バイク125ccと150ccの比較まとめ (初期費用・維持費・利便性)

125ccと150ccの比較125ccと150cc

従来は125ccの次のクラスは250ccでしたが、

最近150ccのバイクが増えてきました。

今までは、30km/h制限や2段階右折などの50ccの不便さから解放される125ccが情報通の乗り物とされてきました。

普段使いには125ccが良いとされてきました。

しかし、150ccの選択肢が増えて来た事により、従来の定説が崩れて来ました。

125ccにホンのちょっと足すだけで、125ccの我慢から解放されるのです。

結局、125ccと150cc、

おすすめはどっちなの?

そんな疑問を解消します。

途中半端な排気量の150ccに勝機はあるんでしょうか?

スポンサーリンク

バイク125ccと150ccの比較結果

初期投資・維持費とも125ccの方が安いが、その差は大きくない。

利便性は高速が走れる150ccの圧勝。

125ccと150ccのお金の差

  • 免許取得費用は、150ccが3万円高い。
  • バイクの購入費用は、150ccが4万円高い。
  • バイクの維持費は、150ccが5,000円/年 高い
  • バイクの保険料は、10年以上乗るなら125ccと150ccで差は無い
     2,3年限定なら125ccのファミリーバイク特約が安い

125ccと150ccの利便性の差

  • 150ccは、取り回し同じで、パワーがある。
  • 150ccは、高速道路・自動車専用道路が走れる
  • 150ccは、白色ナンバープレート

125ccと150ccの棲み分け

  • 大型バイクと2台持ちなら、125cc
  • 1台にまとめるなら、150cc
  • 街乗り重視なら、125cc
  • 街乗り重視なら、125cc
スポンサーリンク

125cc と 150cc お金の比較

運転免許の取得費用

  • 125ccは、小型限定二輪免許
  • 150ccは、普通二輪免許

AT小型限定二輪免許は8万円程度で、車の免許があれば最短二日で取得できる。

普通二輪免許は11万円程度で、最短でも取得まで2週間程度かかる。

合宿免許なら、モット安く・早く取得できる。

免許取得までまとめて休むことが出来るのであれば、合宿免許がおすすめ。

車・バイクの免許取るなら【合宿免許受付センター】

詳細はここ
125cc と 150cc の比較 (免許)

バイクの購入費用

車両本体価格

  • PCX125 342,360円
  • PCX150 373,680円

税金

重量税は、125ccは無料、150ccは4,900円。

自賠責は、125ccは9950円、150ccは12,220円

車両本体価格と税金を合せると、150ccの方が4万円高い。

詳細はここ
125cc と 150cc の比較 (初期費用)

バイクの保険料

125ccの保険料

125ccまでのバイクは、車のファミリーバイク特約が使えます。

自損事故タイプなら年間8,000円程度。

台数制限は無いので、家族のバイクなら何台でも補償されるのが特徴。

125ccバイクを複数乗るのなら、ファミリーバイク特約がおすすめ。

何年乗っても割引は無いので、10年以上・1台のみなら任意保険と大差ない。

150ccの保険料

ファミリーバイク特約は使えないので、任意保険にはいるしかない。

20歳未満は10万円/月近くなるので、20歳未満は現実的ではない。

20歳になるまでは、125ccがお得。

年割があるので、10年以上乗るなら、ファミリーバイク特約と差はほとんどない。


詳細はここ
125cc と 150cc の比較 (保険料)

バイクの維持費

保険料以外の維持費は、125ccと150ccの差は小さく5,000円程度。

自賠責の金額差と、燃費の差によるガソリン代。

オイル・タイヤ・ブレーキパッドなどの消耗品に差は無い。

詳細はここ
125cc と 150cc の比較 (維持費)

スポンサーリンク

125cc と 150cc  便利さの比較

  • 150ccは、取り回し同じで、パワーがある。
  • 150ccは、高速道路・自動車専用道路が走れる
  • 150ccは、白色ナンバープレート

125ccと150ccは外形は同じですが、法的区分が違うため制限事項が違う。

大きな差は、150ccは高速道路・自動車専用道路を走れること。

150ccで高速道を走るのは、楽しくはない。

淡々と90km/h巡行になる。

150ccで高速道路を常用することは有り得ないが、エスケープとして高速道路の選択肢があるのは大きい。

排気量が違うため性能が違うが、乗り比べなければ気にならない。

125ccがアンダーパワーで使えない、なんてことは無い。

150ccはピンクナンバーで無く、250ccと同じ白なのが地味にポイント高い

詳細はここ
 ・125cc と 150cc の比較 (利便性)

バイク125ccと150ccの比較 (初期費用・維持費・利便性)

バイク125ccと150ccの比較 (初期費用・維持費・利便性)

大型バイクと2台持ちなら、125cc。


1台に纏めるなら、ちょっと高いがどこでも走れる自由で150ccがおすすめです。

もちろん、通勤・通学のみでツーリングしないなら125cc

125ccと150cc、どちらを選ぶのかは結局のところ自由とお金の天秤です。

任意保険の等級が進めば差は縮まります。

天秤

大型バイクと125ccの2台持ちが理想ですが、それは向こう側の人間の発想です

通勤/通学にしか使わない。

街乗りだけなのでコスパを追及するなら125cc。

PCXよりアドレスが向いてます。


休日のツーリング重視で、近くのバイパス経由が多いなら150cc。

PCXとNMAXで悩みますね。3輪のトリシティに行ってみますか。

この間の立ち位置だと悩みますが、

日常にうるおいを与える150ccがおすすめです


併せて読みたい
なぜ、250ccまで乗れるのに途中半端な150ccに乗るの?誰得なの?
PCX150 (KF30) 1年乗ってのインプレまとめ【優等生すぎるのが欠点】
【どっち】150ccスクーターのPCXに2年乗って解った125ccとの違い!
バイク保険の安さ比較!チューリッヒ、アクサ、三井ダイレクト
PCX(JF81、KF30)の買取相場と買取価格を高くする方法

タイトルとURLをコピーしました