バイクのヘルメットにスピーカーを取り付けるのは違法か

バイク用品
photo by Honda
スポンサーリンク
スポンサーリンク

バイク運転中にスピーカーでナビ・音楽を聴くのは違法か

グレーな部分も有りますが、大音量でなければ合法と考えます

ヘルメットにスピーカーを仕込んでいる事を指摘される状況はなるとは思えませんが、自己責任の範疇にはなります。

周囲の音が聞こえる範囲のボリュームで、節度を持って運用しましょう。

2017年に神奈川でイヤホンをして自転車に乗っていた人が、歩行者にぶつかり死亡させるという事故が起きました。自転車側に多額の賠償責任が課せられたというニュースに記憶が有るかと思います。

このような自転車が歩行者と衝突しケガや死亡させる事故が多発し、社会問題となりました。

イヤホンで周囲の音が聞こえなかった事が直接の事故原因とは言い切れませんが、 事故を受けて全国で乗車中のイヤホンを規制する条例が策定されています。

道路交通法ではイヤホンに関する記載は有りません。このため各県の条例で規制しているのです。

愛知県の例

愛知県道路交通法施行細則

第七条 

四 大きな音量で、カーラジオ等を聞き、又はイヤホン等を使用して音楽等を聞くなど安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態で車両等を運転しないこと。ただし、難聴者が補聴器を使用する場合又は公共目的を遂行する者が当該目的のための指令等を受信する場合は、この限りでない。

自転車に限らず、車・バイクも含めての規定です。

安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態で車両等を運転しないこと

どの都道府県も同じような表現となっています。

検問で警察に止められた時に、ヘルメットのスピーカーが目に留まるとどうなるのでしょうか。

現場の判断もあるとは思います。感情的にならず大音量で無い事を主張するようにしましょう。

運転中のスマホ操作は絶対ダメです。

ナビ操作・選曲などは停車中だけです。

スポンサーリンク

ビッグスクーターで爆音

かつて 2000年代のビッグスクーターブームでは、ビッグスクーターに防水スピーカーを取り付けるのが流行りました。街で大音量で音楽を流しているバイクを見掛けない日は有りませんでした。メーカー純正でスピーカーを搭載したスクーターも有りました。

パトカーのサイレンさえ聞こえないような爆音は、明らかにNGです。

HONDAフォルツァ オーディオパッケージ

ブームの頃のHONDA純正メーター回りです。防水スピーカーにオーディオスイッチが並び、凄い事になってます。

HONDA公式を引用

市販ヘルメット用スピーカーのおすすめ

ヘルメットに取り付けるには、Bluetooth対応がおすすめです。配線の煩わしさが有りません。

バイクに乗り降りするたびにコードを接続する手間が省けます。その代わり充電し忘れると使えないので注意は必要です。

また、スピーカーのみとマイク付きで価格差はほとんど有りません。通話も出来てインカムとして利用できるで マイク付きを選んだ方が何かと便利です。

NikoMaku

最大の特徴は、はわずか0.7cmの厚みです。

この薄さにより、ヘルメットに仕込んだ時に耳と干渉しずらくなっています。

Natuoke

最大の特徴は、 電話の自動応答です。

走行中に着信した場合、スイッチ操作を行わずに通話が出来ます。

ヘルメット用スピーカーの自作

不要となったヘッドホンを解体して、ヘルメットに取り付けることも可能です。

不要となった普通のヘッドホンを再利用します。

オンイヤータイプのヘッドホンより、耳を覆うオーバーイヤーヘッドホンの方が音がクリアに聞こえます。 改造ベースはオーバーイヤーヘッドホンがおすすめです。

ねじを外して、解体します。

スピーカー部を取り出しました。まだこの状態ではサイズが大きいのでヘルメット内で耳に干渉します。外側の黒い樹脂をペンチで取り外します。

このように中身だけの状態にすれば、ヘルメット内に仕込んでも耳に干渉しません。

配線やはんだがむき出しなので断線しないように接着剤で固めておきます。

Bluetoothユニットを接続すれば、 ワイヤレススピーカーの完成です。

両面テープでヘルメット内に固定するところまで含め、30分程度の簡単な工作です。

マイクが不要であれば、このような再利用スピーカーでも十分実用になります。

ヘルメットにスピーカーは違法か まとめ

グレーな部分も有りますが、大音量でなければ合法と考えます。

ヘルメットにスピーカーを仕込んでいる事を指摘される状況はなるとは思えませんが、自己責任の範疇にはなります。

周囲の音が聞こえる範囲のボリュームで、節度を持って運用しましょう。

現場警察官の裁量の部分もあるかと思われます。

検問などで止められた時は、爽やかに受け答えして好印象を勝ち取りましょう。第1印象は大事です。警察に対し好戦的な人も居ますが、大人の対応をした方がメリットは大きい。

タイトルとURLをコピーしました