ハクキンカイロの仕組みと使い方!【火を使わないので火事の心配なし】

ハクキンカイロのすすめバイク用品
photo by ハクキン

電熱ウエアが各社から出てます。

けれど、暖かさは長時間持たない。

大容量のモバイルバッテリーを使っても、4時間程度が限度です。

丸一日暖かくしようとすると、予備のバッテリーが必要。

モバイルバッテリーを

たくさん持ってくしか無いの?


長時間温める方法は無いの?

そんな疑問を解消します。

暖かさが24時間続くのが、『ハクキンカイロ』。

  1. ハクキンカイロが24時間持つ理由
    ⇒ 白金だから
  2. ハクキンカイロが安全な理由
    ⇒ 火を使わないから
  3. ハクキンカイロがコスパ抜群な理由
    ⇒ 2千円でひと冬ずっと温かい

こんな内容を知って、スッキリしよう。

ローテクな『ハクキンカイロ』は、ハイテクな電熱グッズに負けていない。

新しければ、何でも良いってわけでは無い。

ハクキンカイロってなに?

ハクキンカイロってなに?

誰でも名前は聞いた事がある『ハクキンカイロ』

ハクキンカイロの使い方は簡単です。

  1. 燃料のベンジンを少量(25cc)入れる
  2. ライターで火口を温める

これだけ。

わずか25ccで、24時間ずっと暖かい。

何度でも繰り返し使えます。

大昔からエコを実践してます。

けれど、実態はあまり知られてません。

『ハクキンカイロ』はれっきとした会社名

  • ハクキンカイロ株式会社
  • 大正12年創業
  • カイロ一筋の大阪の会社

大正12年は1923年。

もうすぐ100年です。

何でも、新しければ良い訳じゃない

100年続いた実績は、伊達じゃない

100年間、『ハクキンカイロ』一筋でやってこれたのは、経営手腕もあるだろうけれど、抜群の商品性があるからです。

基本的な構造は100年間、何も変わっていない。

なのに、100年間愛され続けている。

凄いことだと思いませんか?

聖火リレーもハクキンカイロ

ハクキンカイロの信頼性は、オリンピックの聖火リレーを何度も務めたことでも証明される

  • 1964年
     東京オリンピックの聖火をハクキンカイロにより、ギリシャから東京まで輸送する
  • 1998年
     長野冬季オリンピックの聖火をハクキンカイロにより、ギリシャより長野まで輸送する
  • 2005年~
     2005年以降、毎年の国体の炬火の輸送にハクキンカイロが使われる

オリンピックの聖火が消えたら笑いごとでは済まない。

この信頼性があるからこそ、100年間もの間人々の体を温め続けています。

使い捨て文化からの復権

photo by ハクキンカイロ

大正12年以降、第二次世界大戦では軍用品として日本の陸海軍で使用され

終戦後は1950年代に朝鮮戦争で、アメリカ軍に使用されました。

これも信頼性の証。

その後、1970年代からのバブルでは、『使い捨て文化』が尊ばれ、使い捨てカイロが台頭したけれど

無くなりはしなかった。

今、エコな時代に復権してます。


燃料のベンジンを入れれば、何度でも使えて環境に優しい。

さらに、使っても水蒸気と炭酸ガスしか出ないので環境に優しい。



ハンドルカバーは、ダサいけど温かい

1.ハクキンカイロが24時間持つ理由

なぜ、この小ささで暖かさが24時間も持つのか?


