バイクにメリットは無い!デメリットは簡単に13個!【なぜ、乗る?】

バイクのメリット・デメリットトリビア

なぜ、バイクに乗るのか?


そこに、バイクが有るから!

そんな、言葉遊びなんて求めてません。

年々、バイク人口は減り、平均年齢は50歳を大きく上回る。

若い人に、バイクのメリットを伝えないと

バイク文化が無くなってしまう

改めて考えると、

バイクのメリット・デメリットって何だろう?

そんな、疑問を解消します。

  • バイクのメリットは、1つも無い
    メリットと言われるのは、全て後付け
  • バイクのデメリットは、いくらでも出てくる
    簡単に思いつくだけで13個

ただ楽しいから乗ってるだけ

こんな内容を知って、スッキリしよう。

若い人にとって、バイクはお金が掛かる遊びです。

バイクのメリットが解らないと、乗ってみようとは思わない。

バイクのメリット・デメリットを、はっきりさせよう!

バイクに乗るメリットでよく出る10個は、全て後付け!本当は1つも無い

バイクに乗るメリットでよく出る10個は、全て後付け!本当は1つも無い

バイクのメリットとしてよく言われるのは、この10個

どれもこれも、全て後付け

  1. 安価にスピードが手に入る
  2. 維持費が安い
  3. 人ごみに入らなくて済む
  4. 渋滞をすり抜けられる
  5. 駐車場に困らない
  6. カスタムで自己主張しやすい
  7. 狭い道でも気楽に入っていける
  8. バイク仲間が出来る
  9. 四季を感じられる
  10. バイクでしか行けないところへ行ける

1.安価にスピードが手に入る

安価にスピードが手に入る

バイクの加速は鋭くて、数秒で100km/hに達します。

車だと、1千万円クラスのスポーツカーでないと出せない運動性能。

それが、バイクだと100万円以下で手に入ってしまう。

バイクは、安価にスピードを手にすることが出来る。

2. 維持費が安い

維持費が安い

コンパクトカーの維持費は年間40万円ほど

  • 自動車税 3万500円
  • 自動車重量税 1万6400円
  • 自賠責保険料 1万775円
  • 自動車保険 5万円
  • ガソリン代 12万円
  • 駐車場代 10万円
  • 車検・オイル 5万円

バイクの維持費は年間20万円ほど

車検のある400ccクラスを想定しても20万円。

  • 自動車税 6,000円
  • 自動車重量税 1,900円
  • 自賠責保険料 7,270円
  • バイク保険 5万円
  • ガソリン代 6万円
  • 駐車場代 0円
  • 車検・オイル 5万円

車検が無くて、消耗品も安い250ccクラスなら年間10万円も可能です。

3.人ごみに入らなくて済む

人ごみに入らなくて済む

満員電車で揉みくちゃにならずに済む。

4. 渋滞をすり抜けられる

車が渋滞してても、脇をスルスルッと先頭まで行ける。

5. 駐車場に困らない

駐車場に困らない

わざわざ駐車場を借りなくても、建物の脇にコソッと止められる。

6. カスタムで自己主張しやすい

車で電子制御の塊なので、個人でいじれる範囲はほとんど無い。

バイクは、まだパーツをとっかえひっかえする余地がある。

他人とは違う、オリジナリティを出しやすい。

7. 狭い道でも気楽に入っていける

狭い道でも気楽に入っていける

Uターン出来ない細い道は、怖くて車で突っ込めない。

でも、バイクなら、気楽に入っていける。

何とかなるでしょ!

8. バイク仲間が出来る

道の駅で休憩していると、バイク乗りが話しかけてくる。

カッコいいバイクですね!

