PCXがアイドリングストップをしない理由は?【3つの解決方法】

PCXアイドリングストップメンテ・カスタム

PCXはこのクラスにアイドリングストップを初採用したバイクです。

信号で止まると、「トトトッッ 」とエンジンが止まり、

エンジン音や振動から解放されます

そして信号が変わりアクセルをひねると、ギヤ鳴りなどせず 「スーッ 」 と静かに発進します。

しかし、長年使うとアイドリングストップしなくなってきます。

なぜ、


アイドリングストップしなくなるの?

そんな疑問を解消します。

PCXは、バッテリー劣化するとアイドリングストップしなくなります


バッテリー状態を監視していて、再始動が難しいと判断すると

アイドリングストップしない

賢いですね。


アイドリングストップしなくなったら、バッテリーが疲れてきた証拠。

そろそろ、バッテリー交換した方が良いかもしれない。


出先でエンジンが掛からなくなると、面倒だからね!


PCXがアイドリングストップをしない理由

PCXがアイドリングストップをしない理由
HONDA公式を引用

PCXがアイドリングストップする条件

  • スタータースイッチにてエンジン始動
  • エンジンが暖機済み
  • 車速10km/h以上で走行済み

PCXのオーナーズマニュアルには、アイドリングストップする条件が書かれてます。

しかし、実際にはこれ以外に始動時の電圧条件が有ります。


始動時の電圧低下が大きいとアイドリングストップしません


逆に言えば、始動時の電圧低下が小さいなら、上の条件でアイドリングストップする

なぜ、始動時の電圧が下がるとアイドリングストップしないの?

慌てない、慌てない。

始動時の電圧低下って、何?

※始動時のバッテリー電圧

スタートスイッチを押すと、エンジンの始動が始まります。

モーターの力でエンジンを回し、始動の切っ掛けを与える。

この時のバッテリー電圧の動きが上図です。

クランキング波形と言います。

重いエンジンを始動するのだから、大電流が必要です

そして、大電流を流すと電圧が落ちます。

  • バッテリーが元気な時は、大電流を流しても電圧低下はわずか
  • しかし、バッテリーが劣化すると電圧が大きく低下します


大電流を流すと、電圧が落ちる理由

電圧 = 電流 ✖ 抵抗

そう、中学校で出て来た、「 V=IR 」です。

バッテリー内部にも抵抗が有ります。

大電流を流すとバッテリー内部で ⊿V=「電流 ✖ バッテリー内部抵抗 」が消費されます

その分、バッテリーから出てくる電圧が低くなるのです。

(バッテリーから取り出せるV) = (バッテリー内部のV) - ⊿V

バッテリーが劣化すると

バッテリーの内部抵抗が増えるので、

大電流を流すと電圧が低くなるのです。

バッテリー劣化により、始動時電圧は低下する

なぜ、始動時に電圧低下するとアイドリングストップしないのか?

なぜ、始動時に電圧低下するとアイドリングストップしないのか?

バッテリーが劣化すると、始動時に電圧低下するのは、解った。

でも、なぜ始動時の電圧が下がるとアイドリングストップしないのか?

アイドリングストップでエンジンを止めると

再始動できないかもしれないから


アイドリングストップ中もライトは点灯したままです。

バッテリーが劣化していると、アイドリングストップ中にバッテリーを使ってしまい、

再始動するときに残ってないかもしれない。

だから、賢いPCXさんはアイドリングストップしなくなるのです

再始動できないと危険

信号で止まりアイドリングストップに入ったとします。

信号が変わって発進しようとしたときに、エンジンが掛からないと・・・・

頭が真っ白になりパニックになる。


後ろの車は、当然あなたが発進すると思ってる。

せっかちな人なら、アクセルを踏んで追突するかもしれない。



とにかくバイクを押して路肩に逃げよう。

バッテリーが元気でも、アイドリングストップ入れっ放しは?

バッテリーが元気でも、アイドリングストップ入れっ放しは?

アイドリングストップ状態が長時間続くと

バッテリー残量が少なくなり再始動できないこともあります


停車が長時間続くようなら、 アイドリングストップに入れない気遣いを

バッテリーが元気で、アイドリングストップにはいったとしても、

ずっとその状態で放置すればいずれバッテリーが上がります。


あまり神経質になる必要はないけれど、

  • 開かずの踏切
  • 大通りへの交差点

停止状態が長く続きそうな場合は、アイドリングストップに入れない気遣をするのもいい。


エンジンが掛からなくなったら、ココ

アイドリングストップしなくなったPCXの修理方法

アイドリングストップしなくなったPCXの修理方法

交差点で止まって、いつものようにエンジンが止まらないと焦ります。

壊れたのかと思ってしまう。



でも、知ってれば焦らずに済みます。

アイドリングストップしなくなったPCXを復活させる方法を覚えておこう。

アイドリングストップを復活させる3つの方法

  1. バッテリー交換
  2. パルス充電
  3. 距離を乗る

1.バッテリー交換

GSユアサ GTZ8V
GSユアサ(ジーエスユアサ)
¥17,162(2022/05/28 05:43時点)

