PCXオイル交換・表示リセットの注意点5選!【JF81・JK05】

pcxオイル交換方法メンテ・カスタム

Amazonで10人に1人 5万ポイントが当たる

2022年11月18日~12月16日

Amazonで10人に1人が5万ポイント貰えるキャンペーン実施中です

エントリーしないのは勿体ない!

⇒ Amazon公式 キャンペーン

運試ししませんか?

3代目PCX(JF81)、4代目PCX(JK05)は、オイル交換時期を教えてくれます。

インパネに 『OIL CHANGE』 とデカデカと点灯する。

オイル交換表示が出たら、どうすればいいの?


PCXのオイル交換・表示リセットは難しい?

そんな疑問を解消します。

PCXのオイル交換注意点は、5つ

  1. オイルフィルターは、無い
  2. オイルレベル点検窓は、無い
  3. オイル注入は、オイルジョッキ必須
  4. オイル0.8L、ドレインワッシャーM12
  5. オイル交換表示リセット

落ち着いて行えば、難しくない

こんな内容を知って、スッキリしよう。

自分でオイル交換すると、愛着もひとしお!

バイクメンテの入り口として、オイル交換はマスターしておきたい。

PCXのオイル交換時期・オイル交換量・フィルター

PCXのオイル交換時期・オイル交換量・フィルター
photo by Honda

PCXのオイル交換は、 3代目PCX(JF81)、4代目PCX(JK05)で差はありません。

  1. オイル交換時期
  2. オイルグレード
  3. オイル交換量
  4. オイルフィルター有無

1.PCXのオイル交換時期

  • 初回 1,000km
  • 以降 6,000km

マニュアル記載は、ワーストと考えたい

出来れば、半分の3,000km毎にオイル交換すると、心安らぐ

日本人は、オイル交換しすぎ!


マニュアルに6,000km毎とあれば、6,000km毎で十分


メーカは、十分マージンを持った数字を記載してるはず

最近は、環境影響からの指摘をよく聞きます。

  • 6,000km毎にオイル交換したエンジン
  • 3,000km毎にオイル交換自他エンジン

確かに、何万Kmという長期の比較実験のデータを見たことはありません。

指摘のように、マニュアル記載の距離を守れば、エンジンにダメージは無いのかもしれない。


しかし、オイルを変えると解りやすく調子が良くなる。

  • エンジンが明らかに静かになる
  • 加速が心なしか良い気がする
  • マニュアルバイクなら、シフトがスコスコ入る

声高に言える雰囲気ではないけれど

マニュアル記載の6,000kmの半分3,000kmがおすすめ


正解の距離は、あなたしだい

2.PCXのオイルグレード

メーカ指定は、ベーシックなウルトラE1

  1. マニュアル尊重派
     E1を6,000km
  2. 高グレード派
     S9を6,000km
  3. 交換周期派
     E1を3,000km毎

どの派閥に入るかは、あなた次第

G1~G4オイルを入れても問題ありません

究極は、G4を3,000km毎?

  • 高いグレードのオイルを6,000km使う
  • 低いグレードのオイルを3,000kmの短周期で交換

どっちが良いか?

正解なんて無いので、思うがままにするしかない。

オイルのグレードは、好みとしか言いようがありません。

メーカ指定以上のグレード・交換周期なら壊れることは無い。

財布と相談して、決めよう。


オイルの選び方は、ココ

3.PCXのオイル交換量

  • 0.8L

たくさん入れれば良いというものじゃない

オイルは、たくさん入れた方が良いのでは?


無いよりあった方が良いよね?

エンジン内では、ピストンが往復運動をしてます。

オイルを入れすぎると、エンジン内部の空気量が減ってしまう。

ピストンが動いたときに、圧縮された空気の逃げ場が無くなってしまいます。

  • オイル漏れ
  • エンジンが掛かりにくい
  • 燃費が悪くなる
  • オイル上り などなど

多ければいいというものじゃない。

0.8Lを守ろう。

1L缶で十分

余ったオイルは、オイル拭き・ミッションオイルなどに使うといい

4.オイルフィルター有無

PCXには、オイルフィルターがありません

フィルター交換不要

なぜ、他のバイクのように


オイルフィルターがないの?

