なぜ、まだブレーキキャリパーのピストンを揉み出ししてるの?

Disc brakeブレーキ
スポンサーリンク

ディスクブレーキのメンテナンスと称して、

  • ブレーキキャリパーを外して
  • ピストンにメタルラパーとかシリコングリスを塗りたくって
  • ピストンを出したり入れたり回したり

揉み出し~!!

こんなことを、いつまでやるつもりですか?

何のために揉み出しをしているの?

なぜ、ブレーキのメンテに揉み出しが不要なのか、お教えします。

長年やってたとしたら、残念

スポンサーリンク

揉み出しすると、ピストンが戻らない

ピストンにいろいろ塗りたくって揉み出すと

ピストンの滑りが良くなります。

揉み出すとピストンの滑りが良くなって

戻らなくなりブレーキを引きずります


揉み出さない方が良い

揉み出しすると

ディスクブレーキのしくみ

ディスクブレーキの構造を知れば、理由がわかります。

ディスクブレーキで止まれる理由

油圧ディスクブレーキのレバーを握ると

  1. ブレーキフルードに圧が掛かる
  2. ブレーキキャリパーのピストンに圧が伝わる
  3. ピストンが押し出される
  4. ブレーキパッドがローターに押し当てられる
  5. パッドとローターの摩擦でバイクが止まる

ここまではOKですよね。

パスカルの原理ってやつです。

ディスクブレーキで止まれる

レバーを放すと、ブレーキが解放される理由

では、なぜブレーキレバーを放すとブレーキが解放されるのでしょうか?

実は、ブレーキを掛けたときにピストンはイヤイヤ動いてます。

  1. ピストンはオイルシールでガッチリ保持されてる
  2. フルードに圧が掛かって、ピストンが押される
  3. オイルシールが変形して、無理やり動かされる
レバーを放す

ブレーキレバーを放すと

  • フルードの圧が無くなる
  • 変形していたオイルシールが元にもどろうとする
  • ピストンとオイルシールに摩擦がある
  • ピストンが道連れで元の位置に戻る
  • ローターからパッドが離れる

オイルシールとの摩擦でピストンはローターから離れます

ピストンがローターの両側にあって、両側から押すのが「対向キャリパー」。

反対側が壁でピストンが片方にしか無いのが「片押しキャリパー」

「片押しキャリパー」は安物に思われがちだけど、制動力は同じです

何が違うかと言うと、「フィーリング」です

ブレーキが解放される

ここまで来れば

ここまで来れば、揉み出しが不要な理由は解ります。

ブレーキレバーを放したときに

ピストンとオイルシールに摩擦が無いと

ピストンが置いてけぼりになるのです

メカニズムが解ったら、揉み出しと称してメタルラバーやシリコングリスを塗りたくるのはやめよう。

メタルラバーの使い道を間違えてます。

ブレーキキャリパーを組み立てるときに、オイルシールをピストンに通します。

オイルシールを傷つけてオイル漏れを起こさないために

ピストンにメタルラバーを付けて滑りを良くして組み立てます。

組み立て終わったら、摩擦があった方が良いのです。

メタルラバーは不要です。

メタルラバーで摩擦を無くすと、ブレーキレバーが軽くなります

なんか、メンテした気分・タッチが良くなった気分がします

いい気分になりたければ、ガンバって揉み出ししよう

『ブレーキキャリバー』と『ブレーキキャリパー』

 のどっちを使いますか?

caliper:ディスクブレーキを両側からはさみつけてブレーキをかけるもの
caliber:口径。直径,内径

goo辞書

ブレーキキャリーが正解です。

間違えているサイトは結構あります。

  • 約 3,950,000 件  ブレーキキャリバーgoogle検索結果
  • 約 16,200,000 件  ブレーキキャリパーgoogle検索結果

20%は間違えてる・・・。
英語の授業は大切ですね。

ここまで来れば

ピストンの出かたが違うのは?

なぜ、揉み出しをしてしまうのか?

ピストンの出かたが違うのが気持ち悪いからだと思われます。

2ポットキャリパーは、1つのキャリパーに2つピストンがあります。

4ポットなら4つ。6ポットなら6つ。

6ポットが必要なバイクがどんなバイクか解りませんが、エア抜きが大変そうです。

揉み出して


全部のピストンが同時に出てくると

 

なんか嬉しい!

揉み出す前後で、ブレーキレバーを放したときのピストンの戻る量を見てますか?

戻る量が減ってませんか?

オイルシールの摩擦という、管理しにくい性能でピストンの出入りが決まります

4つのピストンが同時に出入りする方がオカシイ

ピストンだって、オイルシールだって工業製品なので公差はあります

全く同じじゃない

無負荷での出入りなんてどうでもいい影響なし

キャリパーのメンテナンス

揉み出し以外は普通のメンテナンスで問題有りません。

  • キャリパーを外す
  • ブレーキパッドを外す
  • ブレーキレバーを握ってピストンを出す
  • 水洗いでブレーキダストなどを取り除く
  • ピストンにこびり付いた異物・サビを歯ブラシなどの柔らかいもので磨く
  • ブレーキレバーを握ってピストンの出入りを見る
  • ピストンの異物・サビが取れない
  • ピストンが固着して動かない
  • ピストンが戻らない


こんな時はバラシてオーバーホールしよう、メタルラバーで誤魔化さない

  • オイルシール交換
  • ピストン研磨

ブレーキキャリパーのピストンを揉み出し まとめ

揉み出してる暇が有ったら、オイルシール交換しよう

まとめると、1行で終わってしまいます。

キャリパーのオーバーホールは敷居が高そうですが、やってみると大したことありません。

ただし、固着しているピストンを外すのは難しい

ピストンを再利用しないなら力ずくで構わない。

再利用するなら、そこだけショップでエアツールを借りるのかおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました