バイクレイングローブのおすすめ!ゴアテックスはムダ!安いので十分

レイングローブ選びアパレル
スポンサーリンク

雨が好きなバイク好きは居ないと思うけれど、

雨でも乗らなきゃいけないときもある。

通勤・通学やロングツーリングでは雨は避けて通れない。

レインウエアを着るのはもちろんだけど、

グローブの雨対策も重要。

けれど、レインウエア以上にレイングローブ選びは悩ましい。

種類が多すぎて、

どれを選べば良いのか解らない

そんな悩みを解消します。

おすすめのレイングローブを紹介します。

スポンサーリンク

レイングローブ選びは素材選び

レイングローブには2種類あります。

  • ネオプレーンやビニールで作られた完全防水タイプ
    最大2時間までの乗車ならこれ

  • 透湿防水素材を使ったハイテクタイプ
    長時間乗るならこれ


適材適所なので、どちらがエライということは有りません。

あなたのバイクの乗り方に合わせて選ぼう。

このレイングローブがあれば

雨でも快適にバイクに乗れるの?

雨が快適になるグローブは、ありません。

手が濡れないので、雨の憂鬱が少し解消されるだけです。


雨の日は、視界が悪く・滑りやすく・寒い。

3重苦なのは変わらない。

晴れた日の倍くらいのマージンを持って走ろう。

ネオプレーンやビニールで作られた完全防水タイプ

水を通さない素材で作られたグローブです。

プロテクターはついていないので、転倒などで手にダメージを受けるかもしれません。

雨の日は、超安全運転で行こう。

完全防水タイプのメリット、デメリット

メリット

ローテクなので、安いのが嬉しい。

500円~2,000円程度で十分使えるグローブが選べます。

ダイビングウエアにも使われるネオプレーンは生地に厚さがあります。

このため、ネオプレーンは防寒にもなる。

もちろん真冬をネオレーン1枚で乗り切るのはムリ。

あくまで、春・秋の雨による冷え込みに対する防寒です。

デメリット

透湿機能は無いので、長時間使うと中が蒸れます。

汗でべたついたり、冷えたりする。

最大2時間程度の乗車にしか使えないのは、ここから来てます。

けれど通勤・通学や突然の雨であれば十分な時間です。


ネオプレーンは分厚いので、操作性が悪くなるのもデメリット。

分厚さは、防寒には良いが操作性は悪くなる背反なのです。

スポンサーリンク

完全防水タイプのおすすめレイングローブ

炊事用ビニール手袋

いきなりバイク用ではありません。

普通の洗い物用ビニール手袋。

大きめのLサイズで裏起毛やはめやすい加工があればベスト

雨が降ってきたら、普段している手袋の上からこれをはめます。


急な雨でもコンビニで簡単に手に入るのが嬉しい。

300円程度で完全防水が出来上がる。

ワークマン フルコーティンググローブ

炊事用ビニール手袋に抵抗があるなら、ワークマン。

ビニールコーティングで完全防水。

裏側は綿素材なので肌触りが良くはめやすい。

ワークマン フルコーティンググローブ

ワークマン公式を引用

ワークマン 防水ネオプレーングローブ 迷彩

寒い時期ならネオプレーンが温かくて完全防水。

ワークマン 防水ネオプレーングローブ 迷彩

ワークマン公式を引用

同じものがアマゾン/楽天/Yahooでも手に入ります。

買いやすいところで。

透湿防水素材を使ったハイテクタイプ

雨は通さず、湿った空気は通す素材で作られたグローブです。

プロテクター付も有るが、その部分は透湿しないのでプロテクターは無い方が使い易い。

透湿防水素材のメリット、デメリット

メリット

メリットは当然グローブ内部の湿った空気を透湿して、内部がサラサラに保てること。

手がムレ無いので、気持ち良く運転出来る。

透湿防水素材としてゴアテックスは有名です。

しかし、最近は透湿防水の新素材が多く出て来ました。

これらはゴアテックスほど高価ではないので、安価に透湿防水が手に入るようになりました。

