMモードカプラーをコネクタに刺します
  3. IDナンバーを確認します
    キーに付いている白いタグの裏にxx桁のIDナンバーが記載されてます
    このIDナンバーは、キーレスユニット毎にユニークなナンバーです。
    そのナンバーを覚えます


  4. IDナンバーを打ち込む
    ・メインスイッチをIDナンバーの数字の回数だけ押します。
    ・5秒間押さないでいると、数字が決定されます
    ・0の時は5秒間何もしないで待ちます
    ・5秒経過したときに、スイッチの証明が一旦消えて数字が確定されます
    ・再点灯したら次の桁です。同様に打ち込みます
    ・最後の桁まで打ち込みます
  5. 認証成功
    スイッチの証明が2秒点滅になったら、認証成功です。
    EMモードカプラを取り外し、エンジンを掛けます。
  6. 認証失敗
    スイッチの証明が1秒点滅になったら、認証失敗です。
    EMモードカプラを取り外し、2項からやり直し
スポンサーリンク

実際にやってみる

『スマートキーが電池切れで使えない時のエンジン始動のやり方』を実際にやってみました

スマートキーはスイッチをOFFにしてあります。

とても出来る気がしません。
すんなりエンジンが掛かった人は天才です。

  • まずシートを開けられない。
     エマージェンシーキーをあてがう場所が解りません
  • EMモードコネクタってなにそれ、どこ?
  • EMモードカプラーってなにそれ、どこ?
  • やっと準備できてIDを打ち込み始めますが、認証が通りません
    7,8回目でやっとエンジンが掛かりました
  • 昼間に明るい場所でやって、1時間かかりました。

夜中だったら、余裕で無理です。

駐車場の薄明かりで出来る気がしません。

だいたい、 エマージェンシーキー とか、IDタグとか常に持ち歩くのでしょうか。
ポケットがパンパンになります。

スポンサーリンク

PCXのスマートキー電池は毎年交換しよう

PCXのスマートキーの電池は、通常使用なら1年以上余裕で持ちます。

電池交換は簡単です。電池は、1個300円くらいです。

という事は、毎年電池交換すれば、マニュアル開錠なんて不要です。

それでも心配なら、予備のボタン電池を財布の中に忍ばせて置こう。

PCXスマートキーの電池交換

  1. スマートキーのスリットをマイナスドライバかコインでコジ開ける
  2. 電池の+-を合わせて、入れ替える
  3. スマートキーのカバーをはめる

不器用な人でも、5分で電池交換が出来ます。

電池交換は、家の中でゆっくり落ち着いて出来る作業です。

リレーアタック対策

スマートキーのネガであるリレーアタックに備えましょう。

リレーアタックとは

車から離れたところにあるスマートキーから出ている微弱な電波を、特殊な受信機で盗みます。

中継器を経由して、車の近くにいる仲間にその電波を届けて車のエンジンを掛けてしまいます

中継器で電波を『リレー』するのでリレーアタックと呼ばれてます。

車のスマートキーは電波が出っぱなしなので、防止するのが難しい盗難方法です。

スマートキーを金属缶に入れて電波を遮断して持ち歩くとか、スマートキーの有効/無効を切り替える別の装置を車に付けるなどしか、対策が有りません。

PCXはスマートキーになる事で、キー穴いたずらからは解放されましたが、代わりにリレーアタックにさらされました。

PCXのリレーアタック対策

しかし、PCXのスマートキーには、電波のON/OFFスイッチが付いています。

PCXから離れる時は、スイッチをOFFにする習慣をつけましょう。

電池の持ちも良くなります。

乗る時にスイッチをONする一手間増えるので、スマートでなくなってしまいますが

PCXが消えて無くなるよりはましです。

スポンサーリンク

PCXスマートキーの電池切れ まとめ

  • PCXスマートキーの電池は、毎年交換しよう
  • マニュアル開錠はムリなので、覚える必要無し
  • エマージェンシーキーは、引き出しの奥に押し込もう
  • 心配性の人は予備の電池を財布に忍ばせよう

PCXはスマートキーがバイクにも有効であることを教えてくれました。

いちいちキーを探す手間が無くなると、乗り降りがとてもスマートです。

バイクにこそ、必要な装備です


昔は燃料計が付いているバイクは珍しかった。

タンクを覗いたり、オドメーターで管理するのが当たり前でした。

今ではバイクに燃料計が付いているのは当たり前です。

同じように、バイクにスマートキーが当たり前になる日は近そうです。

スマホの Bluetooth がキーになるかもね。

タイトルとURLをコピーしました