車通勤を125cc原付2種通勤に変えても節約にならない理由

トリビア
スポンサーリンク

近年、125cc原付2種(原2)スクーターで通勤する人は珍しく有りません。

車を売却して原付2種に乗り換えれば、当然節約になります。

しかし、家族サービスや休日レジャーのため、地方では車は必需品です。

車は維持したまま、原付2種を買って

原2通勤に変えて節約しよう

こんな考えが浮かびます。

原2を買って通勤すると節約できそうな気がします。

本当に節約になるのか計算してみました。

スポンサーリンク

車は維持前提だと、125cc 原付2種通勤は節約にはならない

車通勤者が、 原付2種を追加購入して 原付2種通勤に切り替えた場合を想定します

結論

車維持したままだと、車通勤を原付2種通勤に変えても節約になりません

  • プリウスだと、原付2種購入のイニシャルコストを回収する事は不可能です
  • クラウンだと、イニシャルコスト回収に68ヶ月掛かります

この結論に至った詳細をお教えします。

前提条件

試算の前提条件は、通勤片道20km、稼働日数20日/月

20×2×20 = 800km 月に800kmを通勤します。

通勤距離が長いほど燃費の差が原付2種に有利なので、距離長めに設定

車通勤者が原付2種を追加購入して、原付2種で通勤して節約する事を想定します。

車維持が前提なので、車に掛かる費用は車通勤に掛かる費用のみとします。

このため、車の保険・税金・車両費用は加味しません。

通勤時間帯のため、渋滞などもあるはずです。

燃費はカタログ燃費の8掛けで計算します。

オイル・タイヤなどの費用は一般的な金額で試算してます。

 PCX125プリウスクラウン
カタログ燃費(km/L)50.737.216
実燃費係数0.80.80.8
実燃費(km/L)40.5629.7612.8
オイル交換費用(円)
5,000km毎交換
1,0004,0006,000
タイヤ交換費用(円)10,000
1万km毎
40,000
4万km毎
60.000
4万km毎
任意保険(円/年)
ファミリーバイク特約
8,00000
軽自動車税(円/年)2,40000
車両購入費(円)350,00000

点火プラグ、エアフィルター、ブレーキパッドなど交換頻度が低く安い部品は、無視しています。

大勢に影響しません。

125cc費用の詳細はここです。

バイク125ccと150ccの維持費を比較【わずかな差であきらめるの?】
125cc と 150cc の比較 (初期費用)
125cc と 150cc の比較 (まとめ)

スポンサーリンク

PCX、プリウス、クラウンの通勤費の比較

下のグラフで、横軸が通勤期間(月数)、縦軸が通勤手段別の積算コストです。

125cc原付2種のイニシャル費用の車両購入費が重くのしかかっています。

元々プリウスで通勤していた場合は、原付2種のイニシャル費用を回収できません。

クラウンの燃費でやっと 68ヶ月目にやっと原付2種のイニシャルコストが回収できます。

燃費が10km/L以下の車を持ってこないと勝負になりません。

PCX、プリウス、クラウンの通勤費の比較

試算に入れていない費用

原付2種通勤のイニシャル費用として、車両購入費しか入れていません。

実際には、バイクに乗るためのウエア代70,000円が必要です。

  • ヘルメット 20,000
  • 夏・冬ジャケット 30,0000
  • 夏。冬グローブ 10,000
  • レインコート 10,000

これを含めるとクラウン相手ですら、初期費用が回収できません

ワークマンを活用して費用を抑えたいところです。

しかし、必要最小限のプロテクタは欲しいので、バイク用品メーカのジャケットは譲れません。

雨や雪の日も原付2種通勤出来るか

試算は100%原付2種通勤ですので、雨の日も雪の日も原付2種です。出来るでしょうか。

天気が悪い日は車通勤するとすると、年10%以上は車になります。

原付2種のメリットは10%以上薄まり、試算はひどい事になってしまいます。

原付2種のコストダウン策

原付2種のイニシャル費用が支配しているため、これの削減を検討します。

PCXをあきらめ、アドレス125にします。

すると、車両購入費用が35万円から23万円です。

そうすると、クラウンとの損益分岐点68ヶ月が50ヶ月になります。

アドレス125でも、4年以上掛かってやっとトントンです

4年4万kmをオイル交換のみで元気に走ってくれるか、気になります。

スポンサーリンク

なぜ、原付2種通勤しても節約にならないのか

グラフから、明らかです。

原付2種車両の購入費用が重すぎるためです。

原付2種が10万円台で買えた時代なら節約になりました。

今の原付2種は高すぎて節約になりません。

年々厳しくなる法規制

原付2種が高くなったのは、排気ガス規制、騒音規制の影響です

規制対策は小排気量バイクほど重くのしかかります。

規制を通すための費用は、大きなバイクも小さなバイクもそれほど変わらないためです。

元々の価格が安い小さなバイクほど負担割合が大きくなってしまいます。

また、規制対策のために失ったパワーを排気量アップで誤魔化す事も出来ません。

小排気量車は、年々値段は高く性能は低くなってます。

ABS義務化、 EURO5と規制はこれからも厳しくなりコストアップ要因です。

もう、原付2種を買って節約できる時代では無くなってしまいました。

車通勤を125cc原付2種通勤に変えると節約になるのか まとめ

バイクの排気ガス規制、騒音規制、ABS義務化により、原付2種の価格は上がる一方です。

車維持前提だと、車通勤を原付2種通勤に変えても、原付2種購入費用が回収できず節約にはなりません。

家族持ちにとって車を手放すのはハードルが高い。

都心に住んでいるならまだしも、地方では車が無いと不便なので必需品です。

原付2種は趣味の乗り物で、実用の存在意義は、すり抜けにしか残っていないのでしょうか。

排気ガス規制、騒音規制がリセットされるEV化に期待したい。

併せて読みたい
バイク125ccと150ccの維持費を比較【わずかな差であきらめるの?】
125cc と 150cc の比較 (初期費用)
125cc と 150cc の比較 (まとめ)
バイク保険の安さ比較!チューリッヒ、アクサ、三井ダイレクト
バイクの盗難保険を比較したら、おすすめはZuttoRideClubだった

タイトルとURLをコピーしました