バイクの花粉症対策7選!フルフェイスで使えるおすすめマスク・ゴーグル

トリビア
photo by NAROO MASK

春は、バイクシーズンの始まり!

けれど、花粉症のバイク乗りには厳しい季節です。

目は充血してゴロゴロ、

鼻水ダラダラ、

咳で喉はガラガラ。

ヘルメットをしてても、隙間から花粉が入り込む。

ヘルメットをしてても

使える花粉症対策あるの?

そんな疑問を解消します。

花粉症に悩むバイク好きが、

バイク楽しむための対策・対策グッズをご紹介します。

スポンサーリンク

フルフェイスヘルメットと花粉症対策 6選

フルフェイスに干渉しない花粉症対策 6選

  1. フルフェイスに対応したマスク
  2. フルフェイスに対応したゴーグル
  3. ヘルメットの洗浄
  4. ツーリング前は刺激を抑える
  5. サプリメント
  6. 医師の診断

花粉に悩む人は年々増えていて、今や日本人の2人に1人は花粉症です。

せっかく雪が解けて、走れるようになっても

今度は花粉で走れない。

花粉の時期は、バイクに乗っていても鼻水や涙が止まらず、楽しめない。


花粉対策用のマスク・ゴーグルは数々あります。

けれど、フルフェイスで使えるマスク・ゴーグルは見かけない

フルフェイスヘルメットを被ると、干渉してズレてしまう。

そんな悩みを解消します。

  • マスクをしやすい
  • SGマーク付き
  • 2,000円以下
  • Amazonで大人気

一見、良さそうだけど、

マスクのために半ヘルに変えるのは、ダメ、絶対。

スポンサーリンク

花粉症対策マスクは、NAROO

マスクでの花粉症対策

NAROOは、サイクリング・ランニング・クライミングといったアウトドアスポーツ用の紫外線よけ・虫よけマスクとして知られています。

そんなNAROOマスクに空気中の花粉や微粒子をフィルターする機能を追加したのがFシリーズです。

NAROOのFシリーズは、2種類

  1. ノーマルのF5s
  2. 防寒性能を追加したF5

1.NAROO F5s

花粉症対策マスクは、息苦しくないように背の高いものが多い。

そのためヘルメットがフルフェイスだと、マスクと干渉してしまいます。

しかし、NAROO(ナルー)の Fシリーズなら干渉しない。

花粉の大きさ(20~30μm)の1/10のPM2.5だって99.9%通しません。

2.NAROO F5

NAROO F5
ワールドサイクル ウェアハウス
¥ 4,620(2021/04/29 20:36時点)

F5sに防寒性能を追加したのがF5です。

NAROOのデメリット

まずはデメリットから紹介します。

アウトドアスポーツで使えることが、デメリットです。

NAROOは、花粉や微粒子カットとスポーツ用途の両立を目指してます。

だから、大きなフィルターが付いた専用マスクに防御力は劣ります

従って、このマスクが全ての花粉症の人をストレスフリーにする訳では有りません。

症状によっては、このマスクでは不十分な方も居られるはずです。

しかし、専用フィルターを使った大きなマスクがフルフェイスに入らないのも事実です

微粒子までカットするNAROOなら、コロナの飛沫もカットしてくれるしね。

NAROOのメリット

バイクで使える花粉対策マスクと言えば、RESPROが定番でした。

しかし、ネガも有ります。

RESPROのネガ

  • 使っているとズレてくる
    耳掛けではないので、ずり落ちてくる
    ずり落ちないように強く締め付けると痛い
  • 息苦しい
  • フィルター交換が必要
    交換フィルターが1,000円以上/枚と高い
  • 重い
    重量があるので、気になります

NAROO はこれらのネガを克服しています

  1. ズレない
  2. 息苦しくない
  3. フィルター交換不要

1.ズレない

耳に掛けるタイプですので、使っている内にずり落ちてくる事が有りません。

NAROOは元々アウトドアスポーツ用のマスクですので、ズレに強くて当たり前です。

2.息苦しくない

アウトドアスポーツ用のマスクが息苦しかったら、話になりません。

このマスクをしてサイクリング・ランニング・クライミングといったアウトドアスポーツで使うのですから、バイクで息苦しい訳が無い

3.フィルター交換不要

使ったら、中性洗剤で手洗いするだけで繰り返し使えます。

フィルター交換によるランニングコストは発生しません。

マスクは隙間が有ると意味がない

マスクは隙間が有ると意味がない

どんなに高性能な除去フィルタが付いていても、マスクと顔の間に隙間があると漏れてしまい、意味が有りません。

耳が痛く無くて、キレイな色のマスクが色々と売られています

どのマスクも花粉除去率99%と書いてあります

しかし、実体は漏れが多くて花粉除去出来てません

国民生活センターのテストでは、 市販の9品中7品のブリーツ型マスクは80%が漏れています。

マスクは隙間が有ると意味がない
国民生活センター を引用

国民生活センターのテストでは、市販の6品中3品の立体型マスクは60%が漏れています。

マスクは隙間が有ると意味がない2
国民生活センター を引用

一方、NAROOは 鼻の部分にはフィッティングがあり鼻筋からの侵入を防ぎます。

また、ポリエステル/ナイロンの柔らかい素材で出来ており、頬に馴染んでフィットします。

鼻・頬からの侵入を防ぎながら、スポーツで使用しても息苦しくない通気性も備えています。

NAROOは、鼻・頬といった漏れやすい場所から漏れ難いよう対策されています。

スギの木が多い理由

終戦後、復興のために木材が大量に必要でした。

成長が早く建材に使いやすいスギの栽培を国が推奨したので、スギだらけになったのです。


一方、沖縄は終戦後もしばらくはアメリカ統治でした。

このため、スギを推奨する日本の政策が届きませんでした。

だから、沖縄にはスギがほとんど有りません。

結果、沖縄は日本1花粉症の人が少ない県になりました。

花粉症対策ゴーグル

花粉症対策ゴーグルは、SUOMY

花粉対策は防寒対策に似ています。

何か1アイテムで全てが解決するような、魔法のアイテムなど有りません。

マスク、ゴーグルといった対策アイテムの積み重ねが必要なのは、言うまでもない。

SUOMY

ドラッグストアで見かける花粉メガネは、ゴーグル的な囲いが付いています。

このタイプはヘルメットと干渉する事が多く、使えません。

自転車レース用のサングラスから気に入った形のものを探すと見つかり易い。

自転車レース用のサングラスはラウンド形状です。

ヘルメットと干渉し難くバイクに合います。

EnzoDate

バイク用なら、コレ。

風除けのための工夫があるし、偏光レンズが入っているタイプもあります。

オフロード用ゴーグル

オフロード用のヘルメットで、ゴーグルという手もアリ。

バイクを選ぶけどね!

昆虫系の尖ったSSバイクに、オフロードヘルメットというのは、止めた方が良い。

マスク・ゴーグルだけでは花粉から逃げられない

マスク、ゴーグルのような直接的な防御以外にも、出来ることは多い。

  1. ヘルメットの洗浄
  2. ツーリング前は刺激を抑える
  3. サプリメント
  4. 医師の診断

1.ヘルメットの洗浄

ツーリングから帰ったら、ヘルメットは花粉にまみれてる。

除菌シートでシェルを拭うとともに、内装を丸洗いしよう。

内装が取り外せるタイプなら、家で簡単に洗えます。

ヘルメットで、気になると言えばこっちも気をつけよう。

後悔先に立たず、だからね!

2.ツーリング前は刺激を抑える

刺激により血管が膨張すると、花粉症の症状が出やすくなります

  • タバコ
  • お酒
  • 香辛料
  • 過労、ストレス
  • 睡眠不足

ツーリング前日はこれらをなるべく控えて、早めに寝よう。

3.サプリメント キユーピー ディアレ

キユーピー ディアレ   花粉  サプリ サプリメント
キユーピー栄養補助食品
¥4,440 (¥74 / 粒)(2021/05/11 07:49時点)

サプリで体質改善して免疫力を高めるのも、花粉症対策の1つ。

日本初、鼻の不快感を軽減する機能性表示食品が、キユーピーの ディアレ。

4週間、摂取し続けると鼻の不快感が軽減できることが、ヒト試験で実証されている。

薬では無いので過度な期待は禁物だけど、

Amazonで絶賛されているのは、気になる。

飲むと飲まないとでは、くしゃみの回数が違います。
時期的にも、色々な意味でなくてはならない存在に!
リピート決定です。

Amazon レビューを引用

花粉症なんですが、飲むと和らぎます。

Amazon レビューを引用

4.医師の診断

花粉症が収まらないのであれば、

市販薬をアレコレ買い漁って難民になる前に、

医師の診断を受けた方がいい。

  • どの花粉が原因なのか
  • 自分にはどんな選択肢が有るのか

バイクの花粉症対策6選 まとめ

人には、それぞれ花粉のキャパがあるそうです。

今は平気も、蓄積されてキャパを超えると、明日には症状が出るかもしれない

マスク・ゴーグルといったアイテムを使うのは、蓄積を抑えること

体質改善して免疫力を高めるのは、キャパを増やすこと

両輪をうまく回すしかありません。

花粉症の症状が無いからと言って、油断してると後悔するかも!


逆に60歳を超えると、花粉症は和らぐそうです。

花粉の刺激に、体が気付かなくなる。

嬉しいいような、かなしいような。


併せて読みたい

タイトルとURLをコピーしました