PCXカウル外し方 リアカウル(JF81、KF30)

メンテ・カスタム

ベトナムホンダのPCXカウルセットを買ったので、カウル全交換します。
今回は、リアカウルを取り外します。

ウワサ通り、PCXのカウルにはツメが多用されてるので、勢いだけでは無理です。

カウルの取り外し方一覧

PCXカウル外し方
スポンサーリンク

準備

必要な工具を確認しておきます。

  • ドライバー
  • 六角レンチ
  • レンチ
  • パネルはがし
  • 空き缶 (外したねじ、クリップを保管)

一般的な工具のみで可能です。
ただし、金属のパネルはがしはカウルを傷つけるので、このようなプラスチック製を使います。また、なるべく薄いものを選ぶと、がカウルの隙間にねじ込み易くて作業が楽です。

エーモン パネルはがし
パークアップ 楽天市場店
¥ 726(2020/04/30 18:45時点)

クラブレール取り外し

手順1
赤印のプラスねじ2つを取り外す

手順1

手順2
パネルはがしを隙間にこじ入れて少しづつ浮かせてせて行きます。

手順2

外したクラブレールカバーを見ると、先端の赤丸部にツメが下方向に出ています。
まずこれを外すため、先端にパネルはがしをこじ入れて、真上に浮かせていきます。両先端が外れたら、後ろに向けて パネルはがしをずらしていき、全体を外します。

手順2-1

クラブレールカバーが外れると、この状態になります。
赤印の左にある縦長穴が、クラブレールカバー先端のツメが刺さっていた場所です。

手順3
次は、クラブレールを外します。
赤の+ねじ2個、黄色の12mmボルト4個、黄色の10mmボルト2個を外します。
一番後ろ寄りの10mmボルト2個は、外さなくてもクラブレールを外せます。しかし、次工程のためここで外しておきます。

手順3

クラブレールを外すと、この状態になります。

これでやっとリアカウルを外す前処理がおわりました。ここからが本番です。

手順3-1

リアカウル取り外し 前準備

トリムクリップ

  • 取り外しは、頭の真ん中をドライバーなどで押すと中に入り込んでロックが外れます
  • 取り付けは、下側を押して頭の真ん中が飛び出した状態で設置し、頭を指で押してロック
トリムクリップ

手順1
リアフェンダー裏のトリムクリップ2個を取り外します。
非常に解り難い場所に有るので、ライトで照らして探した方が早いかもしれません。手探りではまず見つかりません。

手順1

手順2
リアカウル中央部にあるトリムクリップ2個を取り外します。
カウルの上から見ながら、カウルの下から手を回して外すしか有りません。非常に見難いところに有るので、探さなくてはなりません。

手順2

手順3
ラゲッジボックス内側に あるトリムクリップ2個を取り外します。
これは、簡単に取り外せる場所です。
ラゲッジボックスの中に色々入っているのは無視してください。

手順3

手順4
左右のタンデムステップの裏にあるトリムクリップ2個を取り外します。
これは、目視できる取り易い場所に有ります。

手順4

手順5
ラゲッジボックス外側から+ねじ2個を取ります。
以上でねじ、トリムクリップは全て取れました。取ったねじ類は無くさないように、まとめて置きます。

手順5

手順6
テールランプのコネクタを外します。

青丸のホルダーは先端をラジオペンチでつまんでボディから外します。赤丸のコネクタは中央を押してロックを外しながら抜きます。

これで前準備は完了です。あとはカウルを外すだけです。

手順6

リアカウル取り外し

ここからが、最難関です。

いきなりですが、これが取り外したリアカウルです。
テールランプごと左右一体の形で取り外れますので、このイメージを常に頭に置いて作業します。

先端の赤丸にクリップがボディに刺さる形で真横に出ています。
まず、これを抜きます。その後はテールランプをもって全体を後ろに引き抜きます。

リアカウル取り外し

テールランプごと左右一体の形で外すのですが、これがまずビクともしません

ネジを抜くのを忘れたかと何回も確認する事になります。カウル裏から押したり、隙間にシリコンを吹いて滑りを良くしたりするかもしれません。しかし、最後は力ずくの部分が必ず出てきます
お祈りしてから、力を込めると『ガコッ』と抜けます。しかし、この時も必ずツメの方向を忘れないでください。後ろに引くのを忘れるとツメが折れます

