PCXのアクセサリーソケットはアンペア・取り回し共に今1つ

PCX

PCXはフロントインナーボックスの中に、アクセサリーソケットが有ります。

ここから電源取り出しが出来ますが、

  • ケーブル繋ぐとフタが閉まらなくなります
  • 出力アンペアも小さい。

折角の装備なのに、今一つ使いづらい

どうすればいいの?

アクセサリーソケットの使い方の悩みを解消します。

このアクセサリーソケットをどう活用するのが良いのか、紹介します。

スポンサーリンク

PCXのアクセサリーソケットの使い道

アクセサリーソケットの使い道

アクセサリーソケットはACC電源なので、エンジンを掛けた状態でのみ給電します。
また、シガーソケットなので、USBを取り出すには変換機が必要です。

  • スマホの充電
    フロントインナーボックスにスマホを突っ込んで、フロントインナーボックス内で充電するなら使えます。モバイルバッテリーの充電も可能です。
    2台の充電は容量オーバーです。
    急速充電を希望するなら、それなりの準備が必要です。
  • ナビの電源
    ハンドルに固定したナビまで電源ケーブルを持ってくるとフロントインナーボックスのフタが閉まらなくなります。覚悟が必要です。
  • ETCの電源
    ゲート通過時のみバイクにETCを設置して、ここから電源を取るのはグレーな運用です。軽自動車用のETCだと、もっと濃いグレー。
    この件には触れません

エアコンプレッサーは絶対無理

シガーソケット接続式のエアーコンプレッサーを接続してタイヤの空気を入れるのは、絶対無理です。

エアコンプレッサーは12V-10A程度ですが、アクセサリーソケットは12V-1Aです。容量が全然足らないのでヒューズが飛んで車体ハーネスを痛めます。

決して繋がないで下さい。

PCXのアクセサリーソケット仕様

PCXのフロントインナーボックスにはフタが付いており、フタを開けると上部にアクセサリーソケットが隠れています。

アクセサリーソケットはシガーソケットタイプが1口で、『12W MAX 12V 1A』と書かれています。

PCXは最初から電源取り出し口が付いていて、親切な設計です。

ホンダ公式サイトには、こう記載されてます。

『フロントインナーボックス内には、スマートフォンなどが充電できるアクセサリーソケット付き。 』

普通のスクーターはフロントポケットにフタなど有りませんし、 アクセサリーソケットも有りません。

NMAX

一見、PCXだけのうれしい装備に見みえるけれど、PCXのアクセサリーソケットはイケてない。

フロントインナーボックス内でスマホの充電をする

アンペアに注意

オーナーズマニュアルに『定格12W(12V、1A)まで使用できます。』とあるので、12V-1Aが定格です。

USB変換機を付けてUSBとして使うとすると、

USBは5Vなので 12÷5×0.8=1.9A が最大許容電流です。

0.8は変換効率でおおよその値です。

12Vを5Vに変換するのにも電力を使うので、その分のロスを見込んでおきます。

適当なUSB変換機だと変換効率が0.7位です。

つまり、USB5Vでは1.7Aが最大許容電流になります。

いずれにしても、最近のスマホは2.1A充電なので足りてません。

PCXの最大電流1.7Aをオーバーします。

1A充電でも2台接続すると2Aで同じく容量オーバーです。

0.4A程度なのでヒューズが飛んだりハーネスが燃えたりすることはまず無いと思いますが、気持ち的には気になります。

急速充電対応のUSB変換機、急速充電対応のUSBケーブルを使って初めて2.1A充電になります。

充電スピードが遅いと感じる場合は、1A充電になっている可能性があります。スマホが何A充電しているか、スマホで確かめてみて下さい。

1Aで充電するのであれば、PCXの定格内ですので安心では有ります。

しかし、大画面スマホだと1A充電では追い付かず、バッテリーはどんどん減る可能性があります。

コンパクトタイプのUSB変換機が必要

アクセサリーソケット天面が、フロントインナーボックスのカバーに近いところに有る。

高さのあるUSB変換機だとUSBケーブルがつかえてフタが閉まらなくなります。

このような、コンパクトタイプを選べばフタは閉まります。注意して購入しましょう。

USBが2口取り出せますが、容量オーバーなので1口のみの使用に留めましょう。

スポンサーリンク

ナビの電源を取り出す

フロントポケットから電源ケーブル/USBケーブルを引き回してハンドル設置のナビに給電しようとすると、フタが閉まりません。

防水のためフタの立て付けが良いのが仇となります。

対策は3種類あります。

  • USBフラットケーブルを使う
  • カウル加工
  • フタを開きっぱなしで使う

1 USBフラットケーブル

フラットタイプのUSBケーブルを選べば閉まる可能性は有ります。なるべく薄いケーブルが良いのですが、断線のリスクは有ります。

2 カウル加工

カウルに穴を開ける覚悟が要ります。カウルにハーネスを引き出す穴を開けます。

目立たない、かつ雨が降っても大丈夫な位置に穴を開けます。

おすすめは、フロントポケットの奥に穴をあけて、フロントカウル内を通しブレーキケーブルと並行してハンドルに持ってくる方法です。

表面に穴を開けないので見栄えが良いし、売却する時も有利です。

3 フタを開きっぱなしで使う

見た目を捨てる覚悟が要ります。

USBケーブルが干渉してフタが閉まらないのであれば、開けっ放しで運用する。

または、養生テープなど後が残らないテープでフタを半開きで固定する。

見栄えは今1つですが、実害は有りません。

駐車して離れる場合はケーブルをぬいてフタをしておいた方が防犯的には良いでしょう。

USB変換機を別途設置

覚悟が無い場合は、フロントインナーボックス内のアクセサリーソケットは諦める。

別途ACC電源を取り出して市販のUSB変換機をハンドル付近に設置します。

ハーネス取り回しの煩わしさや、許容電流の少なさから解放されます。

アクセサリーソケットの解決にはなりませんが、おすすめです。

設置の仕方の詳細はここにあります。 バイクにUSB電源を取付

PCXのアクセサリーソケットの使い方 まとめ

PCXは、最初からアクセサリーソケットが付いているという新設設計ですが、今1つ使いづらい。

USBで1.7Aしか許容電流が無かったり、ケーブルを引き出すとフタが閉まりません

このため、アクセサリーソケットは使わず、別途USB電源を引き出すことになります。

残念な仕様です。

次期PCXでは、ケーブルを引き出してもフタが閉まるような仕掛けを期待します。

タイトルとURLをコピーしました