【対向4POT】MTBのディスクブレーキはPCXよりハイスペック

ブログ
スポンサーリンク

散歩用にMTBを持ってます。

そのMTBには、生意気にディスクブレーキが付いてます。

先日、そのブレーキのブレーキパッドが寿命になったで交換しました。


たかが自転車のディスクブレーキと

侮ってませんか?


油圧 対向4POT』。

PCXの片押しブレーキよりハイスペックなのです。

スポンサーリンク

MTBの油圧対向4POTディスクブレーキ

MTBのフロントディスクブレーキ

シマノ XTグレードの「BR-M755」です。

シマノ初の油圧ディスクブレーキ

10年前の発売当時は奪い合いになった逸品です。

当時としては画期的な対向4POTを採用し、そのスペックで世間を驚かせました。

片押しと対向のちがいは>>>ここに

ブレーキパッドを外すと、小さなピストンが2つ並んでるのが見えます。

上が新品のブレーキパッド、下が使い古したブレーキパッドです。

良く見るとバックプレートまで削れてます

「キーキー」鳴るはずですね

ローターにそれほどダメージが見当たらないのでセーフということにしておこう。

パッドの大きさ

パッドのサイズは、ボールペンと比べると解り易い。

指の先ほどの大きさで、バイクのブレーキパッドと比べるとオモチャのよう。

運動エネルギーは、F=1/2mV2 なので

  • バイクは、バイク200kg+人60kgで  260kgがMAX 100km/h
  • MTBは、バイク20kg+人60kgで  80kgが MAX 40km/h

と仮定すると

バイクはMTBの20倍の運動エネルギーになります

両者のブレーキパッドの大きさを比べると、

20倍くらいなので、イイ線いってます

注:摩擦力は面積と関係無いとか、子供みたいな反論は受け付けません

MTBのリアディスクブレーキ

リアも同じく、シマノ XTグレードの「BR-M755」です。

生意気にパッドピンも付いてます

リアはピストンが結構汚れてますが、面倒なので見なかったことにします。

パッドもまだ残ってたので、チョット磨いて元に戻します。

リアのブレーキはあまり使わないので、これでOK。

MTBもピストンの揉みだしはしません。


揉みだしが要らない理由は>>>ここに

ブレーキパッド交換終了です。

ついでに、ブレーキオイル交換は?


自転車の油圧ブレーキはオイル交換がトンデモなくド面倒です


ブレーキケーブルが細いので空気が抜け辛く、

タッチが出るまで死ぬほど時間が掛かるのです

メンテが下手なだけかもしれませんが、面倒なので見なかった事にします。

最後にフクピカで全体を磨いたら

メンテ完了!

これでまた、しばらく楽しませてくれるでしょう。


水なし洗車なら>>>こちらに

自転車のヒエラルキー

バイクの世界では、排気量のヒエラルキーが幅を利かせています

125ccバイクはハーレーが後ろから来たら

端に寄って、正座して道を譲らねばなりません

冗談でなく、


本気でそう考えているハーレー乗りが居るから困る

一方、自転車の世界ではホンダ・ヤマハにあたるCOLNAGO、Pinarelloと言ったフレームメーカのヒエラルキーとともに、コンポがヒエラルキーを作ってます。

コンポとは、ブレーキレバー・変速機・クランク・チェーンなど

フレームに付ける部品のこと。

SHIMANO

ロードバイクではシマノとカンパ、2つのコンポメーカーがしのぎを削ってます。


一方、MTBはシマノ(SHIMANO)の独占状態。

シマノは日本のメーカーで、ご推察の通り「島野」さんが起こした会社です。

MTBのコンポは、レースで使われるような最上級の「XTR」から街乗りナンチャッテMTBで使われる普及品の「tourney」まで多くのグレードが有ります

ベースはシマノ公式を引用


週末サイクリングに「XTR」が必要とも思えませんが、

そこは週末ツーリングにリッターSSを使うのと同じです。

趣味のものに必要とか、使いこなすとかは関係有りません

XTRをチョット足している

という訳で?

このMTBにも、自転車の顔と言えるチェーンリングに最上級の「XTR」を使ってます。

財力の関係で、「XTR」と「XT」のミックスコンポで組み立てました。

通常、自転車はコンポのグレードを揃えます

「XTR」で組むなら

  • ブレーキレバー
  • 変速機
  • クランク
  • チェーン など

全てのパーツを「XTR」で揃えるのが普通です。

ブレーキは「XT」、クランクは「XTR」のようにグレードを混ぜることを『ミックスコンポ』と言い、邪道とされてます。

これもヒエラルキーの一つかもしれません。

最近のMTBコンポ

ブレーキパッド交換のため、久々に自転車関連のサイトを眺めて驚きました。

時代はアッという間に変わってます。

昔は、前3速×後9速=27速のギアが標準でした。

今は、前2速×後12速=24速なのですね。

自転車はバイクと違い、出力が足だけなのでパワーバンドが狭い

細かくギア比を変えないと効率よく走れません。

それにしても、後ろ12速とは驚きです。

27でも24でも同じで、素人に使いこなせるとは思えませんが

そこは、「趣味のものに・・・・」(既出)

「ギアの多さでカバー」という理屈からすると


バイクも排気量が小さくなるほどギアが増えても良さげですが

現実には小排気量は4速とか5速とかで、ギアが減ってる

コストですか?

MTBのディスクブレーキはPCXよりハイスペック まとめ

以前、バイクを降りていた時期にハマっていたのが自転車です。

当時は、MTBブームだったのでMTBで山に入ってコーヒーを飲んでました。

MTBがバイクに変わったけれど、やってるは今も大して変わってません。

これは、

成長していなのだろうか?

アイデンティティを維持してるのだろうか?



※メンテ後、試走の名古屋港にて著者近影
芥川賞作品のような、このコメントを1度やってみたかった


このマスクについては>>>こちらに
バイクのディスクブレーキなら>>>こちらに
水なし洗車なら>>>こちらに
水アリ洗車なら>>>こちらに

ブログ
スポンサーリンク

Amazonで5,000円以上のギフト券を買うと、1,000ポイント貰えるキャンペーン中です。

5,000円で1,000円貰えるので大変お得です。
0.5~2.5%もポイントも付きます。
ギフト券の有効期限は10年なので、期限切れになる心配も有りません。

Amazonチャージ 初回購入限定キャンペーン ギフト券

突然キャンペーンは終わるので、終わってたらごめんなさい。

ごくうをフォローする
PCXでGO!
タイトルとURLをコピーしました