賃貸のコンテナ・ガレージがバイクの保管におすすめな3つの理由!

バイクコンテナバイク知識
photo by 加瀬倉庫

集合住宅に住んでいて、一番困るのがバイク置き場です。

バイク専用の置き場がある集合住宅は少ない。

あったとしても、台数が少なくて何年経っても空きが出なかったりします。

どこにバイクを駐車すれば良いの?


自転車置き場に置けば良いの?

そんな悩みを解消します。

自転車置き場に置くのは、トラブルになり易い。

スポンサーリンク

賃貸のバイクコンテナ・ガレージがおすすめ

バイクコンテナ・ガレージを賃貸するのがおすすめです。

バイクコンテナのメリット

  • 近隣トラブルにならない
  • 雨ざらしでバイクがサビる心配が無い
  • バイクへのいたずら、盗難の心配がない


デメリットはレンタル費用がかかること

しかし、レンタル費用はこの3つを加味すれば回収できる。

  • 近隣トラブルになり引っ越し費用が発生
  • カギなどの防犯対策グッズの購入費用
  • サビてないバイクは高く売れる
バイクコンテナ・ガレージのレンタルがおすすめ

賃貸バイクコンテナ・ガレージのメリット 3選

賃貸バイクコンテナ・ガレージの3つのメリットにつて詳しく見てみよう。

  • 近隣トラブルにならない
  • 雨ざらしでバイクがサビる心配が無い
  • バイクへのいたずら、盗難の心配がない

1.近隣トラブルにならない

国土交通省の「平成30年度マンション総合調査結果」によると

集合住宅での住居者間の3大トラブルは、この3つです。

  • 違法駐車・違法駐輪
  • 生活騒音
  • ペット飼育

自分専用のバイク置き場が確保できればいいのですが、駐輪場にバイクを置くのは何かとトラブルになり易い。

バイクの音がウルサかったり、子供が熱いマフラーに触れて火傷したり、自転車がたおれてきたり。

バイクは不良のレッテルを貼られてるので、標的になり易いのです。

バイクの音や置き場がトラブルになり、ノイローゼになったり引っ越しせざるを得なくなることは珍しく有りません。

近隣住民とトラブルになって引っ越しとなると、引っ越し費用・敷金・礼金など多額の出費になってしまう



バイクコンテナなら、近隣トラブルになる心配が無い。

バイクコンテナのレンタル代は月1万円程度なので、引っ越し代のほうがはるかに高い。

スポンサーリンク

2.雨ざらしでバイクがサビる心配が無い

近隣住人の白い目に耐えながら、集合住宅の片隅にバイクを駐車します。

自転車置き場があればましな方です。

集合住宅の片隅に置くことになるかもしれない。

当然、まともな屋根があるはずも無い。

駐輪場の屋根は形ばかりです。

雨や直射日光にさらされると、バイクはあっという間にサビてボロくなる。

点サビが出て来て、樹脂は白くなってしまう。

サビないようにバイクカバーを掛けても、雨ざらしだと中がムレてサビやすい。

バイクを買い換えようとしても、サビているバイクは安値で買い叩かれる。

バイクカバーを買い換える費用もバカにならない。



バイクコンテナなら、雨や紫外線劣化の心配が無い。

バイクコンテナのレンタル代は月1万円程度なので、サビによる値落ちの方がはるかに高い。

3.バイクへのいたずら、盗難の心配がない

近隣住人の白い目に耐えながら、集合住宅の片隅にバイクを駐車しても

バイクは、盗難に遭い易い。

平成30年のデータによると、バイク新車の4.6%が盗難に遭ってます。

 盗難率検挙率犯人が少年の割合
0.16%49%18%
バイク4.6%17%88%

警察庁犯罪統計 (平成30年1月~12月)

バイクは、車の30倍近く盗難に遭い易い。

捕まった犯人の88%は20歳以下の少年です。

逆に言えば、少年しか捕まらない。

本気の窃盗団は捕まらないのです

当然、盗まれたバイクはそれっきり出てこない。

少年が盗んで捕まったとしても、まともな姿では返って来ません

犯人が少年の場合、犯人の名前を教えて貰えないことも有ります

あり得ません!