PCXの主戦場は、アジアです。

日本人のように、マニュアル記載距離の半分3,000kmでオイル交換することは、まず無い。

PCXは、乗りっ放しを想定して設計してあります。

オイルフィルターを交換せずに乗りっ放すと、

詰まってオイルが回らなくなる


オイルフィルターが詰まると、エンジンが壊れます。

壊れるくらいなら、無い方がマシ。


詳細に知りたい方は、ココ



PCXのオイル交換に必要なアイテム

PCXのオイル交換に必要なアイテム

PCXのオイル交換に必要なアイテムは、多くない

  1. エンジンオイル 0.8L
  2. ドレインワッシャー
  3. オイルジョッキ
  4. オイル処理パック
  5. 12mmレンチ

1.エンジンオイル

グレードは、お好みでOK!

ウルトラE1~G4どれでもOKです。


社外品でコスパ良くて評判が良いのは2つ。

  1. TEITO PREMIUM M4S
  2. AZ MEB-012


ガンバって、カストロールなんか入れてみる?


1.TEITO PREMIUM M4S

1947年設立の帝都産業株式会社が販売する

メイド・イン・ジャパンの高性能エンジンオイル

販売代理店を通さずに直接WEB販売を行うことで、高コスパを実現しています。

TEITOは、『知る人ぞ知る』といった口コミで評判が良いブランド。


125cc~大型バイクまで、多くのユーザーの信頼を得てます。

この価格帯で全化学合成油なのは素晴らしい。


2.AZ MEB-012

コスパのいいエンジンオイルと言えばAZ

諸事情で値上がりしたけれど、信頼できる

高止まりしてたバイク用エンジンオイルに低価格の波をもたらしたのがAZ。

ベーシックなグレードから、レース用グレードまで選択肢にまようほどのバリエーションがあります。

⇒ Amazon公式 AZエンジンオイル

MEB-012は、AZでも最もベーシックなオイル。

無茶な走りをしないなら、何の問題も無く使えます。





  • 流れの速いバイパス
  • 急な坂道  など

負荷の大きい場面が多いなら、高性能バイク用の上位オイル。

これを奢れば、心落ち着く。



2.ドレインワッシャー

写真のシルバーのドレインワッシャーは新車についてたもの。

M12サイズのものなら何でもOKだけど、

おすすめはデイトナの黒いドレインワッシャー。

表面の黒加工によるものなのか解らないけれど

  • トルクを掛けると、潰れて締まる感覚が手に解りやすい
  • オイルが滲みにくい

ただの金属ワッシャーがこの値段かと思うと、高い。

けれど、他社ワッシャーと価格差は無いので良しとしよう。

腐るものじゃないので、3枚入りよりコスパの良い10枚入りがいい。

3.オイルジョッキ

オイルジョッキ

PCXは、オイル注入口が奥まってるので、オイル缶から直接入れるのはムリ

オイルジョッキ必須です

PCXのオイル量は0.8Lなので、1Lのオイルジョッキでもいい。

汎用的に使うなら、2Lが使い勝手がいい。

1L以下のオイル量のバイクは稀だからね!



4.オイル処理パック

一般的な4.5Lサイズのオイル処理パックは大きすぎ。

2Lサイズで十分です。

ただ、オイルパックは安価なので、送料が掛かります。

まとめ買いして送料0円にするか、Amazonプライムに入るか?

⇒ Amazon プライム公式サイト


Amazoプライムは、100円のもの1つでも、タダで即日配達してくれる。

ビデオみ放題とか、有り得ないサービスが盛りだくさん。



5.12mmレンチ

12mmドレインボルトを緩めて、古いオイルを出して締めるだけ。

ソケットレンチでも、普通のメガネレンチでもOK!