劣化したバッテリーは、元には戻りません。

きれいさっぱりするなら、バッテリー交換がおすすめです。

バッテリーの寿命は2,3年と言われてるけど

5年使える場合もあるけど、2年で突然死することもある。

出先でバッテリーが上がると面倒です

アイドリングストップしなくなったら、バッテリー交換時期と考えよう


PCXの純正バッテリーはベトナム製のユアサです。

交換バッテリーは、日本ユアサ、ベトナムユアサ、リチウムイオンバッテリーなど。


各バッテリーの違いはココ。



2.パルス充電

バッテリーの経年変化の多くは、バッテリの+-電極にたまった異物(サルフェーション)です。

異物(サルフェーション)によりバッテリーの内部抵抗が高まり、大電流が流せなくなります。



『パルス充電』、『サルフェーション』は、聞かれたことがあると思います。

「パルス充電」 とは、1秒間に何百回と断続的に充電すること。

異物は、「パルス充電」により除去できることが解ってます。


定期的に「パルス充電」すると、バッテリーの劣化を遅らせることが出来る。

もちろん、新品に復活する訳では無いけれど、寿命を延ばすことは出来ます。

バッテリーのメンテナンス詳細は、ココ

3.距離を乗る

距離を乗る

月に1度は、バイクを2時間以上のツーリングに連れ出そう。

短距離で30分以下の使用ばかりしてませんか?

チョイ乗りが多いと、走行による充電よりアイドリングストップで使う電気の方が多くなります。

バッテリーはいつも充電不足の状態になるので、バッテリーには厳しい使い方です。

バッテリーは、満充電の方が長持ち


たまには、郊外にツーリングに出かけて気分転換しよう。

郊外をノンストップで走り続けると、いずれ満充電になりバッテリーも気分転換します。

逆に、3ヵ月以上乗らないのが解ってるなら

定期的に「2.パルス充電 」することをすすめます。



バッテリーが元気なら、USBを付けたい


バッテリーにやさしいアイドリングストップの使い方

バッテリーにやさしいアイドリングストップの使い方

アイドリングストップする、しないを使い分けよう。

  • 5秒以下の停車になりそうな時は、使わない
  • 街中で STOP & GO を繰り返す時は、使わない
  • 近距離の移動で30分以下の走行の時は、使わない

アイドリングストップによる電気の使用 < 走行による発電 

これに気を付ければバッテリーを元気な状態に保てます。

気にし過ぎる必要は有りませんが、

この道は、渋滞がひどいな~

PCXに乗るの久しぶりだな~

そんな時は、アイドリングストップをオフしよう。

アイドリングストップの目的は、燃費ではない

アイドリングストップの目的は、燃費ではない

アイドリングストップの目的は、環境保護です

停車時の快適性や、ガソリン代節約は2次的なものです

アイドリングストップの目的は、停車時の無駄なCO2を減らす事です。



常にアイドリングストップをした方が環境にはやさしい。

けれど常にアイドリングストップすることで、バッテリー交換頻度があがると環境には悪い

何をしてるか分からなくなってしまう。

また、5秒以下のアイドリングストップは、再始動に5秒間以上のガソリンを使うとも言います。

バッテリーを痛めない程度にアイドリングストップを程々に使って、環境配慮しよう。

PCXのアイドリングストップによるガソリン代

PCXのアイドリングストップによるガソリン代

アイドリングストップによりどれくらいガソリン代が安くなるでしょう?

アイドリングストップシステムを使用しないときに比べてガソリンを約7%も節約できます。

HONDA公式を引用

7%の節約を信じて、年間10,000km乗るとすると

  • アイドリングストップしない場合
    10,000km / 50km/L =200L
  • アイドリングストップする場合
    10,000km/ 50*1.07Km/L = 187L

年間13Lの節約ですので、2,000円/年の節約です。

実際には、この半分も差は出ないでしょう。

2,000円/年の節約のために、

バッテリーを酷使するのは、やめた方がいい。

バッテリー交換の方がずっと

  • 環境に悪い
  • 財布に悪い

PCXの燃費が悪くなった理由は、ココ


[ad]


PCXがアイドリングストップをしない理由 まとめ

PCXがアイドリングストップをしない理由 まとめ

PCXはバッテリー劣化と判断すると、再始動できないかもしれないので

アイドリングストップしなくなります。

対策

バッテリーを痛めない程度にアイドリングストップを使って、環境配慮しよう

普段の心掛け

  • 5秒以下の停車になりそうな時は、止めない
  • 街中で STOP & GO を繰り返す時は、止めない
  • 近距離の移動で30分以下の走行の時は、止めない

PCXは元々燃費が良いバイクなので、アイドリングストップによる節約はわずかです。

けれど、アイドリングストップ時の静かさ、振動が無いことによる楽さは捨てられません。

長時間の停車時にのみアイドリングストップを使うことにして、使い別けよう。

それが、環境にも自分にもやさしいPCXの使い方です。


併せて読みたい

タイトルとURLをコピーしました