125ccスクーターは10万Km走る?【メンテナンス周期と費用】

スクーターで10万Km走れるか?メンテ・カスタム

Amazonで10人に1人 5万ポイントが当たる

2022年11月18日~12月16日

Amazonで10人に1人が5万ポイント貰えるキャンペーン実施中です

エントリーしないのは勿体ない!

⇒ Amazon公式 キャンペーン

運試ししませんか?

125ccスクーターのメンテしてますか?


スクーターは乗りっ放しにされることも多いけど、大事にすれば長く乗り続けることも出来ます。



でも、10万kmはムリだよね?

そんな疑問を解消します。

125ccスクーターで10万kmは可能か?

何を持って『可能』とするかは、難しいけれど

  • 乗りっ放しなら、絶対無理
  • 定期的なメンテをしていれば、10万km乗るのは可能
  • メンテ費用をどこまで許容できるか次第で、可能か否かは変わる
  • 一般的には5年で乗り換えが視野に入る

こんな内容を知って、スッキリしよう。

全パーツを新品交換すれば、100万kmでも走るけど

乗りっ放しにしたり、野ざらし放置すれば、数年でダメにもなります。


手に入れた時のときめきを忘れずに、メンテしてあげよう。

もし、趣向が変わったのなら、早めに次の人に託してあげよう。


125ccスクーターは10万Km走る? 【メンテしてれば可能】

125ccスクーターは10万Km走る? 【メンテしてれば可能】

大型バイクは、そのパワーと重量を受け止めるため重厚に作られてます。

所有欲を満たせるように、各部の造形も凝ってて価格も高い。

一方、125ccスクーターは華奢で、価格も押さえないと売れません。


大型バイクに比べ、125ccスクーターが華奢なのは仕方ない。

100万円の125ccスクーターなんて、誰も買わないからね!


だからと言って、寿命が短い訳じゃない。

10万km走るのは、当たり前

10万km走るのは、当たり前

最近のグローバルバイクは、世界中で売られてます

日本の環境で10万Km走るのは、当たり前

  • 未舗装の悪路
  • 3人乗り、4人乗り当たり前
  • 125ccスクーターがライフライン

世界を見渡せば、過酷な環境で走るのが125ccスクーターです。

そんな使い方でも簡単には壊れないように出来てます。


それに比べたら、日本で使われるスクーターは恵まれてます。

  • 日本の鏡のような舗装路
  • ほとんど1人乗りだけ
  • 定期的なメンテナンス



この状況で、10万km走らない訳がない。

最近の家電は壊れやすい!


一緒じゃないの?


一緒にしないで!

乗りっ放しでは、10万Kmはムリ

乗りっ放しでは、10万Kmはムリ
  • 冬の間、雨ざらしで放置したり
  • 乗りっ放しで、消耗品を交換しなかったり

それで10万Kmはムリ

いくら世界を走る125ccスクーターでも、ノーメンテで10万Kmはムリ。


最近のスクーターは、ABS・燃料噴射・スマートキーなど、複雑な機構も増えてます。

定期的なメンテナンスは欠かせません。

逆に言えば、定期的メンテナンスをしてれば10万Kmは楽勝!

どんな定期メンテナンスをすればいいのだろう?