バイクを褒められて悪い気はしない。

共通の趣味があれば、仲間にもなりやすい。

9. 四季を感じられる

四季を感じられる

バイクは体がむき出しです。

四季の移り変わりを、五感全てで感じられる。

10. バイクでしか行けないところへ行ける

  • 林道の奥
  • 旧道の名所

車では気が付かず通り過ぎる場所も、バイクなら気軽に立ち寄れる。

10個のメリットがあるけど、どれもこれも後付け

10個のメリットが目的で、バイクに乗ろうと思いましたか?

バイクに乗ってみたら、そうだったというだけじゃない?

どれもこれも、後付け

維持費が安いので、バイクを選びました

例えば、維持費でバイクに乗ってみようとおもいましたか?

もちろん、周りの人を説得する理由としては使ったかもしれないけど

そのために 』 バイクに乗ろうと思ったのだろうか?

バイクに乗るデメリットは、簡単に13個出る

バイクに乗るデメリットは、簡単に12個出る

バイクは、不自由なデメリットだらけの乗り物

逆にバイクに乗るデメリットは、簡単です。

思いつくまま指を折れば、直ぐに両手では足りなくなる。

  1. 簡単に死ぬ
  2. 立ちごけする
  3. 暑い・寒い
  4. 雨が降ると濡れる
  5. 不良と見られる
  6. うるさい
  7. 荷物が積めない
  8. 髪の毛にダメージ
  9. 盗まれやすい
  10. ウエアに金が掛かる
  11. 1人しか乗れない
  12. 走り出すまでが大変
  13. 中古バイクが高い

1. 簡単に死ぬ

簡単に死ぬ

バイクには、シートベルトもエアバッグも無い。

いくら高価なレース用ヘルメットをかぶっていても、

対向車がミスして正面衝突すれば、簡単に死にます。


コーナリング中に砂が浮いてたら、

滑って対向車線に飛んで、踏まれてオシマイ。

2. 立ちごけする

リッターフルカウルだと、1コケ10万円も珍しくない。

バイクは、2輪しかないので止まると倒れる。

わかっちゃいるけど、

  • 旋回中のエンスト
  • 急ブレーキ
  • 路面の傾きで、足が届かない
  • 濡れて滑る路面

チョットしたミスで、簡単に立ちごけします。

3. 暑い・寒い

 暑い・寒い

バイクには、エアコンがありません。

  • 夏は、太陽・エンジン・路面照り返しの3重苦が襲ってくる
  • 冬は、寒風に体の芯まで冷えて、震えが止まらない

4.雨が降ると濡れる

バイクには、屋根がありません。

雨が降ると容赦なく濡れる。

  • 冬の雨は、人生が嫌になる
  • 夏の雨は、カッパが蒸れて脱水になる

5. 不良と見られる

不良と見られる

1980年代バイクブームの頃から、バイクは不良の乗り物です。

バイク = 不良 = 非行

バイクには、悪のレッテルが張り付いてます。

近所での評判が、良い筈も無い。

偏見と闘い続ける覚悟が必要です。


バイクにアウトローのレッテルが張られた日

6.うるさい

  • あなたにとって、バイクの排気音はサウンド
  • 近所の人にとって、バイクの排気音は騒音

寒い日に、暖機運転をしてませんか?

うるさくて、臭くて近所は堪らない。

7. 荷物が積めない

荷物が積めない

最近のモノサスなバイクは、車両には書類くらいしか積めない。

箱を付けてフルパニアにしたって、積載可能な荷物は、車の足元にも及ばない。

8. 髪の毛にダメージ

ヘルメットの中は、どうしても蒸れる。

汗とアブラで、雑菌の楽園になってしまう。

髪の毛にダメージが及ぶのは、致し方ない。


禿げたくないなら、

9. 盗まれやすい

 盗まれやすい

バイクは、車の30倍も盗まれやすいというデータがあります。

大人2,3人いれば、担いで運ぶのは難しくない。

いくらカギを付けても切断出来ないカギは無い。

本気の泥棒は、何をしても止められません。

バイクの盗難対策は、ココ

10. ウエアに金が掛かる

車は、パジャマのままでも運転できます。

しかし、体がむき出しのバイクは、専用のプロテクタ入りウエアを着たい。

路面で擦り降ろされたくないからね!

