【どっち?】リュックとメッセンジャーバッグの比較!【おすすめ5選】

リュックとメッセンジャーバッグの比較バイク用品

バイクに乗るとき、荷物を背負わない方が良いのは常識です。

体の負担になるので、荷物はバイクに固定したほうがいい。

でも、通勤・通学、ショートツーリングなら、背負った方が便利!


そんなとき、どんなバッグを持てばいいのだろう?

リュックも良いけど

メッセンジャーバッグもかっこいい!


どっちの方がイイとかあるの?

そんな疑問を解消します。

  • 背負った時の安定感はリュック
  • 荷物へのアクセスはメッセンジャーバッグ


シーンで使い分ければ、両方楽しめる

こんな内容を知って、スッキリしよう。


せっかくバイクに乗るのだから、バッグにもこだわりたい。

お気に入りのバッグを身に着けてバイクに乗れば、気持ちいいに決まてる。

バイクには、どんなバッグが合うのか?

バイクには、どんなバッグが合うのか?

バイクツーリングでは、荷物はバイクに固定するのが常識です。

荷物の重みを受け続けると疲れるし、体重移動の邪魔にもなる。

  • 通勤・通学
  • 街乗り
  • ショートツーリング

けれど短時間移動ならば、荷物を背負う方が便利です。

バイクに固定したバッグを取り外す手間が無く、停車して直ぐに移動できるからね。

どんなバッグを使えばいいのか?

どんなバッグを使えばいいのか?

背負うバッグにもいろいろある。

  • リュック
  • メッセンジャーバッグ
  • ショルダーバッグ
  • ボディバッグ
  • ウエストバッグ
  • コサッシュ

ボストンバッグやブリーフケースだって、ショルダーハーネスを付ければ背負える。

バイクで使えるバッグはどれにすればいいのだろう?

おすすめはリュックとメッセンジャーバッグ

体に密着して、バイク操作の邪魔にならないバッグがおすすめ

バイク走行中に、バッグがブラブラするのは困る。

カーブ毎にバッグが暴れたら危ないからね。

重量物を入れてると遠心力で体が持ってかれて、バランスを崩してしまうこともある。

だから、ショルダーバッグ・コサッシュは無し。



財布・スマホ・キー程度の小荷物なら、ボディバッグやウエストバッグも使える。

だけど、仕事道具や着替えなどを入れようとすると容量が足りない。


結局残るのは、リュックとメッセンジャーバッグ。


大きなトップケースにバッグをぶち込むという荒業もあるけどね!


リュックとメッセンジャーバッグの比較

リュックとメッセンジャーバッグの比較
photo by CHROME

優劣は無いので好みで選べばOKだけど、特性の違いは知っておこう

  • 安定感なら、ガチのリュック
  • 見た目なら、スマートなメッセンジャーバッグ



リュックとメッセンジャーバッグは、似て非なるもの。

得意・不得意の守備範囲が違います。

あなたの使い方に合うのはどちらでしょうか?

項目リュックメッセンジャーバッグ
重い荷物 
長距離移動 
ベルト調節 
仕切りが多い 
取り出し易さ 
背中の汗 
カッコよさ 



リュックのメリット・デメリット

リュックのメリット・デメリット

登山にメッセンジャーバッグを使う人が居ないのが

全てを物語る

荷物が重かったり長時間移動なら、断然リュックです。

両肩と腰で荷物を支えれば、体と一体化してブレないし重さも感じにくい。



リュックのメリット・デメリットをみて見よう。

リュックのメリット

リュックのメリット
  • 両肩に均等に負荷が掛かるので、痛くなり難い
  • 体にフィットするよう、各部ハーネスで調節可能
  • 仕切りも多く、荷物を整理し易い
  • 汗対策で背中とリュックが密着しない工夫があることも


ガチで荷物を背負うならリュックに限る。


リュックでも、カッコ良いのが欲しいなら




一般的なリュックならココ




リュックのデメリット

リュックのデメリット

ガチで荷物を運ぶなら、バイクに固定した方がいい


長時間移動するなら、荷物はバイクにくくりつけるべきです。

荷物の重さで体が疲れてしまうし、背中もムレる。


通勤・通学、ショートツーリングなら背負ってもいいけど、それ以上は疲れてしまう。


とすると、リュックのメリットが薄れる気もする。


ガッツリ走るなら、シートバッグ!