コンビネーションレンチは、1度使うと便利で手放せません。

ドレインボルトは、正ネジ。

エンジンの裏についてるので、回す方向には気を付けて!



PCXのオイル交換方法

PCXのオイル交換方法

バイクメンテは、事前準備が8割。

必要なアイテムが揃っていて、時間が十分あれば成功したも同然!

ねじを1本扱うだけの簡単な作業です。

  1. バイクの下にシートをひく
    オイルをこぼしても、地面を汚さないよう
  2. オイル処理パックをセットする
  3. オイルゲージを取る
  4. ドレインボルトを抜く
  5. 3分放置
  6. ドレインボルトを清掃
  7. ドレインワッシャーを新品に交換
  8. ドレインボルトを手で締める
     いきなりレンチで締めない
  9. 最期だけ、レンチで締める
  10. ドレインボルト周辺を清掃
  11. オイルジョッキでオイルを入れる
  12. オイルゲージでオイル量をチェック
  13. こぼれたオイルを拭いておく

PCXはセンタースタンドがあるので、オイル交換やり易い。

気を付けるポイントは、多くありません。

ドレインボルトからオイルを抜く

ドレインボルトを抜く
  • ドレインボルトは、車体左側のセンタースタンド脇
  • M12 正ねじ(反時計回りで緩む)
  • ドレインボルトを回す方向に気を付ける
  • ジワジワ力を入れて回さない
  • 手でスパナを叩いて手動インパクト

ドレインボルトはエンジン下についてるので、回す方向を間違えやすい。

一生懸命に回しても緩まず、悩んだ末、逆に回してたことありますよね?


ジワジワと力を入れるより、インパクトレンチのように瞬間的に力を入れた方が緩みやすい。

  • スパナをセットして
  • 片手で保持したまま
  • 逆の手のこぶしでレンチを叩く!

抜く瞬間、手に掛からないよう

抜く瞬間、手に掛からないよう

ドレインボルトが緩んだら、手で回そう。

ボルトが外れる最後の瞬間は、オイルが手に掛からないよう気を付けて。

ドレインボルトは、オイル処理パックに落としてしまい、後から回収すればいい。

対側のオイルレベルゲージを抜くと、空気穴になるので早くオイルが抜けます。

おおよそ3分程度。

車体を揺すって、オイルを絞り出す人もいるけど

バイクを倒したら元も子もないので

おすすめしない

いくら揺すっても、キレイさっぱり出つくす訳じゃないからね!

オイルフィルター交換は不要

普通のバイクだと、ここでオイルフィルター交換です。

けど、PCXにオイルフィルターは無いので、この工程は飛ばせる。


フィルターが無い理由は、ココ


ドレインワッシャー交換、締め込み

オイルが出つくしたら、 ねじに異物が嚙み込まないようにドレインボルトを清掃。

ねじ山を痛めたり、オイル漏れしないようにね。

ドレインワッシャーを交換したら、ワッシャーにオイルを塗っておくといい。

オイル漏れしないように、おまじないです。

エンジンに、『5.6.21』と落書きしてあるけど、何の意味でしょうか?

きっと、海の向こうで組み立てるときに書いたのでしょう

日本で、頑張って走ってますよ

ドレインボルトは、締め込み過ぎない

最初は手で締める

いきなりレンチを使わない

最後はドレインワッシャーが『ググッ』と潰れる感覚!

いきなりレンチを使うとねじ山を痛めやすいので、手で回らなくなるまでは手!

最後のひと締めだけ、レンチでトルクを掛ければOKです。

ドレインワッシャーが潰れる感覚が伝わってきたら、完了!