バイク専用ウエアは、流通量が限られてるので割高になるのは致し方ない。


夏ジャケットのおすすめは、ココ

11. 1人しか乗れない

11. 1人しか乗れない

バイクは、基本的には一人乗りの乗り物です。

友達や家族4,5人で、ワイワイ言いながら楽しく移動は出来ない。


アジアでは、4,5人バイクに乗ることもあるようだけど、それは別の話。

12. 走り出すまでが大変

バイクは、盗難防止のため

  • バイクカバー
  • ディスクロック
  • 地球ロック

人間は、ケガしないため

  • 専用ジャケット
  • 専用パンツ
  • ヘルメット
  • グローブ

出かけるまでが、容易でない。

13.中古バイクが高い

中古バイクが高い

車なら、10年落ちでタダ同然です。

けど、バイクは30年落ちが、平気で半額くらいで売ってる。

1980年代の旧車が、定価以上の値段で取引されてたりもする。


バイクを始めるには、免許費用も必要なので、初期投資がハンパない。

自分に合うかどうかも解らないものに、多額の初期投資を出せる人は多くは無い。

デメリットを13個上げるのは、簡単です。

他にも

  • 高速料金の理不尽な高額さ
  • 都市部の駐車場所の少なさ などなど

デメリットは、いくらでも出てくる


中古バイクについては、ココ

なぜ、メリットが無い、デメリットだらけのバイクに乗るのか?

なぜ、メリットが無い、デメリットだらけのバイクに乗るのか?
  • バイクの10のメリットは、全て後付け
  • バイクの13のデメリットは、簡単に数えられる

なぜ、そんな乗り物にのっているのか?

バイクが楽しいから!

理由になってないけれど、楽しいからとしか言いようがない


バイクは楽しい!

もちろん、バイクに乗ってみないと楽しさは解りません。

だから、バイクに乗ろうという動機付けにはなり得ない。


バイクに楽しそうに乗っている人を見て、試してみたくなるくらい。


けれど、軽い気持ちで一度乗ってしまうと、病みつき。

もう後戻りは、出来ない。

メリット・デメリットなんて、どうでもいい

損得でバイクに乗ってるわけじゃない

ただただ、楽しい


別の言い方をすれば、『バカだからバイクに乗る』

バイクにメリットは無い!デメリットは簡単に13個!まとめ

バイクにメリットは無い!デメリットは簡単に13個!まとめ

バイクのデメリットは多い。

何より、チョットしたことで簡単に死ぬ乗り物です。

とても、他人に勧められる乗り物じゃない。


一方、メリットはこじつけばかり。

正当化しようと、無理くりひねりだしてるだけ。

結局は、楽しいから乗ってる。

なぜ、楽しいのか?

理由なんて無いから、説明のしようがないので困る


何の結論にもなってませんね。

これじゃ、最近の頭のいい若い人がバイクに乗らないのも、ムリは無い。

勧める気も無いけどね!


併せて読みたい


バイクワン

・他社はマイナス査定するカスタムをプラス査定してくれる
・口コミでの評判が抜群にイイ
・オンライン自動査定で上限/平均買取価格がすぐわかる
・オンライン査定額から大幅減額しないことを明言
・業界No.3の地位を打破するため、高価買取中

バイク王

・業界No.1の200万台以上の買い取り実績
・No.1だからスケールメリットで高価買取が出来る
・TV CMでお馴染み

バイクランド

・業界第2位
・現金買取なので、急いで売りたいときは便利
・注力車種は査定額アップなので、車種によっては高く売れる

バイク館SOX

・累計の買取り台数 10万台
・買い取ったバイクは、全国のSOX販売店にて販売
・販売が一体なので、ムダが無く高価買取が出来る

タイトルとURLをコピーしました