【ダサい・貧乏】125cc原付2種に満足してる?【軽い・楽しい】

125cc原付2種で満足?125ccと150cc

125cc(原付2種)通称、原2は気軽に乗れて使い倒せる。

街乗りはもちろん、ツーリングに出かけても楽しい。

でも、原2じゃ楽しめないでしょ?


ダサいし、貧乏くさい

そんな疑問を解消します。

125cc原付2種にも不満はあります

  • 自動車専用道路は走れない
  • パワーが足りない などなど


バイクは大は小を兼ねないので、不満を解消する方法は3つ

  1. 大型+125ccの2台体制にする
  2. 250ccに集約する
  3. 125ccを楽しむ

バイクとの係わり方は、人それぞれなので3つのどれを選ぶかはあなたしだい

125cc縛りも楽しい!

こんな内容を知って、スッキリしよう。

お金持ちなら、ガレージに気の済むまでバイクを並べればいい。

とっかえひっかえ、色んなバイクに乗るのも楽しい。


けど、125ccでフルスロットルしながら、坂道で叫ぶのも楽しい。

走れーー

125cc原付2種の不満は5つ

125cc原付2種の不満は5つ

買う前から解ってたこともあるし、乗って始めて解ったこともある。

125ccの不満としてよく聞くのは5つ。

  1. 高速道路が走れない
  2. 自動車専用道路が走れない
  3. 急坂・2人乗りでは、動力性能不足
  4. 長距離は疲れる
  5. カッ飛べない

論破できなくもない。

1.高速道路が走れない

高速道路が走れない

最初から解ってたこと

125ccは、90km/h程度の最高速度なので、高速は選択肢に無い

高速道路で目的地までワープするようなツーリングも楽しい。

生活圏を離れて、高速で見知らぬ場所へ行くのは楽しい。


けど、同じようにトコトコ田舎道を繋ぐツーリングも楽しい。

バイクの楽しさは、絶対速度とは比例しません。

トコトコは、財布にも優しいしね。

2.自動車専用道路が走れない

高速道路が走れない

正直言えば、自動車専用道路だけは、悔しい

バイパスが身近にあると悔やまれる

高速道路は、最初から選択肢に無いから気になりません。

けれど、郊外を気持ちよく走ってると、突然、自動車専用道に変わることがあります。

バイパスと呼ばれる道です。


勘弁してほしい

流れに乗って走るくらいは出来るのに。

引き返すか、気付かなかかったことにして進むか?

警官と出会っても、自己責任だからね

3.急坂・2人乗りでは、動力性能不足

急坂・2人乗りでは、動力性能不足
  • 1人乗り・下道なら、125ccの動力性能に何の不満もありません
  • 2人乗り・旧坂なら、フルスロットル

1人乗りで下道なら、125ccの動力性能に何の不満もありません。

車の流れをリードすることも簡単です。

しかし、

昔の2ストバイクに比べたら、半分ほどのパワーしかありません。

失速することもある。

けど、フルスロットルにするチャンスでもある。

フルスロットルに出来るバイクは、楽しい!

『走れーー!』

4.長距離は疲れる

長距離は疲れる

長距離に向いてないのは確か

でも、125ccで日本一周してる人は多い

125ccは、エンジンに余裕が無いので、エンジン高回転で走ります。。

だから、音疲れ・振動疲れする。


大型バイクのように、2,000rpmで巡行すれば振動も気になりません。


だけど、なぜ多くの人が日本一周のお供に125ccを選ぶのか?

大型バイクを敬遠する人も、125ccにはフレンドリーです

会話も弾む

コスパだけの問題ではありません。

5.カッ飛べない

カッ飛べない

車を点にするような走りはムリ

スピードが楽しいのは認める。

太いタイヤを履いた大型バイクが、轟音を立ててカッ飛ぶのは楽しいに違いない。


白バイと事故には気を付けてね!

白バイと事故には気を付けてね!

風景を眺めながら、トコトコ行くのも楽しいよ!




