バイクのメッシュジャケットは、濃色で安いのがおすすめ【消耗品】

おすすめメッシュジャケットアパレル

夏はバイクの季節!

青空・白い雲・海辺のバイク。

コンサバなイメージだけれど、バイクには熱い太陽が似合います。

夏のバイクは暑いから

Tシャツでいいよね?

そんな疑問を解消します。

おすすめメッシュジャケットの4つの条件

  1. フルメッシュであること
  2. 濃い色であること
  3. ロゴがウルサクないこと
  4. 安いこと

Tシャツで日焼けするより、

着る日陰、メッシュジャケットを着た方が涼しい。

もちろん自分の好みのジャケットを買えば良いけれど

後悔しないのはこの4つの条件を満たしたジャケット。

着る日陰と呼ばれるメッシュジャケットで、忘れられない夏にしよう。

夏でも革ジャンと言う人は、これ以上読んでも無駄です。

Tシャツ短パンは気持ちよさそうだけど

Tシャツ短パンは気持ちよさそうだけど

夏はTシャツ・短パン・ビーサンと行きたい。

けれど、どれもバイクには合いません。

目的地に着いてからに楽しみは取っておこう。

夏でもプロテクターつきのバイクウエア

夏でもバイクに乗る時は、コケたときのダメージを考えたバイクウエアが必要です。

MotoGPライダーなみのテクニックを持ってたとしてもね!

何も考えずに飛び出してくる人や車には勝てません。

メッシュジャケットの出番


メッシュジャケットは、『着る日かげ』とも言われてます。

Tシャツより涼しい?

Tシャツよりも涼しい、と言うのは言い過ぎだけど見た目よりはずっと涼しい!

走れば走行風が通り抜けるので、気持ちよく夏を駆け抜けられます。

おすすめメッシュジャケットの4つの条件

すめメッシュジャケットの4つの条件

夏におすすめのメッシュジャケットはこんなジャケット。

  1. フルメッシュであること
  2. 濃い色であること
  3. ロゴがウルサクないこと
  4. 安いこと

1.フルメッシュであること

フルメッシュであること
  • カッコいいハーフメッシュ
  • 涼しいフルメッシュ

おすすめはフルです

メッシュジャケットには、2種類あります。

  1. 外観重視なら、2つの素材の切り替えで凝ったデザインが可能なハーフメッシュ
  2. 実用なら、どこからでも風が入るフルメッシュ

夏は、格好より実を取るのがおすすめ。

1.ハーフメッシュジャケット

肩から腕にかけてなどにメッシュで無い部分があるのが『ハーフメッシュジャケット

例えばこのジャケットでは、黒色の生地のみがメッシュ素材です。

2.フルメッシュジャケット

全部がメッシュ素材の『フルメッシュジャケット

フルメッシュは全体が同じメッシュ素材なので、風が入り放題。


気を付けるのは、目の細かいメッシュを選ぶこと。

目が粗いメッシュを選ぶと、ジャケットの下が透けて見えてしまう。


まあ、見えたからどうだという話もあるけどね。


空調服という手段もアリ

2.濃い色であること

黒色であること
photo by raiddelamitie

汚れが目立たない濃い色がおすすめ

夏なので薄い色のウエアを選びがちだけど、バイクジャケットは黒や濃い色がおすすめ。

メッシュ素材は当然、表面が網目状になっています。

  • 虫アタックを受けて網目の中に入り込むとなかなか取れません
  • 排気ガスの汚れなどが網目の中に入り込むとなかなか取れません

洗ってもウエアの汚れが落ちにくいので、汚れが目立たない黒や濃い色を選んだ方が長く着られます

ウエアのデザインは好みです。

承知の上でこのような地球防衛軍カラーがお好みなら、突き進むしかない!

3.ロゴがウルサクないこと

ロゴがウルサクないこと

完全に好みです

ブランドのロゴがデカデカと書いてあるウエアが好みな人は、どうぞ

シンプルなウエアの方が使い易いとは思います。

人の意見に惑わされるような人は、バイクなんて選ばないしね!