自衛するしか無いが、カギを何個も買ったりアラームをつけたり。

防犯対策の出費は少なくない。

バイクが盗まれたら、大損害です

防犯対策に費やす費用もバカにならない。


バイクコンテナなら、盗まれる心配は無い。

バイクコンテナのレンタル代は月1万円程度なので、盗まれて買い換える方がはるかに高い。

バイクへのいたずら、盗難の心配がない

バイクコンテナ・ガレージの選び方 4選

バイクコンテナ・ガレージを賃貸するときに気を付けることはつ。

  • 設置場所
  • 初期費用、毎月のレンタル費用
  • バイクコンテナか汎用コンテナか
  • コンテナのサイズ選び

どれも大切なことなので順に説明します。

1.賃貸バイクコンテナ・ガレージの設置場所

賃貸バイクコンテナ・ガレージと自宅との距離。

歩いて20分以内で行ける距離が理想ですが、ムリなら自転車などでの移動も考えよう。

週末のツーリングだけなら、ある程度離れていても許容できます。

しかし、通勤・通学だと死活問題。

コンテナが広くて、ヘルメットなどを置けるスペースが有ればいいけれど

バイクウエアフル装備で歩いていると、危ない人と思われるかも。

もちろん、ヘルメットは脱いで歩こう。

多少高くても、自宅近くの物件を選ぶことをおすすめします。

スポンサーリンク

2.賃貸バイクコンテナ・ガレージの初期費用、毎月のレンタル費用

賃貸住宅の初期費用に比べると、賃貸バイクコンテナの初期費用は安い。

通常、初期費用は3ヶ月分の賃貸料相当です

しかし、タイミングが良いとキャンペーンにより割引になることもあります。

初期費用の詳細

  • 当月分の日割り分と次月分の使用料
  • 事務手数料 : 1ヵ月分
  • メンテナンス費用 : 5、000円程度
    カギを付け替える費用
  • 火災と盗難による被害補償料:500円/月程度
  • 管理費 :800円/月程度