メッセンジャーバッグのメリット・デメリット

メッセンジャーバッグのメリット・デメリット
photo by CHROME

メッセンジャーバッグの最大の特徴は、片掛けであること。

片方の肩で背負うのが、メリットでもありデメリットでもある。

メッセンジャーバッグのメリット1 荷物にアクセスしやすい

メッセンジャーバッグのメリット1 荷物にアクセスしやすい
5年使い倒しても、目立ったヤレは無い

荷物の出し入れ・使い勝手なら、断然メッセンジャーバッグ

  • ベルトをワンタッチで緩める
  • バッグをクルンと前に回す
  • フラップをめくりあげる

アッと言う間にバッグの中身にアクセスできます。


メッセンジャーが荷物を届けるのに特化したバッグなので、当然と言えば当然。

簡単にベルト長を調節できるのは、電車に乗るときも使える。

ベルトをのばしてショルダー風に使えば、他の乗客の迷惑にならない。

混んだ社内でリュックを背負続けるのは、迷惑でしかない

気遣いが日本の美徳だからね



内部の仕切りはほとんど無いので、何でも『エイヤッ』と突っ込めるのも良いところ。

その気になれば、ヘルメットだって入ってしまう。

そんなラフさ、

自由なのがメッセンジャーバッグのいいところ




メッセンジャーバッグのメリット2 カッコいい

photo by CHROME

バイク乗りにとって、『カッコいい』は全てに優先する

なにより、カッコいい。


メッセンジャーバッグはその生い立ちからして、都心部の風景が似合います。

オフィス街を縫って書類を届けるメッセンジャーを連想させる。




荷物が少ないなら、ウエストバッグをメッセンジャー風に肩掛けしてもいい



メッセンジャーバッグのデメリット

メッセンジャーバッグのデメリット
5年使い倒しても、目立ったヤレは無い

メリットの裏返しだけど

  • 片肩に負担が掛かる
  • 荷物の整理が出来ない

メッセンジャーバッグは、ただの袋です。

リュックのような仕切りは、ほぼ無い。

だから、荷物が混然一体となるのは、致し方ない。

几帳面な方には相容れない部分があるかもしれない。


そして、最大の特徴『片掛け』も負担が集中するという背反になる。

一般的なメッセンジャーバッグは、左肩で背負うように出来てます。

疲れたからと言って、右肩では背負い難い。

1番人気のメッセンジャーバッグCHROME(クローム)には、

ハーネスを付け替えられて左右肩を選べるタイプもあります。

しかし、マレ。



おすすめのリュック・メッセンジャーバッグ5選

おすすめのリュック・メッセンジャーバッグ5選

photo by CHROME

リュック、メッセンジャーバッグともに選択肢は無限にあります。


まず、皆がどんな選択をしているのか?

売れ筋ランキングを見てみるのもアリ。


Amazon公式 リュック売れ筋ランキング



Amazon公式 メッセンジャーバッグ売れ筋ランキング


ランキングから選んでも良いけれど、おすすめはこの5つ。

  1. CHROME(クローム) CTZ
  2. HROME(クローム) MINI METRO
  3. arcteryx (アークテリクス) アロー22
  4. BOBLBEE(ボブルビー) 25L GTX
  5. GREGORY(グレゴリー) ファインデイ

1.CHROME(クローム) CTZ

CHROME(クローム)  CTZ


本物のメッセンジャーバッグ

機能的でタフでカッコいい!

アメリカのCHROME(クローム)は、メッセンジャーのためのメッセンジャーバッグを作ってます。

ファッションアイテムとは一線を画すタフさ・防水性・機能性は、一度使うと手放せなくなる。

  • 24L
  • 防水
  • シートベルトバックル


実用一点張りだけでなく、シートベルトのバックルがアイコンになってるのもカッコいい!

詳しくはココ


2.HROME(クローム) MINI METRO

  • 20L
  • 防水
  • シートベルトバックル

CHROME(クローム) CTZのサイズをコンパクト化したのが、MINI METRO。

小柄な方には、こちらの方が使い易い。

荷物の少ない方もMINI METROの20Lで十分かもしれない。


しかし、不釣り合いな大きさもメッセンジャーバッグの魅力だから悩ましい。

3.arcteryx (アークテリクス) アロー22

photo by arcteryx

アウトドア味になりがちなリュックをスッキリと使うなら、アークテリクス。



デザインが際立ってるので、外見重視と思われるけど

  • 防水素材、防水ファスナー
  • 体に接する部分にはクッションパネル

シッカリ機能も押さえられてる。

4.BOBLBEE(ボブルビー) 25L GTX

  • 容量:20〜25L
  • 防水
  • 材質:ABS、ポリエステル、ほか

BOBLBEE(ボブルビー)は、スエーデン生まれのハードシェルなリュック。

リュックの概念を覆す硬質な外殻が目を引きます。

外殻は、見た目のインパクトだけでなく、背骨を守るプロテクターにもなる。

カラーバリエーションで悩むのはお約束。



5.GREGORY(グレゴリー) ファインデイ

  • 容量:16L
  • A4サイズ対応
  • 材質:ナイロン・ポリエステル

定番なら、グレゴリー。

何の不安も無く選ぶことが出来ます。


ファインデイは、16Lと日常で使い易いサイズ感が丁度いい。



リュックとメッセンジャーバッグの比較! まとめ

リュックとメッセンジャーバッグの比較! まとめ
  • ロングツーリングなら、荷物は背負わない方がいい
  • 日常ユースなら、リュックとメッセンジャーバッグは使い勝手がいい


ケースバイケースなので、どっちが一方的に優れてる訳じゃない。

リュックとメッセンジャーバッグも同じように、好みで選べばいい。


あなたは、どっち?


併せて読みたい

タイトルとURLをコピーしました