バイクの走行距離が5万キロを超えそう!【メンテ・下取り、どっち?】

5万キロでメンテは買い替えかバイクを売る

バイクの走行距離が5万キロに近づいたなら、決断の時です。

  • 値段がつくうちに乗り換えるか
  • メンテして乗り続けるか

どっちがおすすめ?

なぜ、5万キロなの?

そんな疑問を解消します。

5万キロ超えてから後悔しないために、決心しておこう!

あなたとバイクの絆が試されます。

バイクは走行距離5万キロを超えると、買取価格がガタ落ち

バイクは走行距離5万キロを超えると、買取価格がガタ落ち

バイクは『10年 または 5万キロ』で査定価格は激減する

車は、『10年10万キロ』で減価償却が終わり下取り値段が付かなくなります。

同じように、バイクは『10年 または 5万キロ』が境目です。

もちろん、排気量や人気車種によって前後します。

  • 排気量が大きいほうが、価値は落ちにくい
  • 人気のあるバイクは、価値が落ちにくい


だけど、10年・5万Kmを超えると、

ガクン!と査定価格が落ちてほぼ0円になることが多い。

タイヤ・ブレーキパッドなどの消耗品交換では済まなくなる時期だからです

重メンテが必要になるので、価値が落ちる

  • サスペンションの劣化
  • ベアリングのガタ
  • シールのひび割れ


ダラダラ5万キロを超える前に考えよう

  • 値段が付くうちに乗り換えるか
  • 最期まで看取るか



メンテをしっかり行えば、20年でも乗り続けることは可能です。

けれど1万円のバイクを20万円掛けてメンテするのか?


最期まで付き合う覚悟があるかどうかを、5万キロ手前で考えよう。

走行距よる値落ちイメージ

あなたのバイクの市場価値を知ろう

新車価格を100とすると、走行距離によって価値はどんどん下がっていく。

そして、5万Kmに達すると、価値がガクンと落ちます。

メンテ費用の分、価値が落ちる。

年数による値落ちイメージ

あなたのバイクの市場価値を知ろう2

新車価格を100とすると、価値は毎年落ちていく。

たとえ、あまり乗ってなかったとしても、価値は落ちます。

人気の旧車じゃない限り、誰でも新しいバイクを選ぶからね。


最初の5年は緩やかな値落ちちだけど、5年を超えると坂道を転げ落ちる。

10年経つと、無価値。

走行距離5万キロのバイクをメンテするか下取りするか

走行距離5万キロのバイクをメンテするか下取りするか
  • ツーリングに行った回数
  • コケて傷つけた回数
  • カスタムした部品の個数

それぞれに、プライスレスな価値があります。

だけど、5万Kmに近づいたら決断の時です。


乗り続けるか、乗り換えるか?

判断材料は、2つ。

  1. あなたのバイクの市場価値
  2. あなたのバイクのメンテ費用

メンテ費用が市場価値を上回ったら乗り換えの時期

1.あなたのバイクの市場価値を知ろう

あなたのバイクの市場価値を知ろう

あなたのバイクの市場価値を知ってますか?

自分のバイクの市場価値を知らないと、話が始まらない。

中古バイクのサイトを見ると、あなたと同じ年式のバイクが売られてます。

概算としては、同程度の年数・走行距離の同じ型式のバイクを探そう。

売価の約半分が、バイクの買取価格です


残り半分が業者のメンテ費用や利益です。

50万円で売られてたら、25万円前後があなたのバイクの買取価格です。

しかし、全く同じ中古車は存在しません。

  • 走行距離
  • 年数
  • 外観の状態
  • タイヤのミゾ
  • エンジン状態  などなど

同じ年式・走行距離のバイクでも、状態によって買取価格には幅があります。


実際に査定してもらわないと、皮算用に終わるかもしれない。

査定だけでもOK!

