PCXトランスミッションオイルの交換方法【交換時期でも体感不可能】

トランスミッションオイルメンテ・カスタム
スポンサーリンク

PCXはエンジンオイルとトランスミッションオイルが分かれてます。

それぞれ、別々に交換する必要があります。

トランスミッションオイルを換えてますか?

どうやって交換するの?

自分でできるの?

そんな疑問を解消します。

トランスミッションオイル交換は、難しくない

  • エンジンオイル交換で残ったオイルでOK
  • 4年に1度の交換
  • オイル交換容量 0.2L程度
  • M12ボルトの開け閉めだけ
  • 初代PCX~最新までやり方は同じ

トランスミッションオイル交換は、メンテ初心者でも簡単です。

トランスミッションオイル交換の効果は、体感出来ません。

だけど、やらなくていい訳じゃない。

心理的な効果は、十分あります。

スポンサーリンク

PCXのトランスミッションオイル交換時期

PCXのトランスミッションオイル交換時期

メンテマニュアル記載のトランスミッションオイル交換仕様

  • 初回 5年、以降 4年ごとに交換
  • 推奨オイル ホンダ純正 ウルトラE1
  • オイル交換容量 0.12L

オイルはエンジンオイルと同じものが指定されています。

マニュアルの半分の周期で交換としても、交換は2年に1回で十分。

オイルはエンジンオイルと同じものを使えば良い、と言う理解です。

オイル1Lを買えば、

  • エンジンオイル交換で0.8L
  • トランスミッションオイル交換で0.12L

で、ちょうど使い切ります。

実際に2年2万kmで交換しました

見た目でオイルの劣化は感じられませんでした

大した手間でもないのでエンジンオイル交換時についでに変えても良い。

逆に、4年ごとでも大丈夫な気がします。

スポンサーリンク

PCXのミッションオイル交換に準備するもの

PCXのミッションオイル交換に準備するもの

PCXのミッションオイル交換に必要なものは5つ。

  1. エンジンオイル
  2. オイラー
  3. シーリングワッシャー
  4. 廃油BOX
  5. レンチ

特殊な部材・工具は不要です。

1.エンジンオイル

エンジンオイル交換で残ったオイルで十分です。

20Lペール缶で買えば1L価格の20%引きくらいで買えます。

けど、PCXのみで使い切ろうとすると10年位掛かるので現実的では有りません。

しかし大型バイクとの2台持ちならば視野に入ってきます。

大型バイクのエンジンオイルは4L以上使う事も珍しくないので20Lでも数年で消費出来ます。

もちろんその場合はE1では無く、G3、G4になるかとは思います。

エンジンオイルの消費期限

冷暗所保管なら

  • 未開封オイルは10年位は楽に持ちます
  • 開封後でも、2,3年は持ちます

オイルの劣化要因は酸化です。

酸化を促進させるが高温高湿です。

高温になるエンジン内で1年間持つのですから、冷暗所で2,3年持たない訳がありません

2.オイラー

PCXのトランスミッションオイルを入れる口は奥まったところに有ります。

オイル缶から直接入れるのはムリなので、こういったオイラーが必要です。

100円ショップにある調味料入れでも使えるけど、オイラーの方が口が長いので使い易い。

それほど値段変わらないので、オイラーがおすすめ。

3.シーリングワッシャー

M8シーリングワッシャーであれば、銘柄はお好みでOKです。

2個使います

ボルトのネジ締めは程々に

漏れないようにと馬鹿力でボルトを締めると、容易にネジ山を痛めます

エンジンはアルミなので柔らかいのです。

ナメると高額修理になるのでほどほどにしておこう。

手で締めていって、最後に工具で少しトルクを掛けるぐらいで十分です。

そう簡単に緩んだりしません。

もしオイルが滲んでたらもうチョイ締めればいいや」、の心づもり。

心配ならば、トルクレンチを使うと安心

4.廃油BOX

トランスミッションオイルは0.12Lですので、これだけに使うのは勿体ない。

エンジンオイル交換のついでにトランスミッションオイルも交換しよう。

5.レンチ

M12ボルトの開け閉め出来る工具。

奥まったところに有るので、メガネレンチだと苦労します。

ボックスレンチの方が作業性はいい。

ボックスレンチは、ピンキリ

Snap-on、KTCのようなブランドから、フルセット2,000円まであります。

長く使うなら最低でも、TONE、SK11がおすすめ。

フルセット2,000円は、ナメたり、すぐにラチェットがダメになる。

PCX トランスミッションオイル交換方法

古いトランスミッションオイルの排出
  1. 下に廃油BOXをおいてから
  2. ①のボルトを緩めるとオイルが出てきます
  3. M8シーリングワッシャーを新品に交換して、締めます
  4. ②のボルトから新しいオイルを入れる
  5. M8シーリングワッシャーを新品に交換して、締めます

古いトランスミッションオイルの排出

サイドスタンドでも可能な作業ですが、センタスタンドで正立させた方が作業スペースは稼げます。

最初は手で絞めて最後のトルクを掛ける時だけ工具を使います。

ネジ山をナメない用心です。

細いねじなので、思い切り締めると舐めます。

回らなくなって、工具に替えてから30°くらい回せば十分。

新しいトランスミッションオイルの注入

新しいトランスミッションオイルの注入

②ボルトを外して、そこにオイラーを突き刺してオイルを注入します。

0.12L入れてオイルが溢れてきたら注入完了です。

オイル量は気にしなくても、溢れるまで入れればOK。

シーリングワッシャーを交換後にボルトを手で絞めて、最後に工具でトルクを掛けます。

回らなくなって、工具に替えてから30°くらい回せば十分。

最後に周辺にこぼれたオイルを拭いて綺麗にしたら、作業完了です。

エンジンオイル交換の方法は、ココ

PCXのトランスミッションオイル交換 まとめ

PCXのトランスミッションオイル交換 まとめ

ミッションオイル交換時期

マニュアルでは4年ごとだが、2年ごとをすすめます。エンジンオイル交換ごとでもOK

ミッションオイル交換に準備するもの

ミッションオイル交換のコツ

  • 馬鹿力で締めない
  • シーリングワッシャーを入れるのを忘れない
  • 最初だけ工具で緩めて、あとは手で緩める
  • 最初は手で締めて、最後だけ工具で締める

トランスミッションオイル交換前後で、違いを体感するのは難しい。

高価なオイルを入れても、 違いを体感するのは難しい。

だからと言って、交換しなくて良いわけではありません。

それにオイル交換で気持ちが落ち着くのであれば、それはそれで大きな効果です。


併せて読みたい

タイトルとURLをコピーしました