それは、『ハクキンカイロ』が『白金懐炉』だからです。

photo by ハクキンカイロ

何だか禅問答みたいだけれど、これが正体です。

ハクキンカイロは酸化熱で長時間暖かい

ハクキンカイロは、火が燃えて暖かい訳ではありません。

ライターを火口に近づけるけど、直接燃料のベンジンに火をつけているわけではありません。

酸化しやすいように、白金をあたためているだけ。



気化したベンジンがプラチナ(白金)の接触作用により「炭酸ガスと水」に分解されます。

そのとき発生する酸化熱で暖かいのです。


130℃~350℃という低温の酸化熱なので、火事の心配もまずありません。

もっと高温にならないと、火はつかないからです。

ハクキンカイロに入るベンジンは最大でも25cc。

25ccのベンジンを燃やしたら、一瞬で燃え尽きるけれど、

少しずつ酸化させて酸化熱を取り出すので24時間も暖かいのです

ハクキンカイロのフタには、小さな穴が幾つも開いてます

この穴は孔雀をイメージしたものだそうですが


この穴の大きさ、位置が超重要


酸素の供給量がこの穴で決まります

だから、カイロの温度と持続時間がこの穴で調節される


プラチナは、自己の体積の100倍以上の酸素を吸着させる性質がある。

プラチナが酸化触媒としては最適なのを見つけたのが、ハクキンカイロ創業者。

2.ハクキンカイロが安全な理由

ハクキンカイロが安全な理由

ハクキンカイロは火を使わない

酸化熱で暖かいので、フトコロに入れても安全です

最初にマッチやライターを用いるのは、

プラチナの接触反応を開始させる温度を与えるためだけ

ハクキンカイロは燃やさないので安全

ハクキンカイロはベンジンを燃やさず酸化させているだけ。

酸化スピードは、フタの穴で調節されるので、火傷するような温度にはならない。

低温でベンジンを炭酸ガス(CO2)と水(H2O)に酸化分解するだけなので、有害物質も出さない。

クリーンで安全な、持ち運べる暖房です。

低温やけどには、注意

火事・火傷になるような温度にはならないけれど、低温火傷には注意が必要!

通常ではやけどしないような温度で起こる熱傷のことを「低温やけど」と言います。原因は様々で湯たんぽ、電気アンカ、ホットカーペット、カイロなどで、これらの低温熱源に長時間肌が触れることで起こります。接触部位の温度が44℃だと、約6時間で受傷してしまいます。

内視鏡内科・消化器内科・胃腸内科(埼玉県川越市)
川越駅前胃腸・肛門クリニック

直接肌につけてはいけない。

袋や固定ベルトに入れるのを忘れないで!


隙間風が入ってくると、効果が半減する

3.ハクキンカイロがコスパ抜群な理由

ハクキンカイロがコスパ抜群な理由

本体3,000円を買えばあとは2,000円で毎年暖かい

  1. ベンジン1,000円
  2. 火口1,000円

1.ベンジン1,000円

カイロ用NTベンジン 500ml
タカビシ化学
¥985 (¥2 / ミリリットル)(2022/05/28 12:12時点)

ハクキンカイロの初期投資は、4,000円です。

  • カイロ本体 3,000円
  • ベンジン 1,000円 (500cc)

25ccで24時間温かいので、1,000円(500cc)では

500/25cc×24時間 =480時間


1日8時間使ったとして、

480/8時間 = 60日

ヘビーユーザーで無ければ、ベンジン1本でひと冬(60日)ずっと暖かく使える

2.火口交交換1,000円

消耗品として、毎年火口交換が推奨されてます。

これもヘビーユーザーで無ければ、暖かさが落ちるまで数年持ちます。

毎年かえても、1000円/年。

使い捨てカイロとの比較

アイリスオーヤマ カイロ  30個入
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥912 (¥30 / 枚)(2022/05/28 12:12時点)

値段的には使い捨てカイロの方が安い

一般的な使い捨てカイロは、20円/個で、10時間持ちます。

ハクキンカイロのように、途中で止めてまた明日という訳にはいかない。

だから、毎日1つ(20円)掛かります。

ハクキンカイロと同様に一冬60日使うとすると

20円×60 = 1200円

  • ハクキンカイロ 燃料1,000円+火口1,000円
  • 使い捨て 1200円

値段的には使い捨てカイロには敵いません。

暖かさと愛着ではハクキンカイロの圧勝

ハクキンカイロは使い捨ての数倍暖かい。

だから、使い捨てを2,3枚使えば逆転してしまう。

それに、使い捨てカイロを愛でる人は居ないけれど、ハクキンカイロは眺めて飽きない。


ハクキンカイロのすすめ まとめ

クキンカイロのすすめ まとめ
カイロ用NTベンジン 500ml
タカビシ化学
¥985 (¥2 / ミリリットル)(2022/05/28 12:12時点)
  1. ハクキンカイロ
  2. ベンジン
  3. 袋・ベルト

3点あれば、寒いバイクも体の芯が温まる。

寒い時期のバイクは、辛いものがあるけれど、

腰のじんわりとした暖かさは、体中を温めてくれます。

100年愛され続けているハクキンカイロ。

愛され続けている理由を確かめてみませんか?


併せて読みたい

タイトルとURLをコピーしました