なぜ、PCX(JF81,KF30)の メーターカバー浮きは、放置されてるの?

メーター浮きメンテ・カスタム
スポンサーリンク

PCX(KF81,KF30) は、メーターカバーのマチが合っておらず、浮いてます。

1ヶ月点検の時にドリームに指摘したところ、

先代 JF56 からの持病です。

お客さんのはマシな方です。

PCXは、こんなもんでしょうか。

納得してますか?

スポンサーリンク

PCX(JF81,KF30) メーターカバー浮き 症状

下の写真なのですが、解りますか。

メーターにモザイクは気にしないでください。

イケメン顔が映り込んでしまっただけです。

赤丸部分のメータパネルがうねって浮いています。

気になるのは、神経質でしょうか?

クレーマーでしょうか?

PCX メーターカバー浮き

[ad]

スポンサーリンク

PCX(JF81,KF30) メーターカバー浮き原因の考察

メーターカバーを外してみました。

外し方はここにあります。

スクリーンを外した状態です。

赤枠がメータカバーとメーターケースの嵌め合いです。

右側が浮いているのが解るでしょうか

しかし、若干うねりが緩和された気がします。

原因の考察

メーターカバー単体にしました。

単体の状態では、組付け時ほどのうねりは見られません。

という事は、メーターカバーをねじ止めする際に、メーターカバー取付寸法よりメーターカバー寸法の方が若干大きい?

このため、歪んでしまうと考えられます。

原因の考察2

PCXのカウル脱着は、雰囲気では攻略できません。

細かいツメとねじが各部に隠されてます。

知恵の輪のように入り組んでいます。

力づくだと、必ずカウルを割って悲しい思いをする

カウル脱着関連の記事に目を通してから実践を

強くすすめます。

[ad]

PCX(JF81,KF30) メーターカバー浮き対策

PLAN

ドリームが知ってるのに直さないという事は、どういう事でしょうか

このサイズの樹脂成型において、1/10mm程度の公差が出せない訳が有りません。

数mm単位で寸法がずれるのは、有り得ません。

射出成形後の冷却不良による歪み?

そんなバカな。

金型設計上の問題が量産まで継続する事も考えられません。

T0、T1で潰す話です。

金型寿命が何ショットか知りませんが、金型更新まで放置のはずもありえません。

原因が解りませんが、よくやるごまかしとしてネジ穴を長穴にして逃がしてみます。

DO

メーターカバー取り付け穴を棒やすりで擦って長穴にしました。

樹脂なので、簡単です。削りすぎに注意しましょう。

極端な絵ですが、ここまではしてません。

長穴化

CHECK

組付け直してみましたが、代わり映えしません。

酷くなってるような気さえします。樹脂に癖がついてしまったのでしょうか。

CHECK

ACTION

今回は、メーターカバーを車体に組み付けるネジ穴のみを長穴に加工したのがまずかったのかもしれません。

シールド取り付け穴も長穴にして、リベンジしたい。

⇒追記
シールド取り付け穴を長穴にしても症状は変わりません

[ad]

なぜ、PCXの メーターカバー浮きは、放置されてるの?まとめ

それほど高いパーツにも見えないので、

メーターカバーの予備を購入してからリベンジ予定です。

⇒追記
メーターカバー予備を入手したが、うねりはある。

長穴にしても改善せず。

見なかった事にしてます

持病ですね。

多少隙間が有っても雨が入り込むほどでもない。

見慣れて段々気にならなくなってきたのも事実です。

バイクは乗ってなんぼで、飾っておいてもしょうがないし。

まとめ

細かい事はいいから、楽しんだもん勝ち。

トコトコ山道を進んだところにある岩清水。

名水を汲んでその場で淹れた珈琲は、こだわった豆で無くても美味しい。

バイクに出会わなければ、知る事が出来なかった楽しみ。


併せて読みたい
バイクウエアがダサいのは、中身の問題!【2ヶ月で体形は変えられる】
リターンライダーの体力づくり!『あの頃』を長く続けるコツは2つ
なぜ、バイク任意保険の加入率・保険内容見直しとも低いのか?
バイク保険の安さ比較!チューリッヒ、アクサ、三井ダイレクト
PCX(JF81、KF30)の買取相場と買取価格を高くする方法

PCXカウル脱着ノウハウ

PCXカウル脱着ノウハウをnoteにまとめました

すべてのカウルのツメの位置・方向からして、どうカウルを動かせばツメを折らずにカウルを外せるかを解説しています。

有料noteですが、カウルの値段よりずっと安い

ツメを折ってカウルを買い直すことを考えれば、直ぐに回収できます。

転ばぬ先の杖になるはずです。

全98ページのpdfです。

ここから入手をお願いします>>>ここから

目次

  1. メーターパネル
  2. フロントカウル
  3. サイドカウル
  4. リアカウル
  5. フロントフェンダー
  6. 番外.リアサスペンション交換フロントカウル

メンテ・カスタム外装
スポンサーリンク
バイク王 無料お試し査定

無料でバイクの価値を調べるならココ!

保険の窓口インズウェブ

無料でバイク保険を一括見積りするならココ!

加入者23万突破のバイク盗難保険・ロードサービス【ZuttoRide Club】

無料でバイク盗難保険を見積もるならココ!

ごくうをフォローする
PCXでGO!
タイトルとURLをコピーしました