マスツーリングとソロツーリングのメリット・デメリット【どっち?】

マスツーリング、ソロツーリングトリビア

Amazonで10人に1人 5万ポイントが当たる

2022年11月18日~12月16日

Amazonで10人に1人が5万ポイント貰えるキャンペーン実施中です

エントリーしないのは勿体ない!

⇒ Amazon公式 キャンペーン

運試ししませんか?

みんなでワイワイ過ごすマスツーリング。

1人で気ままに過ごすソロツーリング。

どっちが好みですか?

みんなか、1人かは解るけど

楽しみ方が違うの?

そんな疑問を解消します。

  • マスツーリングは、人を楽しむもの
     共有することで楽しさ2倍だけれど、めんどうも2倍
  • ソロツーリングは、1人を楽しむもの
     責任と権限が全て自分に与えられた王様

それぞれのメリット・デメリットを知って、気分で使い分けよう!

こんな内容を知って、スッキリしよう。

気分で使い分けるのも良いし、好みの方を追求するのもいい。

楽しんだもの勝ちです。

マスツーリングとソロツーリングの違い

ソロツーリング
 マスツーリングソロツーリング
メリット共有で楽しさ2倍気の向くままに自由
デメリット自由に出来ないめんどうさ誰も助けてくれない

いきなり結論を言ってしまえば、『共有』と『自由』の違い。

あなたがどちらを求めるかで、使い分けると幸せになれる。

けれどもし、あなたが全くの初心者なら、ソロツーリングがおすすめ。

1人の不安はあるだろうけど、他人に染められてしまうのは勿体ない。

初心者がマスツーリングに行くと老害の餌食

初心者がマスツーリングばかりなのは、モッタイナイ

老害の餌食になってしまう

マス・ソロそれぞれにメリット・デメリットがあるけれど

初心者にマスツーリングを勧める人は多い

  • 初心者はトラブル時も助けて貰えるのでマスツーリングへ
  • 初心者はツーリングノウハウが無いからマスツーリングへ
  • 初心者は仲間を見つけやすいからマスツーリングへ

トラブった時に助けてもらえる安心感は、解ります。

けれど、初心者こそ1人で悩んで欲しい。

振り返れば、最初の手探りが一番楽しい。

発見は、楽しい

発見の楽しさを、老害なんかに手渡しちゃダメ。

自分のスタイルは、発見でしか作れません。

本当にトラブったら、

  • 女子ならオヤジがやってきて助けてくれる
  • オヤジなら、ロードサービスを呼べばいい

何とでもなります。


ロードサービスに入ってないと、詰むからね。

ソロツーリングのメリット・デメリット

ソロツーリングのメリット・デメリット

ソロツーリングは孤独を楽しむものです。

  • ソロツーリングのメリットは、自由なこと
  • ソロツーリングのデメリットは、自己責任なこと

ソロツーリングのメリットは、自由

素の自分

全て自由

休憩せずにタンクが空になるまで走り続けても良い。

気になるものを見つけて脇道にそれても良い。

カーブをイメージ通り抜けられたことを喜んでも良い。

峠を越えたとたんに季節が変化したことを喜んでも良い。

どこで何をしようが、何でもアリ。

(※人の迷惑になるのはナシ)


素の自分に戻れる

素の自分に戻れる

良いお父さん、仕事のできる先輩、優しい夫。

いろんな役をこなすうち、本当の自分が誰だったか思い出せなくなってませんか?

いろんな仮面をつけないと、生きていけない。

どれが本当の顔だったかも忘れてませんか?

なんて、カッコつけても1人。

全てをリセットしてくれるのが、バイクです。

そんなバイクに出会えたことが、喜びです。


自撮り棒にもなるミニ三脚があると、Lowアングルやバイクとの2ショットも残せる。



バイクの写真ばかり撮ってませんか?

寂しい。

自分の記録も残そう!

ソロツーリングのデメリット

ソロツーリングのデメリット

全てが自己責任

  • 山奥でガス欠しても、1人
  • 立ちゴケしてレバーを折っても、1人
  • 携帯圏外で道をロストしても、1人

今日、ここにいることなんて誰も知りません。

全て自分で何とかしよう

誰も計画してくれない

何処へ行くか、どんなルートで行くか、何処で休憩するか。

誰も計画してくれません

マスツーリングのように着いて行くだけ、の気楽さは有りません。

けど、気の向いた場所でコーヒーを沸かす自由は、手放せない。

走るのが楽しくて気が付くと山の中でご飯を食べ損ねることも多い。

チョットした保存食もあると、助かるかも。


目的地に困ったら、コレ。

ソロツーリングで聞きたいBGM

ボビー ヴィントンの『ミスターロンリー』

1人でバイクに乗るときは、是非この歌を聞いて欲しい。

「Lonely, I’m Mr. Lonely,I have nobody for my own.」


「寂しい、僕はミスターロンリー。まわりには、誰もいない」

最初のフレーズでノックアウト!