4.安いこと

安いこと

メッシュジャケットは消耗品です

安いので十分

メッシュジャケットは、長持ちしません。

  1. 汗・皮脂が付きやすい
  2. 傷付きやすい

2,3シーズンもてばいい方です。1シーズンで終わることも多い。

高いウエアを大事に長く使おうとしても無理があります。

安いウエアを着つぶしていこう。

1.汗・皮脂が付きやすい

夏のウエアなので、汗を吸い取ってナンボです。

ウエアの下は、Tシャツやコンプレッションだけ。

だから、メッシュジャケットは汗や皮脂にまみれます。

水洗いする機会も多く、傷みやすくもある。

2.傷つきやすい

メッシュジャケットは網目状の生地なので、引っ掛けやすい。

チョットした出っ張りに引っ掛けて、生地を傷めます。



メッシュの下は、コットンTシャツよりハイテクインナーがおすすめ!



おすすめメッシュジャケット 5選

おすすめメッシュジャケット 5選

夏はバイクの季節です。

各社からメッシュジャケットは数多くリリースされてます。

売れ筋を知りたいなら、ココ


⇒ Amazon公式 バイクジャケット売れ筋ランキング



おすすめ5選

  1. デグナー テキスタイルフルメッシュジャケット
  2. Honda エアスルーUVジャケット
  3. ラフ&ロード ライディングZIPメッシュジャケット
  4. コミネ プロテクトフルメッシュジャケット JK-128
  5. RSタイチ レーサー メッシュジャケット RSJ336

1.デグナー テキスタイルフルメッシュジャケット

デグナー(DEGNER) には、ハズレがありませんね。

  • 肩と胸に黒のモーターテイストワッペン
  • 本革をアクセントに使用
  • 背中側にアクションプリーツ
  • 肩・肘・背中・胸にプロテクター標準装備

クルーザー、ネイキッド、125cc。

どんなバイクにも似合います。

2.Honda エアスルーUVジャケット

オーソドックスなメッシュジャケットです。

この値段なのでプロテクターには期待しない方がいい。

手持ちのプロテクターに入れ替えると安心感が増します。

3.ラフ&ロード ライディングZIPメッシュジャケット

派手過ぎず、地味過ぎず。

ヴィンテージ感もあり、気負わずに着られます。

若い人にも、ベテランにも似合う奇をてらわないオーソドックスなデザインです。

フルメッシュですが、目が詰まっていて中が透けて見えるようなことはありません。

ライディングZIP

買ってみました!

写真では白っぽく映ってますが、実物はもう少し濃い色

メッシュジャケットの割には目が詰まっていて、メッシュメッシュしてません

プロテクタ類はマジックテープを開けば、好みのものに簡単に交換出来ます。

胸の2重ポケットがアクセントです。

しかし、胸回りがタイトなのでポケットには何も入りません。

飾りだと割り切りが必要。

ライディングZIP2

袖口は黒グローブと擦れるので、どうしても汚れます。

濃い色を選ぶと気にならないはずです。

4.コミネ プロテクトフルメッシュジャケット JK-128

コミネは縫製も良くて、コスパのいいブランドです。

かつては『KOMINE』とやたら大きなロゴを印刷する癖があって使い難かった。

けれど、最近はロゴが目立たないシンプルなデザインが増えました。

このメッシュも、ロゴが目立たないジャケット。

プロテクターが肩・ひじ・背中・胸に標準装備してます。

胸プロテクターが標準なのは、さすがですね!

5.RSタイチ レーサー メッシュジャケット RSJ336

RSタイチのボトムラインのメッシュジャケットですが、オーソドックス使い易い。

いつものツーリングなら、こんなジャケットがいい。


思い出に残る夏にしたい!



バイクのメッシュジャケットは、濃色で安いのがおすすめ まとめ

バイクのメッシュジャケット まとめ

メッシュジャケットは、消耗品です。

  1. フルメッシュであること
    
  2. 黒色であること
    
  3. ロゴがウルサクないこと
    
  4. 安いこと

メッシュジャケットは汚れがメッシュに入り込むので、洗ってもキレイになりにくい。

汗や皮脂にまみれるので、長くは持ちません。

高価なジャケットを大事に使うより、安価なジャケットを着つぶすのがおすすめ。


併せて読みたい

タイトルとURLをコピーしました