なぜ、バイクグローブがしっくりしないのか?失敗しない選び方3選!

アパレル

バイクグローブを、どう選んでますか?

せっかく買ったグローブが、何かしっくり来なくて

また、次のグローブを探してませんか?

どう選べば、失敗しないのだろう?

そんな疑問を解消します。

バイクグローブ選びで失敗しない3つのコツ 

  1. セール品は買わない
  2. ジャストサイズを買う
  3. 過度なプロテクター付きは買わない

こんな内容を知って、スッキリしよう。

夏用・冬用グローブ共通で同じコツです。

お気に入りのグローブでツーリングに出掛ければ

また1つバイクが好きになる。

1.セール品は買わない

セール品は買わない

セール品は

本当に気に入って買ってる訳じゃない

買わないと損な気になってるだけ

  • 前々から狙っていたグローブが都合よくセールになった
  • 都合よく自分のジャストサイズの在庫が有った

2つとも当てはまるなら、セール品でもいい。

けれど、そんな都合の良い話は、まず有りません。

セール品が目に留まり、気に入ったとしても

本当に気に入った訳じゃない。

買わないと損のような気持ちになっているだけです。

コスパは大事だけど

コスパは大事だけど
  • 安いなら我慢できる物
  • 安くても我慢してはいけない物

バイクグローブは後者です

  • 使い捨てのもの
  • 滅多に使わないもの
  • 試しに使ってみる消耗品

こんなものは、100円ショップで買うのもアリです。

しかし、バイクグローブは違う。

バイクを操作する手にはめるものです。

自分の意思がバイクに上手く伝わらないグローブは、安くても妥協できない。

セールで安かったから選んだグローブは、セールになる理由がある。

それなりの扱いになり、短命に終わります。

本当に気に入った、本当に欲しいものを買おう。

防寒グローブなら、ココ

⇒ 秋冬ツーリングにおすすめなバイクグローブまとめ6選【防寒・操作性】

良いものは安売りしない

良いものは安売りしない

良いものは安売りをしません。高くても売れるからです

安ければ何でも良い、は卒業しよう

フィット感が大事なグローブは、日本製に良いものが多い。

例えばJRP、香川県にあるバイクグローブの専門店もその1つ。

一般的にはメジャーじゃ無いけれど、知ってる人は知っている。

丁寧に作り込まれた、牛革とは思えない柔らかな手触りのグローブが『30周年記念モデル』。

ピケ縫いとは、縫い目が表側にでる縫い方です。

縫い合わの凸が外側なので、肌にごろつきを感じません。

外観も指がスマートに見えて好ましい。

2.ジャストサイズを買う

グローブ選びで失敗しない3つのコツ

人の手は繊細です。

手でなぞるだけで、百分の1ミリの凹凸を容易に見破ります。

そんな手にはめるもののサイズが適当で良いはずが有りません。

バイクグローブの素材は大別すると、革製と化学繊維に分かれます。

それぞれ、ジャストサイズは違う。

化繊のグローブは伸びる

化学繊維は使い込んで手に馴染むと縫い目が広がり、素材が伸びて大きくなります。

もし買う時に大きめを選んだとしたら、次第に手に合わなくなってしまいます。

ウインカー操作やブレーキ操作をする度にグローブがずれたら気持ち良くて良い操作出来ない。

ホンの少し指先が余るくらいのサイズ感が丁度いい。


レイングローブ選びなら、ココ

⇒ バイクレイングローブのおすすめ!ゴアテックスはムダ!安いので十分

革のグローブは縮む

革のグローブは縮む

革は伸び縮みするけど、全体には締まって縮む方向。

指先が5ミリ程度余るのが丁度いい。

余程変わったメーカ・素材でない限り、これまでの経験から使い込むとどれくらい縮むかは見当が付くはずです。

それを見越したサイズ選びは、それほど難しくは無い。

JRPは、グローブの横方向に伸びるように裁断しており、指先に向かっての縦方向には革は伸びないように裁断しています。グローブの横方向に革が伸びることによって、指先の余っている部分が縦方向に縮みます。

JRPメーカーサイトを引用

香川県のJRPは、日本製ならではの作り込みをするメーカー。

こんな配慮は、日本製ならでは。


一般的にはバイクグローブは丈夫な牛革をつかいます。

けれど、DBSは

  • 手のひら側は滑らかで肌触りが良い鹿革
  • 手の甲は丈夫な牛革

使い分けている凝ったグローブです。

指先に余裕を持ったジャストサイズで長く使いたい。


汚れたグローブの洗い方は、ココ

⇒ バイクグローブの簡単な洗い方!革グローブも洗濯して清潔に使おう!

3.過度なプロテクター付は選ばない

過度なプロテクター付は選ばない

過度なプロテクターは、手の動きを阻害する

サーキットに通い、バイクの限界を探る走りをするのであれば、プロテクターで各所が守られたレース用のグローブを着用すべきです。

転倒時のリスク回避が最優先だからです。

けれど、ツーリングがメインであれば優先順位が変わる。

むろん、安全対策をおろそかにする事を勧める訳ではありません。

いざという時の安全対策は大事です。

しかし、ならばバイクという選択肢は元々無い

体がむき出しの乗り物を選んでおいてプロテクターだけガチガチというのは本末転倒な気もする。

操作性も大事

転んだ時のパッシブな安全性が大事なように、

意のままに操作するというアクティブな安全性も大事

プロテクターのせいで、自由で繊細な操作が出来ないのであれば、片手落ちです。

サーキット用のグローブがそうだとは言わないけれど、

オフロード用グローブにプロテクター類が少ないのは、そういう事です。

サーキットが危険でオフロードが危険じゃない訳がない。


用途別のグローブ選びはココ

⇒ まだ、バイクの春夏グローブをメーカーや値段で選んでるの?

安全性と操作性の折り合い

自分の用途に応じて、アクティブ・パッシブ両方の安全性の折り合いをつけよう。

  • 攻めた走りをするのであれば、安全性重視のグローブ
  • のんびり郊外を流すツーリングはらば、操作性重視のグローブ

決められるのは、あなただけです。

安全性重視で、JRPをえらぶなら、このDRN。

20年以上支持され続けている定番グローブです。

もちろんJRPなので、安全性だけで操作しずらい訳じゃない。

失敗しない選び方3選 まとめ

失敗しない選び方3選

手の形は人それぞれだし、グローブに求めるものも人それぞれです。

けれど、グローブの選び方には、共通で同じコツがあるのです。

この3つを忘れないだけで、望むグローブと出会えます。

  1. セール品は買わない

  2. 馴染んだ時にジャストサイズを買う

  3. 過度なプロテクター付きは買わない

本当に欲しいグローブが高くて買えないなら、何も買わない勇気を持とう。

お金を貯めて、本当に欲しいグローブを買った方が満足できる。

本当に欲しいグローブに、代替は無いのです。

バイク グローブ
バイク用品・パーツのゼロカスタム
¥ 1,650(2021/06/16 05:44時点)

このリンクは『バイク グローブ』での各通販サイト検索結果です。

無限の選択が広がっています。

あなたの本当に欲しいグローブもどこかに在るはずです。


併せて読みたい

タイトルとURLをコピーしました