メンテナンススタンドのおすすめ5選と使い方!【初めは怖いよね!】

メンテ・カスタム
スポンサーリンク

バイクのチェーン清掃・注油は、どしていますか?

少しずつバイクを動かしながらやってるとしたら、面倒ですよね。

メンテナススタンドで後輪を上げると、チェーンメンテが容易に出来ます。

いろんな種類があって

どれを買えば良いのか判らない!

そんな悩みを解消します。

おすすめ5選の特徴と使い方のコツ

  1. センタースタンド
  2. ジェイトリップ メンテナンススタンド
  3. リフトアップスタンド
  4. イージーリフトアップスタンド
  5. ローラースタンド

こんな内容を知って、スッキリしよう。

後輪を上げるの、バイクを倒しそうで怖い。

でも、コツを知れば、簡単!

便利すぎて止められない。

スポンサーリンク

おすすめメンテナンススタンド 5選

実際に使ったメンテナンススタンド。

それぞれ特徴があって使い易さが違います。

こうしてみると、色んな種類を使ってきました。

数年使った後の写真なので、経年変化の参考にもなる。

1.センタースタンド

センタースタンド

最近のバイクには、ほとんど装備されてません。

  • コスト高になる
  • バンクすると接地するのでバンク角が稼げない
  • 重くなる

デメリットが目立つけど、

メンテナンス性なら

センタースタンドがベスト!

ロングツーリングの出先で雨に降られたら、チェーンオイルを足したくなります。

けれどメンテナンススタンドを持ってツーリングに行く人は居ません。

センタースタンドがあれば、出先でも気軽にリアタイヤを浮かしてチェーンメンテが出来ます。

なぜ、最近のバイクには装備されていないのでしょうか。

走るのには不要な装備なので、重りでしかない。

けれど、センタースタンドを切望している人は少なくない。

せめてオプション設定して欲しいものです。


チェーンオイルにこだわるなら

2.ジェイトリップ メンテナンススタンド

ジェイトリップ メンテナンススタンド

後輪を持ち上げてしっかり保持するバイクスタンドです。

バイクにセンタースタンドがなければ、このタイプがおすすめ。

センタースタンドと同程度の安定感なので、安心してチェーンメンテが出来ます。

ジェイトリップ、安心の日本製がおすすめ。

安いのを買ってメンテ中に落ちてきたら目も当てられません。

写真は、5年以上使用しているものです

どこもサビていませんしガタもありません

日本製とは、こういうこと

メンテナンススタンドの使い方のコツ

初めてこのタイプのメンテナンススタンドを使うときはバイクを倒しそうで怖い。

初めは緊張します。

バイクを倒しそうで腰が引けてしまい力が入らない。

なかなか後輪が上がらないと思います

コツは、思い切って乗ってしまうこと

所定の位置にメンテナンススタンドをセットしたら、

乗っかるつもりで体重を掛ければ簡単に上がります

誰でも最初は怖い。

あなただけじゃないので、安心してください。

直ぐに自転車のスタンドを掛けるように、扱えるようになります。

心配は要りません。

最初は誰かに車体を真っすぐに支えて貰いながら、練習するのがおすすめです。

1時間も練習すれば、1人で上げ下げ出来るようになります。

敬遠して試さないのは、勿体ない。


シッカリ後輪がもちあがれば、チェーン交換も可能

3.リフトアップスタンド

リフトアップスタンド
リフトスタンド
ツールズアイランド(Toolsisland)
¥5,940(2021/06/01 07:52時点)

エンジンの下にセットして、エンジンを持ち上げてバイクの前後輪とも持ち上げます。

  • メリットは、前後輪とも持ち上がるので、ホイールを外してのメンテも出来ること
  • デメリットは、 耐荷重150kg程度なので、重いバイクはムリなこと

元々はオフ車の整備用のスタンドですが、軽量バイクなら楽に上がります。

8年くらい前、セローに乗ってた時に買ったものです。

ご紹介したものと基本構造は同じで、レバーを下げるとテコの原理で車体が軽く持ち上がります。


このタイプを買うなら、ダンパー付きがおすすめ!

下げる時、レバーをリリースするとゆっくり下がってきます。

ダンパー付きをおすすめします

ダンパーが無いと、下げる時に『ドスン』と下がるのでバイクが倒れそうになります


最初、ダンパー無しを買い

バイクを倒して、買い直した人が言うのだから

間違い無い

4.イージーリフトアップスタンド

バイクの右側スイングアームにセットして、サイドスタンドとこれでリアタイヤを浮かします。

基本的にはツーリングなどの出先で使う簡易的なメンテナンススタンドです。

他のメンテナンススタンドとは違い、安定感は有りません

あくまでチョット浮かしてチェーンメンテするためだけのツール

これでリアタイヤを外しての重メンテなど、決して考えないで下さい。

バイクを倒す危険があります。

理解して使うなら、自己責任で。

簡易スタンドです

バイクがゆれと、外れてバイクが落ちてきます。

取扱には注意が必要!

イージーリフトアップスタンド

この写真は、もういつ買ったか覚えていないほど昔の品。

長さの違うパーツを組み替えて、バイクの高さに合わせます。

要はただの棒です。

サイドスタンドの反対側に差し込みます。

こんなものでも、有ると無いとでは大違い!

出先でずいぶんお世話になりました。

[ad]

5.ローラースタンド

ローラースタンド

バイクのリアタイヤをローラーの上にのせると、ローラーによりリアタイヤが手で回せます。

  • メリットは、リアタイヤを持ち上げないので、安心なこと
  • デメリットは、回して使ってるとタイヤがズレてくること

サイドスタンドでバイクは傾いているので、回しているとタイヤがズレてきます。

そしてローラーから外れ回らなくなります。

コツをつかむまでは、何度もセットし直す羽目になる。

リアタイヤを上げるのが怖いなら、これ!

スポンサーリンク

メンテナンススタンドのおすすめ5選と使い方、 まとめ

あなたは、どれにしますか?

ガッチリ安定して持ち上げられるタイプは、メンテが楽しくなる。

ぜひ持っていたいツールです。

一方、ロングツーリングなら、出先でチェーンメンテも必要。

簡易タイプも、持ってるに越したことは無い。


バイク関連のグッズが、いつの間にか増えるのは仕方ないよね!


併せて読みたい

タイトルとURLをコピーしました