甘くハスキーな歌声にホレます。


ジェットストリームのテーマとしても知られてます。

この歌を口ずさみながらニヤける。

相当に気持ち悪いけれど、1人。


1人だから、もしものパンクの対処法も知っておこう。



マスツーリングのメリット・デメリット

マスツーリングのメリット・デメリット

マスツーリングと言っても、規模や構成はさまざま。

気の知れた旧友2,3人で出かけるツーリングは、和気あいあいで進む。

逆に、イベントで集まった20人規模の見ず知らずの集団には、出会いがある。

アクションカメラで記録してメンバーで共有すれば、一生の思い出。


  • マスツーリングのメリットは、人とのふれあい
  • マスツーリングのデメリットは、不自由さ

マスツーリングのメリット

マスツーリングのメリット

マスツーリングは人を楽しむもの

バイクを触媒にして、人を楽しむのがマスツーリングですです。

あのコーナーはすごかったね!

ここに来たらあれを食べなくちゃ

途中の休憩ポイントで道中の感想を言い合ったり

その土地のうまいものを教えて貰ったり。

普段は、同僚・取引先・家族といった狭い世界の人としか話す機会は無い。


けれど、マスツーリングで全く違う世界の人と話すのは、楽しい。


『こんな考え方が有るのか』

『こう感じる人が居るんだ』

大人になると、同じような人間が集まって集団をつくることが多い。

会社員は、同じ会社の人、取引先の人としか話さない

自営やフリーランスの人も、仲間内での交流が多い。

異業種交流会と言っても、『人脈』目的ばかり。

打算のない会話をしてますか?

打算のない人間関係

打算のない人間関係

全く利害関係のない人の中にいると心が解放されます

  • 学生時代のようなバカ話をして盛り上がったり
  • お互いの持ちネタを披露しあったり


時間を忘れます。


ツーリングコースや休憩は、幹事任せに出来る。

バス旅行のようにしゃべってるだけでOKの気楽さがイイ。


やはり、人間が一番面白い。

インカムで話しながら走れば、目的地まであっという間です。


食事や温泉が目的地なことが多いので、体重が気になるけどね!


歩きやすい靴が、おすすめ!

マスツーリングのデメリット

マスツーリングのデメリット

自由には動けない

集団で走るのは、慣れてないと疲れる。

ライン取りが自分と違ったり、加減速ポイントがズレてたりすると、欲求不満が貯まる。

信号で千切れたりすると、追いつこうとしてムリをするのも楽しくない。

道中で気になる風景を見つけても、通り過ぎるしか有りません

1台1台はまともな排気音でも、台数が集まるとウルさくて迷惑になりやすい。

休憩ポイントだけ決めて道中は自由行動だと比較的楽だけれど、千鳥走行だったりすると疲れます。

マスツーリングでバイクそのものを楽しむのは難しい

バイクは気が向くままにハンドルを向けられるのが良いところ。

でも、マスツーリングではそうもいかない。

フラストレーションがたまることもある。


バイクが不調になると、みんなに迷惑かけるからね!

合わない人とは合わない

合わない人とは合わない

人を楽しむのがマスツーリングだけど

合わない人も居ます

当人をとやかく言うつもりは無いけれど、自分と合わない。

いろんな人がいるなー

なるべく、ポジティブに考えてやり過ごそう。

2度と逢うことは無いと思って観察しよう。

反面教師にするのも、いい。

一期一会。

持ってると安心

マスツーリングで、意外と役に立つのが下痢止め

名産品にチャレンジして玉砕することは、割と多い。

他人任せで何も持ってかないのも、チョット。

マスツーリングで聞きたいBGM

2009年 Honda VTR 250のCMソング。

GOING UNDER GROUND – 世界のまん中


このCMに誘発されてバイクにリターンした人も多い。

音楽も映像も、全てがツーリングへと誘惑します。


バイクで音楽を聴くのは違法?


マスツーリングとソロツーリング まとめ

  • マスツーロングは、人を楽しむもの
  • ソロツーリングは、1人を楽しむもの

1文字違いだけれど、大違いです。

マスツーリングは行先とか気にしなくてもいい。

前のバイクに着いて行けば良いだけなのでお気楽です。

そのかわり、人付き合いが面倒かも。



ソロツーリングは何をしても自由です。

そのかわり、全て自分で計画ししないといけない。

面倒かも。



どちらもバイクの楽しみ方の側面です。

楽しんだもの勝ち!


併せて読みたい

タイトルとURLをコピーしました