感覚が難しければ、『25N』が目安。

トルクレンチを使うのが確実です。

通常、M12ボルトは55N・mで締めます。

だけど、ドレインボルトは、何かを接続する訳ではありません。

オイルタンクにフタをするだけ。

振動で緩まない程度(半分のトルク)でOKです

バカちからで締めて、ねじをなめると笑えない

オイルの注入

オイルの注入

オイル注入口は、バイク右側センタースタンド付近

奥まってるので、オイル缶から直はムリ

入口も小さいので、こぼれやすい

オイルジョッキに0.8L入れて、ゆっくり注ごう。

注入口が小さいので、『ドバッ』と入れると、簡単にあふれてしまう。

慌てない、慌てない。

オイル量の計測

PCXにオイルレベル点検窓はありません

オイルレベルゲージで判断するしかない

photo by Honda

普通のバイクは、オイル量が目で見て解るように、『オイルレベル点検窓』が付いてます。

オイルを適当に入れながら、量を調節することもできる。

けど、原2のPCXにそれを望むのは酷です。

ウエスで拭いたオイルレベルゲージに、どこまでオイルが付くかで判断するしかない。

この写真のオイルの付き方が、マックス。

原始的ですね。


最後は、清掃

最後は、清掃

最後に飛び散ったオイルをキレイにして、オイル交換完了です。

オイルが付いたままだと、ホコリと一体になってヘドロ状にこびりついてします。

ふき取りとワックス掛けが一挙にできるフクピカがあると、便利!

コンクリートの地面にオイル染みが出来たら

オイルをコンクリートの地面に

こぼしてしまった !

オイル処理パックの位置が悪くて、コンクリートにオイル染みを作ってしまったら?

一般的な洗剤では、コンクリートの奥に入り込んだ汚れは、なかなか取れません。

  1. パーツクリーナー攻撃
  2. 高圧洗浄機攻撃
  3. 見なかったことにする

方法は3つ。

安いパーツクリーナーをぶちまけて、ウエスで吸う。

AZ好きです。

ケルヒャーがあれば、無敵だけどね!



オイル交換表示リセット

オイル交換が終わったら、インパネの『OIL CHANGRE』をリセットしよう。

表示がうっとうしいからと、オイル交換せずに表示だけリセットするのは無し!

オイル交換周期のリセット

オイル交換周期のリセット

3代目PCX(JF81)、4代目PCX(JK05)ともに、リセットの方法は同じです。

  1. インパネの『SEL』・『SET』を同時押しして、設定モードに入る
  2. 『SEL』を何度か押して、エンジンオイル交換周期設定モードに入る
  3. 『SEL』を押して、次回『OIL CHANGE』表示までのインターバルを設定する
     500km~6,000kmの範囲で選べます
  4. 『SET』を押して、リセット確定する

この操作をすると、『OIL CHANGRE』が消灯。

次のオイル交換までの走行距離のカウントダウンが始まります。

エンジンオイル交換周期設定モード

エンジンオイル交換周期設定モードに入ると、現在の状態が表示されます。

『ー67km』は、オイル交換時期を67kmオーバーしてる、の意味。

カウントダウンが進み、0になると、『OIL CHANGRE』が点灯します。

エンジンオイル交換周期の設定

交換周期(インターバル)を

  • マニュアルの6,000kmにするか
  • 半分の3,000kmにするか

あなたしだい

インターバル500km~6,000kmの範囲で選べます。

上の写真は、4,000kmに設定した場合になります。

あなたは、何kmに設定しますか?



PCXオイル交換・表示リセットの注意点5選 まとめ

オイル交換は、バイクメンテの入り口としてマスターしておきたい

バイクショップや用品店のオイル会員になれば、安価にオイル交換してくれます。

だから、自分でオイル交換するコストメリットは、ありません。

オイルを大人買いすれば、別だけどね。

しかし、オイル交換は、バイクメンテの入り口。

オイルを変えると、バイクの挙動が変わるのが体感できるのも面白い。

失敗してもバイクが壊れることはまず無いし、工具も最小限だけです。

  • 今回は、金欠だからウルトラE1でガマン
  • ちょっとリッチだから、ウルトラS9

オイル交換も、楽しんでしまおう!

併せて読みたい

タイトルとURLをコピーしました