全部合わせると大体3ヶ月分の賃貸料金

キャンぺーん中に当たれば、3ヶ月⇒1ヶ月になるかも

毎月のレンタル費用詳細

  • 使用料:1万円程度
  • 火災と盗難による被害補償料:500円/月程度
  • 管理費 :800円/月程度

物件によっては最初の3ヶ月~6ヶ月は半額になるキャンペーンもある

3.バイクコンテナと汎用コンテナの違い

屋外設置の賃貸コンテナには、バイク用と汎用コンテナの2種類あります。

2つの違いは、この3つだけど決定的には違わない。

バイク用が満車なら、汎用コンテでもバイク収納に使えことも有る。

  • 入り口の段差
  • 入口前のスペースの広さ
  • 入り口開口部の広さ

バイク用は、これらが考慮されているのでバイク用の方がベター。

しかし、絶対数が少ないので汎用コンテナも視野に入れて探そう。

入り口の段差

バイクコンテナの床面と地面の高さの差、段差への対応が違う。

バイク専用コンテナには、スロープが常備されているものも有ります。

汎用コンテナは、プラスチックのスロープを自分で用意する必要がある。

入り口の段差
photo by kase

汎用コンテナの場合は、スロープを自分で用意する。

まあ、そんなに高いものでも無いので許容範囲。

入口前のスペースの広さ

バイクコンテナの前に広いスペースが無いと、バイクを入れるのに苦労するかも。

入り口前にスペースがあると、ちょっとしたバイクメンテも出来るので便利です。

汎用コンテナには、狭い通路しかないタイプも有るので注意が必要。

もちろん、2階の汎用コンテナは問題外。

入口前のスペースの広さ
photo by ドッとあ〜るコンテナ

入り口開口部の広さ

汎用コンテナには、狭い扉しか無くてバイクを入れ難いものも有るので注意。

入り口開口部の広さ
photo by ドッとあ〜るコンテナ

4.バイクコンテナ・ガレージのサイズ選び

バイクコンテナや汎用コンテナには0.5畳~4畳程度まで色々なサイズがあります。

サイズ選びは、レンタル費用と置くものの天秤です。

  • 狭ければレンタル費用が安い
  • 広ければ、ヘルメットやメンテ用品も置ける

1.5畳タイプ

バイクさえ入ればOKならミニマムなサイズです。

狭いので、出し入れのときに人が寄り添うので一杯いっぱい。

バイクコンテナ・ガレージのサイズ選び
photo by ドッとあ〜るコンテナ

2畳タイプ

2畳あれば、余裕を持って出し入れできる。

洗車道具や油脂類くらいなら隅に置くことも可能。

バイクコンテナ・ガレージのサイズ選び2
photo by ドッとあ〜るコンテナ

3畳タイプ

3畳あれば、楽勝です。

バイク1台には贅沢なスペースです。

ヘルメットやメンテ用品を置く棚も設置できる。

バイクコンテナ・ガレージのサイズ選び3
photo by ドッとあ〜るコンテナ

おすすめの賃貸バイクコンテナ・ガレージ 4選

賃貸のバイクコンテナ、ガレージ会社のおすすめはこの4社。

いずれも、実績があり取扱件数も多く、信頼できる。

4社で費用や条件は大きく違わない。

自分の住んでいる場所の近くのバイクコンテナ、ガレージであることが最優先。

いずれの会社であっても条件に大差ないので、近い物件を選べばいい。

1.ドッとあ~るコンテナ

主に関東、東海、九州で展開しているコンテナ会社

  • 初期費用 最大2ヶ月分割引
  • 賃料6ヶ月 半額
  • 頑丈で強固なキーロック
  • 防犯カメラ設置

バイク用ガレージと汎用コンテナの2種類ある。

バイク用ガレージは、折りたたみスロープが装備されてたり、奥行きがありバイク収納しやすくなっている。

また、最初から収納棚が設置してあるので便利です。

しかし、数が限られていうので自宅の近くに無い場合も多い。

汎用コンテナでもバイク収納可能なので、バイク用ガレージにこだわる必要は無い。

あれば、『ラッキー!』と考えよう。

トランクルームならドッとあ~るコンテナ

2.加瀬のレンタルボックス

全国1,300ヶ所、65,000室以上を全国展開している大手コンテナ会社

  • 物件により3ヶ月~6ヶ月半額サービス
  • 3ヶ月90%割引物件もあり
  • 汎用コンテナの場合は、スロープを無料レンタル
  • 屋内共同型スペース型もあり
  • 格安の屋外バイク駐車場もあり

屋内共同型スペースは、屋内スペースを複数の人が共同で利用するタイプの駐車場。

契約者以外は入れませんのでいたずらや盗難の心配が無い。

加瀬のレンタルボックス
photo by kase

一方、コンテナでは無く、格安の野外のバイク駐車スペースもある。

色々なタイプが選べるので迷う。

【加瀬のレンタルボックス】

3.スペースプラス

バイクコンテナは、関東、中部、関西で展開

  • 物件により、賃料3ヶ月分をサービス
  • バイクコンテナはシャッター扉で開口が広いが物件は少な目
    スロープ・棚板を標準装備
  • 汎用コンテナは全国展開しており、バイク収納も可能

バイクコンテナは数が少ないので、汎用コンテナにバイク収納となることが多そう。

『トランクルーム』『コンテナトランク』レンタル収納スペースのスペースプラス

4.ハローストレージ

全国に1,900物件 96,000室以上で業界No.1の会社。

  • web契約割引あり
  • 物件により3ヶ月半額サービス
  • 個別コンテナのボックスタイプ
  • 屋外のパーキングタイプ
  • 電源コンセント設置の屋内共有ガレージタイプ と多彩

北海道から九州まで展開する大手コンテナ会社なので、タイプが物件が多彩です。

近くで好みの物件が見つかり易い。

ハローストレージ

ハローストレージ

賃貸のコンテナ・ガレージがバイクの保管におすすめ まとめ

集合住宅にお住まいで、バイク駐車場所の確保が難しいなら賃貸のコンテナ・ガレージがおすすめです。

バイクコンテナのメリット

  • 近隣トラブルにならない
  • 雨ざらしでバイクがサビる心配が無い
  • バイクへのいたずら、盗難の心配がない

レンタル費用が1万円/月程度掛かるのがデメリット

しかし、上記3つのトラブルを避けられるのなら十分回収できるともいえる。

賃貸のバイクコンテナ、ガレージ会社はこの4社。

いずれも、実績があり取扱件数も多く、信頼できる。

4社で費用や条件は大きく違わないので、近い物件を選べばいい。

集合住宅におけるバイクの心配は、賃貸のコンテナ・ガレージで解決できます

近隣トラブルや、盗難、サビを考えると、賃貸料金は高くは無い。

バイク知識 盗難対策
スポンサーリンク

Amazonで5,000円以上のギフト券を買うと、1,000ポイント貰えるキャンペーン中です。

5,000円で1,000円貰えるので大変お得です。
0.5~2.5%もポイントも付きます。
ギフト券の有効期限は10年なので、期限切れになる心配も有りません。

Amazonチャージ 初回購入限定キャンペーン ギフト券

突然キャンペーンは終わるので、終わってたらごめんなさい。

ごくうをフォローする
PCXでGO!
タイトルとURLをコピーしました