冬バイクにおすすめな防寒靴下6選!【メリノウール・電熱どっち?】

バイクに温かい靴下アパレル

雪さえ積もらなければ、冬もバイクの季節です。

防寒対策をしっかりすれば、汗が噴き出る夏より、かえって走りやすい。

でも、足先が寒さで痛い!


これじゃバイクに乗れない

そんな悩みを解消します。

  • 足先を温める方法
  • 温かい靴下の選び方
  • おすすめの靴下

こんな内容を知ってスッキリしよう。

寒風の中でも、バイクを楽しむ方法はあります。

冬バイクにおすすめの温かい靴下6選

おすすめの温かい靴下6選

能書きは後にして、いきなり結論。

冬のバイクで温かい靴下はこの6種。

  1. mont‐bell メリノウール エクスペディション ソックス
  2. SmartWool スマートウール マウンテニアリング
  3. smartwool スマートウール トレッキングヘビークルー
  4. おたふく手袋 防寒インナーソックス ホットエース ロング
  5. コミネ メリノウールウォームソックス
  6. 電熱ソックス

おすすめはメリノウール!試す価値はあります

チャレンジャーなら、電熱に行ってみても面白い

冬バイクに最強の防寒靴下、メリノウール

メリノウール
mont‐bell

メリノウールは高価です

けれど、一度使うと納得するに違いない

ウールは温かいけれどチクチクするという既成概念を壊します。

ふんわり柔らかくて暖かい。

メリノウールには速乾性もあるので汗で濡れた肌を素早く乾かしてくれる。

保温性・吸汗性・速乾性の3拍子が揃っている。

1.mont‐bell メリノウール エクスペディション ソックス

メリノウールの最高級品を味わってみたいなら、コレ!

冬山登山や極地探検にも使える逸品です。

メリノウールに化繊を付加することで、耐久性を持たせています。

究極の防寒靴下がここにある

【素材】ウール67%+ナイロン27%+ポリエステル5%+ポリウレタン1%

2.SmartWool スマートウール マウンテニアリング

mont‐bellまではちょっと、というならコレ。

スマートウールは、良質のメリノウールを使った靴下に特化したアメリカのメーカ。

マウンテニアリングは、最厚手の靴下で、保温性に優れ高所でも使える。

ウールたっぷりなので寒がりの人も納得するに違いない。

【素材】ウール74%、ナイロン25%、ポリウレタン1%

3.smartwool スマートウール トレッキングヘビークルー

『マウンテニアリング』よりは普段使いし易い厚さのメリノウール。

稚内で越年を目指さないなら、十分温かい。

【素材】ウール80%・ナイロン19%・エラスティック1%

冬バイクに、コスパのいい暖かい靴下

4.おたふく手袋 防寒インナーソックス ホットエース ロング

温かくてコスパのいい靴下なら、おたふく手袋。

値段以上に温かいとの、満足口コミが多い。

小さめのサイズなので、ワンサイズ大き目のLLがおすすめです。

5.コミネ メリノウールウォームソックス

コスパのコミネが作るとメリノウールも手が出しやすい。

冬バイクに飛び道具、電熱ソックス

6.モバイルバッテリー対応電熱ソックス

キワモノ感はあるけれど、試してみたい人は多いはず。

4時間程度のバッテリー容量なので、交換用のモバイルバッテリーがあると心強い。

洗濯しても大丈夫に作られてるとは思うけれど、断線しても笑い飛ばそう。

末端を温める、防寒対策

足先を温める方法

指先・足先という体の末端は、血液の循環が悪いので冷えやすい。

末端が温かいと、体中温かく感じます。

指先を温める方法

指先は防寒手袋、グリップヒーターなどで対策はしやすい。

恰好を気にしなければ、ハンドルカバーでこたつにも出来る。

秋冬ツーリングにおすすめなバイクグローブまとめ6選【防寒・操作性】
USB接続の巻きつけグリップヒーターは、配線要らずで取り付け簡単
ナックルバイザーの取り付け効果とPCXで失敗しないおすすめ3選
PCXにハンドルカバーを付けるとダサいが温かい!【人気4選の比較】

足先を温める方法

指先に比べ、足先は難易度が高い。

指先のようにアイテムが豊富にないためです。

靴下と靴だけ。

防寒の鉄則は、重ね着です

アウターで防風して、ミドル・インナーで暖かな空気を逃がさない

足先に当てはめるなら、バイクブーツがアウターで靴下がインナー。


靴はハイカットな防水ブーツを選べば、自然と防風対策にもなる。

防水のおすすめ革バイクブーツのまとめ5選【靴を見ればその人が解る】

インナーの靴下選びが、足先防寒のキモです!

冬バイクに、温かい防寒靴下の選び方

温かい防寒靴下の選び方

ただ、温めればいい訳ではないのが、これまた難しい。

冬でも足は汗をかきます

汗対策が必要

例えば、綿の靴下は足の汗を保持してしまう。

いつまでも濡れたまま足に張り付いて汗冷えしてしまいます。

だから、綿の靴下は冬バイクにはやめた方がいい。


冬のバイク用靴下には3つの機能が必要です。

  1. 保温性
  2. 吸汗性
  3. 速乾性

起毛で温かい空気の層を作ると同時に、汗を素早く吸い取って拡散する。

この辺りは、インナーウエアと考え方は同じです。

失敗しない、バイク防寒インナー・ミドルウエアの選び方【定番6選】

ハイテク素材も出てきているけれど、やはり『メリノウール』がおすすめ

暖かくて、汗冷えしない

冬バイクにおすすめな防寒靴下6選 まとめ

バイク防寒靴下のおすすめ6選 まとめ

たかが靴下に大金は払えないと、もし思っているのなら

間違いなく、損をしてます。

寒さを堪えながらバイクに乗っても、楽しくもなんともない

ただのガマン比べになってしまう

温かい靴下で出かければ、

また1つバイクが好きになる。


併せて読みたい
【お金を節約!】バイクの冬ウエアにおすすめな、防寒つなぎ4選!
失敗しない、バイク防寒インナー・ミドルウエアの選び方【定番6選】
秋冬ツーリングにおすすめなバイクグローブまとめ6選【防寒・操作性】
【気温別】細身でおしゃれなおすすめ冬パンツ、オーバーパンツ10選!

タイトルとURLをコピーしました