バイクから落ちないスマホホルダーのおすすめは2択【定番デイトナ】

バイク用品

スマホの登場とともに、地図アプリ・ナビアプリが紙の地図に取って代わりました。

オンラインになり常に最新の地図が表示され、渋滞情報・雨雲情報・ガソリンスタンド・お店情報も簡単に得られるようになりました。

便利になった一方、スマホをバイクに固定する必要が出て来ました。

スマホホルダーの出番です。

スマホは外形サイズが多種あるため、スマホホルダーも多種雑多なものが登場し、選択が難しい。組み合わせによっては固定強度が不十分なため、振動で外れてしまうかもしれません。

スマホは個人情報のカタマリなので、失う事が出来ません。

スマホホルダーは沢山あって

どれを選べば良いのか解らない?


そんな疑問を解消します。

どれを選べばスマホを落とす心配が無いのか、ご紹介します。

スポンサーリンク

落とす心配をしなくて済む方法

買ってすぐに投げ捨てたスマホホルダーは数知れません。

やっとたどり着いた正解をお教えします。

  • ミノウラ/デイトナ スマートフォンホルダー
    これを買えば絶対後悔しない
    細かい仕様の差はあるけれど基本同じ物です
    その時に安い方を買えばOK
  • Bone スマートフォンホルダー Bike Tie
    シリコン一体型
    定番を外したいなら

これを使えばスマホが落ちる事は有りませんが、心配性ならば「もしものためバックアップ策」をしておけばより安心です。

実際に使って良かったおすすめスマホホルダー2選

ミノウラ/デイトナ スマートフォンホルダー

1,000円以下のノーブランドから、10,000円程度のRAMマウント品までスマートフォンフォルダーは数々ありますが、ミノウラ、デイトナの スマートフォンフォルダー で決まりです。

ミノウラとデイトナは基本同じものです。

細かい仕様差は有りますが、細かい細かい部分なので買いたい時に安い方を選べば問題有りません。

安さにつられてノーブランド品を買って、後続車にスマホを踏まれた事が有ります。

それに凝りて、次はコンサバでレビュー評価が高く評価数も多いこれこれを選びました

以来、ストレスフリーです。

路面ギャップに跳ねられても、スマホはビクともせずガッチリ上下左右からホールドされたままです。逆に取り外す時は、裏面のリリースを引けばバチンと固定が外れて容易に取り外せます。

ミノウラとデイトナの違いについて

ベースはミノウラの製品です。ミノウラをベースにカスタムしたOEM製品がデイトナです。

ミノウラはバイク関連ではまだ知られていませんが、自転車用品としては名高く実績のあるメーカーです。自転車トレーニング機器を始めとした自転車用品で高い信頼を得ています。

このスマホホルダーは、元々自転車にスマホをマウントするために造られました。

しかしバイクでも十分実用に耐えるため、DAYTONAが小変更でOEM販売しています。

ミノウラとデイトナの違いは、リリースボタンの大きさと首振り機能

正直、どうでもいい違いです

よって、MINOURAとDAYTONAは、安い方を選んでおけばOKです

実物を見てミノウラとデイトナどちらか判ったら天才です

間違い探し級。

ミノウラとデイトナの違いについて

製品の仕様差について

製品リンクを見て頂くと解るように、同じような製品なのに製品型式が幾つも有ります
これは、スマホホルダーの取付方法差による仕様違いです。

  • 取り付け
    ハンドルへの固定がクイックリリースか、ねじ止め(リジッド)か。
    ハンドル周りの掃除を考えてクイックがおすすめです。クイックでも走行中に外れる事は経験したことが有りません。また、ホルダーだけ盗まれる事も無いと思います。
  • クランプ径
    取り付けられるハンドルの直径。28~35は自転車の規格なのでバイクは22~29mmを選ぼう。自転車のハンドルは大口径にする事で、軽くても強度を出しているのです。

バイクで使い易いのは「クイック」取り付けでクランプ径がバイク用の

 製品型式取り付けクランプ径(mm)バイク適合
ミノウラiH-220-Sクイック22~29
iH-220-Mクイック28~35
iH-520-STDリジッド22~29
iH-520-OSリジッド28~35
デイトナIH-250Dクイック22~29
IH-550Dリジッド22~29

 