取り外したリアカウルのアングルを変えた写真です。
車体前側は、2つの赤丸のツメでカウルを固定しています。カウルを上に引き抜けば、取れる方向です。中央部赤丸にもツメが有ります。これはカギ状になっておりカウルをボディに引っ掛けて固定してます。カウルを後ろに引き抜かないと外れません。上に抜く赤丸2つ、後ろに抜く赤丸1つです。青丸はボディにひ掛けてあるのでずらして外します。

リアカウル取り外し1

別アングルです。一番上の赤丸がクリップ。一番下の2重丸がカギ型のツメです。クリップ・ツメの場所を作業中、常に意識しないと悲しい事になります。

リアカウル取り外し2

手順1
ラゲッジボックス脇で、カウルが車体の突起にハマっています。カウルを上に持ち上げて外します。

手順1

手順2
カウルの先端部にパネルはがしを突っ込んで先端のクリップを外します。
クリップは真横に車体側に出てます。カウルは前横に引っ張ります。かなり固いので、ここでもお祈りが出てくるかもしれません。
写真は先端の青いクリップがやっと外れた状態です。

手順2

手順3
テールランプを掴んで後ろに引き抜きます。どのツメが抵抗にているか様子を見ながら、パネルはがしでカウルを浮かせます。

この手順3がリアカウル外しの全てとも言えます。最初はビクともしませんが焦って無理をしないようにしましょう。ダメなら一旦休憩するのも勇気です

諦めずに力を込めていると、 『ガコッ』と外れます。レベルアップの音が聞こえてきます。

手順3

手順4
赤丸部でフレームに引っ掛けてあったテールランプが、外れて少し後ろに下がった状態です。ここまでくれば、あとはこのまま後ろに引き抜くだけです。もう力は要りません。

手順4

手順5
一体で外したリアカウルとテールランプを切り離します。
左右3個つつ+ねじを外します。計6個外します。
これで、取り外し完了です。

手順5

まとめ

まとめ

じゃまなので、一旦テールランプだけ元に戻しておきました。
車体中央部にグランド取りハーネスが集まってて綺麗です。

PCXのカウル外しの困難さはウワサ道理です。

思いもよらないところにクリップやねじがあります。ノリや雰囲気だけで乗り越えられるものでは有りません。ツメを折ったりカウルを割ったりしないよう、必ず事前にイメージトレーニングをしてから作業に入りましょう。

PCXカウル脱着ノウハウ

PCXカウル脱着ノウハウをnoteにまとめました

すべてのカウルのツメの位置・方向からして、どうカウルを動かせばツメを折らずにカウルを外せるかを解説しています。

有料noteですが、カウルの値段よりずっと安い

ツメを折ってカウルを買い直すことを考えれば、直ぐに回収できます。

転ばぬ先の杖になるはずです。

全98ページのpdfです。

ここから入手をお願いします>>>ここから

目次

  1. メーターパネル
  2. フロントカウル
  3. サイドカウル
  4. リアカウル
  5. フロントフェンダー
  6. 番外.リアサスペンション交換フロントカウル

メンテ・カスタム 外装
スポンサーリンク

Amazonで5,000円以上のギフト券を買うと、1,000ポイント貰えるキャンペーン中です。

5,000円で1,000円貰えるので大変お得です。
0.5~2.5%もポイントも付きます。
ギフト券の有効期限は10年なので、期限切れになる心配も有りません。

Amazonチャージ 初回購入限定キャンペーン ギフト券

突然キャンペーンは終わるので、終わってたらごめんなさい。

ごくうをフォローする
PCXでGO!
タイトルとURLをコピーしました