タイヤに窒素を入る効果5選!【無意味ではないが体感は難しい】

メンテ・カスタム

タイヤに窒素を入てますか?

タイヤ交換すると、勧められることが多い。

ガソリンスタンドでも見かけることがあります。

窒素を入れると、何が良いの?

体感できるの?

そんな疑問を解消します。

窒素の効果5選

  1. タイヤ空気圧が減りにくくなる
  2. タイヤ・ホイールが劣化しにくくなる
  3. 温度による空気圧変化が小さくなる
  4. ロードノイズが小さくなる
  5. 心が安らぐ

体感は難しいけど、ネガも無い。

こんな内容を知ってスッキリしよう。

窒素充填は1,000円くらい。

今時、1,000円で満足できる娯楽は、まずありません。

窒素はカスタムとしてお手軽だし、ネガもありません

心が安らぐ!』のであれば、それも立派な効果です。

タイヤに窒素を入る効果5選!科学的根拠あるが、体感は困難

タイヤに窒素を入る効果5選!科学的根拠あるが、体感は困難

空気は窒素80%、酸素20%。

窒素100%にするとどう変わるのだろう。

一般的にタイヤに窒素を入れることで得られる効果は5つ。

オカルトでは無く、科学的に説明が可能な効果です。

体感できるか否かは、別次元の話です。

1.空気が抜けにくくなる

天然ゴムに対する、水素の透過率を100とすると、

  • 酸素の透過率は47
  • 窒素の透過率は17

株式会社パッキンランド公式を引用

確かに窒素の方が3倍近く天然ゴムを透過しにくい。

けれど、空気の75%は窒素、25%が酸素です。

25%の酸素の透過率が3倍あったとしても大勢に影響無いはず。

ブリジストンの比較データ

世界最大手のタイヤメーカーのブリジストンが窒素の抜けを調べた結果があります。

超一流企業なのに、突っ込みどころ満載。

ブリジストン公式を引用
  • 100日間で空気は、100kPa、42%下がる
  • 100日間で窒素は、60kPa、25%下がる

これを『100と60だから倍ほど差がある!』と言うのは、典型的なトリック。

何で60℃で試験してるの?

温度で加速させてるよね

温度による加速試験をする場面では無いはずです。

10℃2倍則を使って、20℃環境に直せば、変化量は1/8です。

  • 窒素の低下量60の1/8 ⇒ 7.5
  • 空気の低下量100の1/8 ⇒ 12.5

元々、240kPaあった空気圧は、20℃100日で12.5kpa (5%)低下という結果です

つまり

20℃環境で

空気だと100日間に5%空気圧が落ちるが

窒素だと半分の2.5%しか落ちない


一般的に、1ヵ月で5~10%程度空気圧は低下すると言われてます。

おおよそ実験結果と合います。

だから何?

2,3%抜けにくくなって、何か変わる訳も無い。


空気圧管理なら、マキタで楽々!

2.タイヤが劣化し難くなる

タイヤが劣化し難くなる

窒素には酸素が含まれていない

だから、酸化しない

イコール劣化しない


タイヤの劣化要因は、酸化でしたっけ?

タイヤ劣化の主要因は

摩耗と紫外線と熱ですよね?

  • タイヤの内側にだけ窒素を入れても、外側は何も変わらない
  • タイヤに窒素を入れても発熱は変わらない

だから、窒素を入れても、タイヤの劣化は変わらない。

劣化が気になるなら、バイクカバーを掛けた方がよほど効果があります。


タイヤ劣化については、ココ

3.温度変化で空気圧が変わりにくい

ボイル・シャルルの法則では、同じ温度なら同じ体積です。

理想気圧であれば、どんな気体でも体積は同じ。

しかし、これは理想気体での話。

実際には、気体の種類により体積は変わります。

なので、窒素を入れると温度で体積が変わり難くはなる可能性はある。


しかし、酸素・窒素は理想気体からのずれは1%未満です。

※10気圧程度までを想定

※大阪教育大学を引用

タイヤの温度が変わることによる空気圧変化は1%未満。

1%未満の差が体感できる訳が無い。

空気に含まれる水蒸気が温度により固体化する可能性もあります

低温により、水蒸気が氷になる場合です

氷になった分、空気圧が下がります

けど、走行中にそんな温度差が起きる?

4.ロードノイズを拾いにくい

ロードノイズを拾いにくい

窒素と酸素の伝導率の差を言ってると思われますが、

ロードノイズって、タイヤ内の気体を伝ってくるの?

空気を切り裂く音が、車体に伝わってるのじゃないの?

また、75%が同じ窒素で、顕著な差があるとも思えません。

5.心安らぐ

心安らぐ

カスタムは、基本的に自己満足の世界です

他人に迷惑を掛けずに、心安らぐのであれば、

何でもあり

タイヤに窒素を入れても、誰にも迷惑を掛けない

迷惑を掛けなければ

自分の稼いだお金を何に使おうと勝手です。

効果があると信じてバイクに乗れば、バイクだって答えてくれる。



オカルトチューンならココ

タイヤに窒素を入れ始めたのは、航空機

タイヤに窒素を入れ始めたのは、航空機

元々、航空機がタイヤに窒素を入れてました

車・バイクがマネた

航空機が窒素を入れる理由は3つ

  1. 酸素を含まないことで、火災リスクを減らす
  2. 酸化によるサビ劣化というリスクを減らす
  3. 空気中の水蒸気が、上空1万m マイナス60℃で凍るのを防ぐ

航空機のタイヤは、多くの乗客の命を預かります。

マイナス60℃という過酷な環境でもある。

※空気圧計メーカの旭産業公式サイトを引用

航空機は窒素を入れることで、わずかなリスクの芽を摘んでます

レースの世界でも同じ目的で使われているけど

市販車・バイクのタイヤと同一には語れない

タイヤに窒素を入る効果5選? まとめ

タイヤに窒素を入る効果5選? まとめ

窒素は、効果を実証するのは難しいけれど

1,000円で心が安らぐなら、2,3ヶ月毎に窒素を入れるのは正しい。

これも、カスタムです。


他人なんて、関係有りません。

他人に迷惑が掛かる訳でもない。

元々、カスタムは自己満足なのだから、OK!



併せて読みたい
バイクのオカルトチューンまとめ!幸せになれるカスタムグッズ7選
アマリングを安全に消す方法!【自意識過剰だけど、気になるなら】
バイクのウインカー消し忘れを防止する3つの方法!深堀もアリ
バイクウエアがダサいのは、中身の問題!【2ヶ月で体形は変えられる】
バイク保険の安さ比較!チューリッヒ、アクサ、三井ダイレクト

タイトルとURLをコピーしました