Bone スマートフォンホルダー Bike Tie

ミノウラ/デイトナは定番すぎて面白くないという天邪鬼には、これです

シリコンで一体成型されスマホホルダー。

パチモンの匂いがしますがデザイン賞を取った真面目な品です。

この写真は初代のTie。現在は改良されバージョン3のTie3です。

Bone スマートフォンホルダー Bike Tie
シリコン一体成型です
Bone スマートフォンホルダー Bike Tie2
大き目スマホもOK

画面のスマホは HUAWEI P20 Lite
本体サイズ 148.6 x 71.2 x 7.4(mm)
画面サイズ 約5.84インチ
質量 約145 g

見た目では、スマホをセットするとシリコンが千切れてしまいそうですが、全然問題有りません。

バイクで実使用しましたが、ズレたり飛んで行く素振りは全くありません

メリット

また、ハンドル取付部分の背が低いので、ハンドルからスマホ画面までが低くセットできます。圧迫感が無いので、前傾姿勢で乗るバイクには特に向いてます。

ネガ

以前のバージョンではネガが2点ありましたが、Tieで形状変更されネガは無くなりました。

旧バージョンのネガ

  • 上部のカメラ部が塞がれる
    自撮りはしないのですが、顔認証で起動出来なくなるのが残念です。グローブをしているので指紋認証も面倒です。仕方が無いので100均のタッチペンをヒモでつけて暗証を入れてます。(改良されたTie3はOK)
  • 下部のHUAWEIロゴ見えなくなる
    これは、良い事かもしれません

新バージョンではスマホのホールドが四隅のみになりました。

悔しい

スマホを横置きにした状態でホールドするProがあります。

スマホを横置きで使いたい場合はProを選びますが、通常の使い方であれば、無印で十分。

よって、おすすめはBike Tie3無印です。

  縦置き/横置きホールド
Bike Tie縦置き画面上下に被る
Pro横置き
Bike Tie3縦置き四隅のみでホールド
Pro横置き

念のためのバックアップ

 MINOURA/DAYTONA スマートフォンホルダーには、念のためのバックアップとしてシリコンの脱落防止リングが付いてます。

念のためのバックアップ

しかし、画面をシリコンバンドが横断するので、操作の邪魔になったり画面が隠れて邪魔です。

他のスマホホルダを使う時も、通常の固定の他にもう1つバックアップをして、もしもの脱落に備えて保険を掛けます。

フィンガーストラップをスマホとスマホホルダ間に命綱を付けておくと邪魔にもならず、安心です。

スマホ操作の時にも便利。

まとめ

以前は防水スマホが少なかったため、防水のためスマホを包んで使うホルダーも有りましたが、最近はその心配も無くなりました。

おすすめのスマートフォンホルダーを幾つか紹介しようとしましたが、定番1つ、定番外し1つで完結してしまいました。

コスパが群を抜いているためです。これほど人にすすめやすいものは中々有りません

性能的にはこれで十分ですが、RAMマウントなどの見栄えが良いものを選ぶのも自由です。

  • スマホホルダーは、ミノウラ/デイトナ スマートフォンホルダーで決まり。2つは同じものなので、安い方を買えばOK。
  • 定番を外すなら、Bone  Bike Tie。
  • もしものために、ヘッドホンキャップで命綱をしておくと安心

大昔はツーリングマップルをタンクバック入れて、それを見ながらツーリングが当たり前でした。雨に降られたり使い込んだりしてボロボロのツーリングマップルがカッコ良かったりもしました

その後、ポータブルナビが手の届く価格になり、バイクに無理やりマウントして使うようになりました。ナビの音声を聞きながらのツーリングに慣れると、もう紙の地図には戻れません

今は、スマホとナビアプリに取って代わられました。

次は、 バイクのメーターパネルに表示か、ヘルメットのシールドに投影でしょう。
SFの世界が、もうすぐそこかと思うとワクワクが止まりません。

まとめ
ポータブルナビをマウントしてた頃
バイク用品 電子機器
スポンサーリンク

Amazonで5,000円以上のギフト券を買うと、1,000ポイント貰えるキャンペーン中です。

5,000円で1,000円貰えるので大変お得です。
0.5~2.5%もポイントも付きます。
ギフト券の有効期限は10年なので、期限切れになる心配も有りません。

Amazonチャージ 初回購入限定キャンペーン ギフト券

突然キャンペーンは終わるので、終わってたらごめんなさい。

ごくうをフォローする
PCXでGO!
タイトルとURLをコピーしました