バイク王 公式ページ

業界No1、TVのCMでおなじみ
バイクワン

バイクランド 公式ページ

業界No2、トップを狙う
バイクワン

バイクワン 公式ページ

業界No3、カスタムを評価
SOX

バイク館SOX 公式ページ

 全国SOX販売店で販売の強み

買い取り業者を呼んで、実車を見せないとホントののところは解りません。

  • 高値が付いたら、売ってもいいし
  • 安値だったら、帰ってもらえばいい


買い取り業者にアポを取ったからと言って、売る必要はありません。

折り合わなければ、契約は成立しない。



今どき、シツコイ業者なんていません。

過去の話です。

そんな営業してたらSNSで悪評を呼び潰れてしまう。


買い取り業者の使い方は、ココ

走行距離と年数の、どちらか安い方が買取価格になると思えば間違い無い

もちろん、排気量やそのバイクの人気で前後します。

排気量が大きいレトロモデルの値落ちは小さい

一般に排気量が大きい方が耐久性があるので、値落ちが小さい。

  • 125cc以下は、5年2万キロ
  • 250cc以下は、10年3万キロ
  • 250cc以上は、10年5万キロ

大排気量は低回転で走ことが多いので、

低排気量よりエンジンを酷使しないのも関係します。

同じ理屈で、排気量が同じならスポーツモデルの方が値落ちが大きい

レトロモデルの方が、値落ちが小さくなりがちです。

2.あなたのバイクのメンテ費用 なぜ5万キロなのか

排気量が大きいレトロモデルの値落ちは小さい

5万キロまでは、オイル・ブレーキパッドなどの消耗品交換だけで乗り続けられる。

しかし、5万キロが近づくとバイク各部の劣化が目立ってきます。

目につきやすい劣化はこの4つ。

  1. サスペンションのオーバーホール
  2. ブレーキの引きずり
  3. ゴム部品のヒビ割れ
  4. ベアリング劣化

バイクの分解が必要な『重メンテ』なので、費用も、2、3万円では済まない。

このタイミングでタイヤ交換が重なると、財布が軽くなる!軽くなる!

あなたは、メンテしますか?

1.サスペンションのオーバーホール

サスペンションのオーバーホール

段差を乗り越えた時に、『ボヨヨーン!』といつまでも振動が収まらなくなったら、

サブペンションのオーバーホールが必要です。

サスペンションオイルやダンパーが劣化してる。

2.ブレーキの引きずり

ブレーキを掛けた後にブレーキレバーの戻りが悪かったり、

ブレーキを掛けてないのにディスクプレートの『ザー!』と引きずる量が増えたなら

ブレーキのオーバーホールが必要です。

ブレーキワイヤーの固着や曲がりクセ、ブレーキピストンの劣化を直さねば。

3.ゴム部品のヒビ割れ

サスペンションのダストシールやベアリングのシール。

経年変化でひび割れて来たら、交換が必要です。

シールの役目を果たしてないので、水や異物が入り込んでしまう。

4.ベアリングの劣化

ベアリングの劣化

バイクの取り回しで押し歩くと、妙に重くないですか?

ホイールのベアリングがダメになりかけてるかもしれない。

メンテスタンドでリアホイールを浮かせて、手で回してみよう。

ゴリゴリして空転しないなら、交換するしかない。

5万キロ超える前に、買取査定がおすすめ

5万キロ超える前に、買取査定がおすすめ

5万キロ超えそうならば、一度買取査定をしてみるのがおすすめです。

自分のバイクの市場価値を知った上で、メンテして乗り続けるかの判断をしたい

たとえば、この場合にメンテしますか?

  • バイクの買取査定価格が5万円
  • バイクの重メンテ費用が10万円


一般的には、重メンテ費用がバイクの買取査定価格を上回ると、バイクの寿命です。


よほど思い入れがあるバイクでも、バイクの価値以上のメンテはしない。

あなたとバイクの思い出は、プライスレスだけれど

次に踏み出すときかも知れない

不人気な車種の場合は、5年5万キロでほぼ査定価格はなくなってしまう。

査定価格がつく間に次に行くか、乗り潰すまで乗るのか?

いずれにしても、今のバイクの市場価値が解らないと話にならない


いろんなバイクに乗ると、新しい発見がある

バイクの査定

バイク出張買取の競合

バイク市場価格を知るには2種類の方法があります。

  • バイクショップで下取り査定
  • 『バイク王』のようなバイク買取店で査定

下取り査定は高値が付きづらいので、バイク買取店で査定がおすすめです。

餅は餅屋。

買取業者に査定してもらう

セールス対応に慣れてるなら、無料一括査定で複数買取業社に依頼がおすすめです。

一番高値が出るのは、やはり競合させたときです。

⇒ 「バイク比較.com」バイク買取一括査定見積り


そこまでするのが面倒ならば

買取業者として実績があり、誠実な対応が期待できる業者3社のいずれか2社に連絡しよう。

1社だけだと、提示された価格が妥当か否か

判断できない

⇒ バイク王 公式
・業界No.1の200万台以上の買い取り実績
・No.1だからスケールメリットで高価買取が出来る
・ 無料お試し査定が出来る

⇒ バイクランド 公式
現金買取なので、急いで売りたいときは便利
・注力車種は査定額アップなので、車種によっては高く売れる
・無料オンライン査定が出来る

⇒ バイクワン 公式
各種キャンペーンの対象に合えば査定額アップ
・オンライン自動査定で上限/平均買取価格がすぐわかる


ライダーの側にも、乗り換えのタイミングがある



バイクの走行距離が5万キロを超えそうなら まとめ

バイクの走行距離が5万キロを超えそうなら まとめ

バイクは『10年5万キロ』で査定価格は激減する。

バイクが5万キロ超えそうなら決断の時です。

  • 値段が付くうちに乗り換えるか
  • 最期まで看取るか

一般的なバイクの寿命は、

メンテ費用がバイクの買取査定価格を上回ったときです。

寿命を判断するためには、バイクの価値を知らなければ始まりません。

一括査定なら

「バイク比較.com」バイク買取一括査定見積り
 
個別の査定なら


新しいバイクと次のステージに行くか?

今のバイクとの絆を深めるか?


正解はあなたの中にしかない。


併せて読みたい

タイトルとURLをコピーしました