さすがにエンジンオイルさえ変えていれば大丈夫、なんてことは無い。




放置は本当にヤバいから


125ccスクーターのメンテナンス周期と費用

125ccスクーターのメンテナンス周期と費用

バイクは走行距離と経年変化、両方の要因で劣化していきます。

  • 走れば、その分消耗する
  • 走らなくても、年月が経てば劣化する



それに、乗り方でも劣化のスピードは変わってくる。

  • いつもフル加速、フルブレーキ
  • 15分ほどのチョイ乗りばかり

例えばこんな乗り方だと、消耗も激しい。

だから、一概に消耗品の交換時期は決められません。

でも、目安は必要です。



125ccスクーターのメンテナンス周期一覧

125ccスクーターのメンテナンス周期一覧



125ccスクーターの消耗品交換時期を現した表です。

項目交換頻度部品代・工賃
エンジンオイル初回:1,000kmまたは1ヶ月
以降:6,000kmまたは1年ごと ※1
1,000円~5,000円
工賃:1,000円
エンジンオイルフィルターエンジンオイル交換2回に1回1,000円~2,000円
工賃:2,000円
トランスミッションオイル初回:5年
以降:4年ごと ※1
500円ほど
工賃:1,000円
ラジエーター液2年ごと1,000円~2,000円
工賃:5,000円
エアクリーナー20,000kmごと ※11,000円~3,000円
工賃:1,000円
スパークプラグ一般・イリジウム:3,000~5,000km
MotoDX:8,000~10,000km
1,000円ほど
工賃:1,000円
バッテリー2~3年ごと3,000円~10,000円
工賃:2,000円
ドライブベルト
ウエイトローラー
スライドピース
(ベルトフィルター)
10,000~20,000kmごと20,000円~40,000円
工賃:10,000円
ブレーキフルード 2年ごと1,000円~2,000円
工賃:10,000円
ブレーキパッド5,000~10,000kmごと3,000円~10,000円
工賃:10,000円
タイヤひび割れが出る前(3~4年)
スリップサインが出る前
(溝の深さが0.8㎜)
前後
10,000円~30,000円
工賃:10,000円
タイヤ空気圧1ヶ月ごと0円
ホイールベアリング20,000~30,000kmごと
ゴリゴリ違和感で
前後
5,000円~10,000円
工賃:20,000円
  • 交換頻度:※1は、PCXのマニュアル参照。他は一般的な交換頻度
  • 部品代・工賃:大手のバイク用品店の価格を参考にした値


チョイ乗りや乱暴な運転が多いと、交換周期は早くなります。

逆に、郊外をトコトコ流すだけなら、交換周期は伸びる方向。

自分の乗り方に合わせて、読み替えて欲しい。

参考とした工賃

参考とした工賃

大型ショップは作業毎の工賃が明示されているので、安心して作業依頼することができます。


人を見て値段を決めたり、繁閑具合で値段を決めたり。

そんな疑念を抱かずに済むのはうれしい。

個人ショップにこれを要求するのは難しいかもしれないけどね。



駆動系リフレッシュは、スクーターには欠かせない




突発的なトラブルへの備えも

突発的なトラブルへの備えも

メンテナンス周期・費用の表は、あくまで消耗品の定期交換のみ

突発的なトラブルへの備えもしておきたい

  • 灯火類の球切れ
  • 立ちゴケしてレバーを折った
  • クギを踏んでしまいパンクした
  • レギュレーターが壊れ、バッテリー充電できない などなど



アクシデントでメンテが必要になることも、想定しておこう。


ブレーキレバーを消耗品とするツワモノも居るけれど、普通は突発の出費です。

ある程度の突発に備えて、メンテ費用の予算を確保してますか?


手持ち資金がないと、給料日までバイクに乗れない、なんてことになってしまう。



5万円程度は、予備費として確保しておこう。

いざと言うときの、カスタム費用にもなるしね!




パンクしたら、寿命かもしれない

自分でやればメンテ費用を圧縮できるけど

自分でやればメンテ費用を圧縮できるけど

自分でメンテすれば工賃は削減できるけど

  • プロのクオリティには敵わない
  • 走る時間が減ってしまう


ショップ任せをバカにする傾向もあるけど

お金で時間を買うのもアリ

メンテ費用で、工賃の出費は無視できません。

千円のパーツ交換に、1万円の工賃が掛かることも珍しくない。

けど、自分でやればパーツ代の千円だけで済みます。

自分でやると愛着も沸くしね!




バッテリー交換は自分でも可能かも


お金で時間を買うのもアリ

お金で時間を買うのもアリ

若い時は自分でしていたメンテでも

ショップに任せて、ツーリング時間に回すのもいい



若い頃はお金が無いけど、時間は有り余ってる。



エンジンオイル交換を筆頭に、大抵のメンテは自分でしてた人も多い。

けど、社会人になって家族が出来ると、自分の時間は驚くほど少なくなる。

バイクいじりも楽しいけれど、プロに任せてしまうのもアリ。


浮いた時間で、何処に行こうか?

