ヘルメットに猫耳や尻尾のカスタムで思わず二度見!【個性を示せ】

ヘルメットカスタムバイク用品

バイクツーリング当日が雲一つ無い青空だと、

思わずガッツポーズ。

日頃の行いの成果です。

おしゃれして

出掛けたい気分!

そんな日は、ヘルメットにチョイ足ししてみませんか?

すれ違ったライダーが、思わず振り向くようなカスタムをしよう。

スポンサーリンク

ヘルメットを飾るアイテム

ヘルメットにちょい足しして個性をだすアイテム達です。

その日の気分で変えるのもいいし、

トレードマークにしてもいい。

ヘルメットに角を追加

両面テープで手持ちヘルメットに張り付ければOK。

万一の時は吹っ飛ぶので、障害物に引っ掛かかってダメージを受けるなんてことはない。

もちろん、エアインテークとしての機能を期待してはいけない。

吸盤でヘルメットに張り付けるタイプもあります。

お好みで。

角つきのヘルメットもあるけれど、

ヘルメットの値段は自分の頭の価値です。

ノーブランドヘルメットは自己責任。

ヘルメットに猫耳を追加

1980年代に流行した猫耳。

これも両面テープでヘルメットにつけるだけ。

今なら、新鮮かもしれない。

このタイプも猫耳付きヘルメットがあります。

かなり、空気抵抗は大きそうですね。

ヘルメットの値段は、以下同文

ARAI RX-7Xにレーシングスポイラー

猫耳の次に紹介するのも何ですが、こちらは本物です。

空気の流れを整流し、300km/hの超高速域でヘルメットのブレを抑制します

最高速も上がるらしい。

公道で効果を試そうなんて思わないで下さい。

ARAI RX-7Xにレーシングスポイラー

詳細はここ
ARAI RX-7Xにレーシングスポイラーを後付で、気分はMotoGP!


ヘルメットに尻尾をつける

1980年代の昔から、走り屋は猫耳と尻尾がお約束です。

ヘルメットの後ろに両面テープでつけたり、

ヘルメット内装に安全ピンでとめたり。

キツネやウサギなど、早い動物の尻尾を使います。

抜かされたバイクは、尻尾がトラウマになるかも

ヘルメットに髪を付ける

三つ編み風にしてもいいし、プレデター風にしてもいい。

ヘルメットに吸盤でつけるだけ。

ステッカーチューン

ワンポイントの変化が欲しければ、ステッカーチューン。

ヘルメットは曲面なので、大きなステッカーをキレイに貼るのは難しい。

ドライヤーで温めながらシワが出来ないように貼るにはテクが要ります。

自信が無ければ、小さめのステッカーがおすすめ。

ブランドロゴステッカー

実使用してないブランドを貼ると、後悔します。

3Dステッカー

立体的なステッカーは、小さくても存在感があります。

ヘルメットにステッカーや小物を追加もカスタム まとめ

ヘルメットに小物を追加したり、

お気に入りのステッカーを貼るだけでもカスタム。

自分らしさを表現しよう。

すれちがいざまや追い越しで、

思わず二度見されるかも。

タイトルとURLをコピーしました