ダサい・ダサくないの判断基準は、ココ

125cc原付2種の不満を解消する方法は3つ

125ccの不満を解消して、バイクを楽しみ尽くす方法は、3つあります。

  1. 大型+125ccの2台体制にする
  2. 250ccに集約する
  3. 125ccを楽しむ

1.大型+125ccの2台体制にする

1.大型+125ccの2台体制にする
  • 高速道路を使ったツーリングは、大型バイク
  • 市街地の街乗りは、125cc

2台体制は、1つの理想形です

デメリットは、保管場所と維持費

大型と125ccの2台持ちなら、いつでもフィールドに合ったバイクに乗れる。

大型バイクの豪快な加速、125ccの軽さ、両方を生かすことが出来ます。

デメリットは、保管場所と維持費

最近のバイクは高い。

大型バイクなら、100万円オーバーが当たり前です。

125ccと合わせて150万円の初期投資。

維持費も高く、最低でも15~20万円/年の維持費が掛かる。


それに、バイク置き場の問題もあります。

広い屋根付きガレージがあって、2台、3台が余裕なら良いけどね。

2台持ちの詳細は、ココ


大型バイクでツーリングに行くのが、年1,2回なら、

2.250ccに集約する

250ccに集約する

万能で車検の無い、250ccに集約する

大型+125ccが無理なら、万能な250cc1台に集約する手もある。

今一番人気があるのが、250ccクラスです。

車検が無いのに高速も走れて、維持費は年3万円程度に抑えられる。

良いとこ取りの排気量です。

デメリットは、数の多さ

デメリットが無い排気量なだけに、人気が高く、よく見かけます。

他人と同じでは満足できない人には、気になるかもしれない。


大型ほど豪快な加速が出来ない点や、足つきは気にしたら負け。

無いものねだりだからね!


維持費の詳細は、ココ

3.125ccを楽しむ

125ccを楽しむ
  • 高速道路に乗れなくても
  • 坂道で失速しても

だから、なに?

開き直って、125ccを受け入れる。

すると、思い切りバイクを使い倒す楽しみが待ってます。


大型バイクでフルスロットルしたら、身体や免許証が酷いことになります。

250ccだって、日本の下道ではオーバースペック。


それに比べて、125ccは

  • 最高速度90km/hほどしか出ません
  • 急坂に行けば、フルスロットルでもスピードダウン

だけど、普通に走る分には、何の問題も無い。

初めてバイクに乗った時の感動がリフレインする


バイクに乗る理由は、ココ

125cc原付2種に満足してることは5つ

125cc原付2種の不満は5つ
  1. バイクが安い
  2. 維持費が安い
  3. 軽くて扱いやすい
  4. 足つきが良い
  5. 下道では不満無い走り

125ccの不満ばかりでは、フェアじゃないので満足してることも挙げておこう。


5つあるけれど、総じてフレンドリーなのが良いところです。

身構えることなく、普段の生活の中でバイクという潤いを得られます。


125ccは、初期投資や維持費の安さばかりが、持てはやされてます。

もちろん、それも魅力だけど、気負わずにバイクと付き合えるのがいいとろ。

ゆっくりと、マッタリと、ジジイになっても乗り続けたい

年甲斐も無いと言われるのが、理想形


上がりバイクなら、



何歳までバイクに乗るつもりですか?

125cc原付2種に満足してる? まとめ

125cc原付2種に満足してる? まとめ

大型にすべてを求めるのはムリだし

原2に全てを求めるのもムリ。


一度は大型に乗ってみたいという気持ちは、痛いほどわかります。

でも、いつか大型に疲れたら、125ccの魅力を再確認する日が必ずやってきます。

どんな高価なバイクも、初めて買ったバイクの楽しさには敵わない。


125cc原付2種は、十分バイクの楽しさを持ってます。

何でもアリのルールも良いけど、縛りがあった方が楽しくないですか?

  • 125cc原付2種 縛り
  • 1日1,000円 縛り
  • 右折のみ 縛り

ワクワクしてきませんか?

バイクの楽しみ方は、無限大です。


併せて読みたい

タイトルとURLをコピーしました