運が悪いと、怪しいショップに捕まることがあるので気を付けて!

見極め方はココ、中古バイク選びと同じです



自分でやって、壊してしまっては元も子もない

自分でやって、壊してしまっては元も子もない

わずかな工賃を浮かそうとして、

  • カウルを外すのに失敗して、割ってしまう
  • バカちからでねじを締めて、舐めてしまう
  • 適合しないパーツを買ってしまった

これらは、アルアルですね。

無理して壊しては元も子もないので、無理はしないで。


自分で行う場合は、点検するべき部位も知っておこう。

バイクの整備基準は、『道路運送車両法』に基づき、『自動車点検基準』で定められてます。

⇒ 自動車点検基準 別表第7(二輪自動車の定期点検基準)

      ※e-Gov法令検索を引用

これを点検整備などで使い易いようにチェックシートにしたのが、点検簿。

⇒  記録簿 別表第7(pdf)

      ※一般社団法人 山口県自動車整備振興会を引用


プロの仕事は、全然違う

プロの仕事は、全然違う

些細なメンテでも、プロに任すとバイクがシャキッとする

バイクメンテでご飯を食べてるプロは、全然違います。

こんなものかな?

そんなことは絶対しない。

誇りを持って『キッチリ』仕事したバイクは、乗れば直ぐ解ります。

新車に戻ったように、シャキッとしてるからね。

車検が不要な125ccだけど、2年に1回ぐらいはプロに見てもらいたい

12ヶ月点検してもらうとバイクが生き返る

工賃表
photo by 株式会社2りんかんイエローハット


125ccスクーターの12ヶ月点検は、約1万円。

例えば2りんかんなら、8,800円(税込み)です。

メンテが必要な部位のアドバイスも貰えるし、素人整備の不安も解消される。

2年に1回くらいは、プロに見てもらいたい。



メリットは他にもイロイロ!





125ccスクーターのメンテ費用の累計

125ccスクーターのメンテ費用の累計

1年1万km乗ったとして、10年で10万kmに到達します。

今どきのスクーターならメンテをしていれば、10年10万kmは難しくない。


1年1万kmとしてメンテ費用の累計をグラフ化すると、メンテコストが見える化されます。

(全てショップに任せた場合の表なので、自分でやればもう少し節約できます。)

125ccスクーターの標準的な価格は40万円ほど

あなたは、どこまでメンテ費用を出せますか?


5年経過で10万Kmへの壁がやってくる

5年経過が10万Kmの壁

5年5万Km乗ると、メンテが重なる時期がやってきます

乗り越えられるか?

  • タイヤ
  • 駆動系リフレッシュ
  • バッテリー などなど

5年5万Km乗ると、交換が必要になるなパーツが重なってくる。

タイヤ・駆動系リフレッシュなど、合計10~15万円程度のメンテナンスが必要になる時期です。

メンテ費用の累計もスクーター本体価格を超えてくる。


乗り続けるか、乗り換えるか?

5年乗ったスクーターは

いくらで売れるのだろう


メンテ費用10万円と足せば・・・・・


違うジャンルのバイクも気になるし、新型車の情報も気になる。

まずは、5年乗ったスクーターがいくらで売れるか?

下取りで出すのは勿体ないのは、知ってますよね!




5年後のバイクの価値は、ココ



125ccスクーターは10万Km走る? まとめ

125ccスクーターは10万Km走る? まとめ

適正な時期に適正なメンテ交換を行えば、10万Km走るのは難しくありません。


難しいのは、適正な時期に適正なメンテを行い続けること。


どうせなら、新型車に乗り換え?

バイクに戻る?

大型に行っちゃう?

新型車が気になってくるのは、仕方ない。


愛着や思い出もあるけれど、自分の気持ちを確かめる必要があります。

逆に言えば、そこを乗り越えると10万Kmが近づき、一生の伴侶になるかも。


併せて読みたい

タイトルとURLをコピーしました