デメリット

ゴアテックスを筆頭とするハイテク素材を使い、透湿防水をうたうグローブは多い。

しかし、グローブの透湿防水は長続きしません。

透湿防水を実現するためには、表面の撥水が大前提です。

表面が汚れて撥水機能が衰えると、表面を水が覆ってしまい透湿できなくなる。


グローブは常にハンドルを握っているので、擦れたり汚れたりして撥水機能が低下しやすい。

このため、撥水できず透湿出来ない。

唯の防水グローブになってしまいます。

また、撥水が効かないと、縫い目から水が侵入して防水性も落ちてくる

この辺りの詳しい話はココ。
バイクのレインウエアは最強を目指さず、コスパ・コンパクトで選ぶ!

高価なゴアテックスのレイングローブは、すぐにダメになる。

ムダ

新素材の透湿防水グローブを早い周期で買い替えた方が、満足感は高い。

スポンサーリンク

透湿防水素材のおすすめレイングローブ

ショーワグローブ

透湿防水グローブが500円

見た目がただのビニール手袋なのが難点ですが、この値段なら許せる。

実際使ってみたが蒸れないし、直ぐにダメになる事も無い。

この記事のイチオシ

寒い時期には、防寒タイプもあります。

内部は起毛パイル地で温かい。

この手袋は『Amazon’s Choice』に選ばれてます。

ラフアンドロード ラフレイングローブ

ショーワの見た目が許せないなら、ラフアンドロード

左手親指にシリコンワイパーがついており、ヘルメットシールドを拭くことが出来る。

バイク専用品ならではのアイデアが光る。

もちろん透湿防水。

プロテクション付きがこのみであればこちら。

コミネ プロテクトレイングローブ

コミネのロゴが気にならなければ、透湿防水プロテクタ付きで最安。

スポンサーリンク

冬の雨は、グローブだけでは持たない

冬の雨は、保温防水タイプのグローブでも指先は凍り付く。

ブレーキ操作が困難なほどの分厚い生地でも、寒風に熱を奪われてムリ。

冬の雨は、防水ハンドルカバーしかあり得ない。

ハンドルカバーえらびは、ここ。
PCXにハンドルカバーを付けるとダサいが温かい!防寒はカッコを駆逐

ハンドルカバーにグリップヒーターがつけば、鬼に金棒。
PCX(JF81,KF30)に純正グリップヒーターを取り付けると、もう戻れない

バイクレイングローブのおすすめ! まとめ

レイングローブには2種類あります。

  • ネオプレーンやビニールで作られた完全防水タイプ
    最大2時間までの乗車ならこれ


  • 透湿防水素材を使ったハイテクタイプ
    長時間乗るならこれ

    ゴアテックスの高価なグローブも擦れて直ぐにダメになる。

    安いグローブを早い周期で買い替えるのがおすすめ

いずれも、冬の雨には歯が立たない。

冬の雨にはハンドルカバーとグリップヒーターしかあり得ない。


憂鬱な雨を少しでも快適にするには、手を濡らさないこと。

バイクの常時品の一つにレイングローブを加えておけば、安心。


併せて読みたい。
バイクのレインウエアは最強を目指さず、コスパ・コンパクトで選ぶ!
バイクレインウエアの手入れは、洗濯と高温乾燥がキモ【新品の撥水】
PCXの雨対策まとめ!雨の日も安心なバイクとライダーおすすめ装備
バイク保険の安さ比較!チューリッヒ、アクサ、三井ダイレクト
バイクの盗難保険を比較したら、おすすめはZuttoRideClubだった

アパレル バイク用品
スポンサーリンク

Amazonで5,000円以上のギフト券を買うと、1,000ポイント貰えるキャンペーン中です。

5,000円で1,000円貰えるので大変お得です。
0.5~2.5%もポイントも付きます。
ギフト券の有効期限は10年なので、期限切れになる心配も有りません。

Amazonチャージ 初回購入限定キャンペーン ギフト券

突然キャンペーンは終わるので、終わってたらごめんなさい。

ごくうをフォローする
PCXでGO!
タイトルとURLをコピーしました