バイクツーリングのおすすめ目的地4選!【目的地に意味は無いけどね】

宗谷岬ツーリング
バイク王

バイクツーリングの目的地は、どのように決めていますか。

いつも同じ場所で飽きてしまった!

そんな悩みを解消します。

いつも同じコースでマンネリであれば、違う観点の目的にしよう。

  • バイクは旅の道具の人
     1.聖地巡礼
     2.グルメ
     3.知らない街
  • バイクに乗るのがの目的の人
     3.岬
     4.峠

もちろん、目的地に着くのがツーリングの目的じゃない。

ナビをトレースするだけじゃ詰らない。

脇道、寄り道、何でもアリ。

楽しそうな目的地は、いくらでも有る。

バイクが旅の道具の人

目的は旅。

バイクはその道具、

そんな人の目的地

  • 購入費
  • 燃費
  • 税金などの維持費

バイクは車に比べて、コスパが良い乗り物です。

  • 時間的制約が無い
  • 乗り換えが要らない
  • 目的地に直接到達できる

バイクは公共交通機関に比べて、自由です。

そんなとこが気に入り、旅の道具としてバイクを選ぶのは賢い選択です。

眺めの良い観光地は既に行かれて、飽きている人へのおすすめ目的地です。

1.グルメを目的に

グルメを目的に

その土地ならではの新鮮な魚介や、珍しい調理には、足を運ぶ価値が有ります。

問題は、どうやって美味しい店を探すか

定番ですが、ツーリングにグルメは外せません。

  • グルメ情報番組
  • グルメ本
  • ランキングサイト など

グルメ情報に溢れかえっているので却って選べなくなってます。

何処までが本当で、どこからがタイアップのコマーシャルなのか境が見えません。

本当に美味しい店の見付け方を、2つ紹介します。

  1. 行列を見付ける
  2. 現地の口コミ

1.行列を見付ける

バイクで田舎道を走っていると突然、繁盛している店が現れる事が有ります。

なんでこんな所にという場所に、なんでこんなに人が居るのか理解出来ない店です。

地元ナンバーが多かったり、大きな看板が無かったりすると、当たりの可能性が高い。

もちろん、聞き覚えのあるチェーン店だったら通り過ぎます。

試しに寄ってみれば、次回からはココが目的地になるかもしれません。

2.現地の口コミ

コーヒー休憩に寄った売店の、おばちゃんの情報は確かです。

諜報部員が慌てる情報をおばちゃんは持っています。コンビニなどでコーヒーを買っている場合では有りません。

マスコミに乗って観光客が押し寄せる店より、地元の人に愛されている店の方が何倍も美味しい。

そうして発掘したお店は、リピート確実です。

ただ、人に教えたく無いのが難点です。


宿の取り方はココ

2.聖地巡礼を目的に

口コミ

お気に入りのドラマ、映画の舞台になった土地を訪れて、同じ風景の中に入るのは楽しい。

以前はアニメオタクのサブカル扱いでした。

しかし、最近は町おこしにもなっています。

少しお金もうけの匂いがする聖地が増えて来たのは、残念です。

新海誠監督の映画で舞台となった土地は、聖地巡礼としても大人気です。

映画で見た場所と同じ場所を尋ねた後に、もう1度映画を見ると感激も新たです。

ただし一般的な観光地では無い、住宅街だったりします。

マナーには十分注意しましょう

  • 私有地に勝手に入らない
  • ゴミを残さない
  • プライバシーを勝手に写真にしない

当たり前ですね。

3.何でもない、知らない街を目的に

何でもない、知らない街を目的に

観光地でも何でもない地方都市を探検するのは楽しい。

県庁所在地のベッドタウン的な地方都市を訪れると、意外と発見が有ります。

普通の何でもない地方都市に行き、バイクを置いて歩いてみます。

自分を知っている人が一人もいないと感じるだけで、なんだか楽しい。

別の人になった気がしたり、自分だけが異邦人になった気分に浸れます。

何でもない街で何でもなく、まったりお茶をするのが癖になります。


バイクが旅の道具なら、歩きやすいバイクシューズがいい。

バイクに乗るのが目的な人

バイクに乗るのが目的な人

バイクを繰るのが楽しくて仕方ない人の目的地です。

コーナーを思い通りにクリアするのが楽しかったり、何処までも行けるとこまで行くのが楽しく感じるバイク好きです。

必然的に、楽しい道が終わる場所が目的地になります。

楽しい道が終わる場所 =峠か岬です

4.峠が目的地

峠のカーブに差し掛かる
クリッピングポイントを定めて、体重移動する
フッ、と力を抜いて倒し込む
バイクが出口を向くのをジリジリと待つ
アクセルで立ち上がる

バイクの醍醐味です。

タイヤの端まで使い切ってますか。

上りの方がアクセルを開けやすいので、気持ちいいコーナリングが出来ます。

結果的に、上りコーナーが終わる場所=峠 が目的地です。

おすすめの峠

麦草峠は定番です。

麦草峠

ここも一応、峠

鉄道彩桜地点

富士山も峠。

富士山

5.岬が目的地

岬が目的地

バイクに乗るのが楽しいので、道が続く限り走り続けてしまいます。

日本は島国ですので、いずれ岬に着きます。

道が終わる場所=岬 が目的地です。

岬に灯台はセットなので、灯台好きとも言い換えれます。

おすすめの岬

定番の潮岬

潮岬

能登半島の先端

能登半島の先端
能登半島の先端能登半島の先端

伊豆半島先端の石廊崎

伊豆半島先端の石廊崎

御前崎

御前崎

北海道 能取岬

能取岬

北海道 宗谷岬 ド定番。この青空は奇跡、一生忘れません

宗谷岬

北海道 襟裳岬。霧で何も見えなくて一生の不覚

襟裳岬

岬に着いたら、釣りもいい

峠も岬も滞在時間はわずか

バイクで走るのが目的みたいなもなの

目的地は形式的な記号です

ツーリングマップルなどで、走って楽しい道を見付けます。

その先に有る折り返し地点が峠・岬です。じゃあ、ここを目的地にしよう。

つまり、峠・岬に着いた時には目的は果されています

そのため、缶コーヒーを飲み終わると、そそくさと引き返したりもします

バイクツーリングのおすすめ目的地 まとめ

バイクツーリングのおすすめ目的地 まとめ

バイクが旅の道具な人、バイクに乗るのが目的な人

どちらもバイク好きです。

  • バイクは旅の道具の人の目的地
     聖地巡礼
     グルメ
     何でもない、知らない街

  • バイクに乗るのがの目的の人の目的地
     岬
     峠

旅の記憶に残るのは、有名な観光地より雨宿りした名も無い公園の東屋だったりします

天気の良さそうな方向や、人が居なさそうな方向へ向かえば、面白い風景や美味しい店を見付けたります。


いつも同じ場所ばかりでツーリングに飽きてしまったら、ナビの電源を切って

取りあえず別れ道が来るたびに、『右・右・左 』 と曲がってみよう。

暫く走れば、知らない場所に居るはずです。

そこからはカンに頼って面白そうな場所を目指そう。

それが、バイクの醍醐味だったりします


併せて読みたい

タイトルとURLをコピーしました