バイク125ccと150ccの初期費用比較 【税金・本体値段差は妥当?】

125ccと150ccの初期費用125ccと150cc
スポンサーリンク

今までは、125ccが情報通の乗り物とされてきました。

  • 30km/h制限
  • 段階右折

50ccの不便さから解放されて、交通の流れに乗って走れる。

しかし、最近150ccのバイクが増えてきました。

従来は125ccの次のクラスは250ccでしたが、150ccという選択肢が増えました。

125ccと150ccで何が違うのだろう?


そんな疑問を解消します。

125ccと150ccの違いは多岐にわたります。

ここでは初期費用の違いをご紹介します。

125ccにホンのちょっと足すだけで、125ccの我慢から解放されます。

  • 車両本体価格の差はわずか
  • 125ccには重量税が無いが、150ccにはある
  • 125ccと150ccで自賠責の金額が違う

わずか25ccの違いですが、初期費用が違うので注意しよう。

スポンサーリンク

125ccと150ccの違い

125ccと150ccの違い

この記事では、2番目の初期費用の違いにスポットを当てます。

125ccと150cc。

わずか25ccの差です。

丁度いい例えが見つからないけれど、25ccはこれくらい。

  • ペットボトルのキャップ 7.5ml
  • 大さじ1杯 15ml
  • おちょこ1杯 18ml
  • ヤクルト1本 65ml

なぜ、25cc違いのバイクがあるの?

なぜ、25cc違いのバイクがあるの?

最近、150ccクラスのバイクが増えてきました。

  • ホンダ
    PCX150、ADV150
  • ヤマハ
    NMAX1255
    マジェスティS
    トリシティ155
  • スズキ
    バーグマン200

日本では125ccが区切りだけど、海外では150ccが区切りだからです。

日本より海外の需要の方が圧倒的に多いので、バイクは150ccで開発されます。

その150ccバイクを日本のために、『わざわざ排気量ダウンして』125ccにしてる。

元々の150ccの方が

バランスいいんじゃない?

そんな声が大きくなったので、海外の150ccバイクが日本でも売られるようになったのです。

125ccと150ccの立場

125ccと150ccの立場
従来の定説:125ccが最強の排気量だ
  • 125ccは本体が安い
  • 125ccは維持費が安い
  • 125ccは燃費が良い
  • 125ccは50ccのような制限がない
  • 125ccは軽くて日常使いに良い

125ccが最強というのが、定説だったけど、150ccの台頭で怪しくなってきました。

  • 元々150ccなので、バランスが良い
  • 高速道路・自動車専用道路が走れる
  • ピンクナンバーじゃない

などのメリットが多い。

150ccが最強じゃ無いの?

手放しで、そう言えないのが初期費用の縛りです。

125ccと150ccの初期費用の違いをみてみよう。

初期費用は、4種類に分類できる。

  1. 車両本体価格
  2. 税金
  3. 自賠責
  4. バイク保険
スポンサーリンク

125cc 150cc 250cc の車両価格

125cc 150cc 250cc の車両価格

バイクは、排気量が大きくなると本体価格が高くなります。

当たり前だけど、『なぜ?』と聞かれると答えずらい。

  • 車輪の数
  • ハンドルの数

どれも同じだからね。

気筒数が違えば部品の数が変わるけど、気筒数が同じなら大差ない。

違いは強度

排気量が上がると、それだけ出力も上がります。

バイクは、高出力に耐えられるよう、各部の強度を上げる必要がある。

  • 肉厚にする
  • 高品質な材料を使う

結果的に、排気量アップすると高価になり重くなります。

ホンダの125cc/150cc/250ccを例として比べてみます。

 

ホンダPCX125PCX150FORZA
排気量(cc)124149248
最高出力(ps)121523
全長(mm)1,9251,9252,140
重量(kg)130131
(101%)
184
(142%)
WMTCモード値(km/L)50.746.0
(91%)
33.3
(66%)
燃料タンク容量(L)8811
価格(円)342,360373,680
(109%)
646,920
(189%)
パワーウェイトレシオ10.88.7
(81%)
8
(74%)
  • 150ccは、わずか9%の価格アップで、パワーウェイトレシオは19%向上します。
  • 250ccは、89%も価格アップして、パワーウェイトレシオは26%しか向上しません。
  • 150ccは燃費悪化9%に留まりますが、250ccは34%も悪化します。

150ccは125ccと同じ車体でエンジンが違うだけです。

  • 重量が1kg違うだけ ⇒ 取り回しは同じ
  • パワフルになる ⇒ 激坂もスイスイ
  • なのに値段や燃費は大差ありません

250ccは重くて大きくて重厚長大な恐竜のよう。

125ccと150ccの価格差

125ccと150ccの価格差

僅か25cc違いで9%の価格差をどう考える?

  • 世界的な流通量では、圧倒的に150ccの方が数が出る
  • 違いはエンジンパーツだけ

数の理論で行けば、150ccの方が安く作れるはず。

排気量と価格が逆転するのはマズいからだと思うけど

125ccをバーゲン価格と見るか、150ccを割高と見るか

125ccと150ccのパワー差

125ccと150ccのパワー差

125ccと150ccでパワーウェイトレシオは19%向上します。

僅か25ccなのに大きな差と見えるけど、

125ccと150ccで20%排気量アップしてる。

排気量アップ量とパワーウェイトレシオアップ量は、同じなので妥当な線。

125ccと150ccの燃費差

125ccと150ccの燃費差

125ccに比べれば、確かに燃費は悪化しますが、46km/Lも走れば十分です。

排気量20%アップで燃費9%ダウンは、ガンバってると考えたい。


それに、実使用では燃費より航続距離が利便性に効いてきます。

燃料タンク8Lも有るので、150ccでも300kmは軽く走ります。

実使用で燃費の差は、気にならない

どの排気量でも、ホンダは他社に比べ燃費が良いから、多少の差は飲み込んでしまう。

125cc 150cc 250cc の税金・自賠責込み初期費用

125cc と 150cc の比較 (初期費用)
ホンダPCX125PCX150FORZA
車両価格(円)342,360373,680646,920
自賠責保険(24カ月)(円)8,8509,7709,770
重量税(円)04,9004,900
軽自動車税(円)2,4003,6003,600
納車整備手数料(円)7,00010,00010,000
合計(円)360,610401,950675,190

税、登録費用を含めた初期費用を前述のホンダで比べました。

125cc以上は重量税を取られるのが痛い出費です。

けれど150ccは、4万円のコストアップしかしません。

重量税・軽自動車税

重量税・軽自動車税

125ccが税制の区切りなので、差があるのは致し方ない。

けど、150ccになると重量税が発生するのは、痛い。

僅か1kg重くなるだけで、『重量税』は無いだろうと思うけどね。

納車整備費用

納車整備費用

ショップによっては車両本体価格に含まれるところもあります。

新車の場合は、請求されない場合も多い。

排気量によって差があるのは納得できる。

125ccと150ccでやることに差があるとは思えないけどね!


保険料の比較は、ココ

バイク125ccと150ccの初期費用比較 まとめ

バイク125ccと150ccの初期費用比較 まとめ

125ccと150ccの初期費用の差は、4万円

10%なので大きいが、呑めない値段ではない

150ccは区分が変わるので、重量税が掛かるのが痛いが、致し方ない。

10年乗るとすれば、1年あたり僅かな初期費用の追加です


4万円余分に払って150ccにすると

  • チョット力強くなって
  • 高速道路・自動車専用道路を走れる

この差に4万円の価値を認めるか、否か?


併せて読みたい

タイトルとURLをコピーしました