バイクのウインカーを車検対応LEDにする方法!おすすめLED3選

LEDウインカーのススメメンテ・カスタム

バイクのウインカーをLED化すると、切れの良い鋭い発光になります。

トラッドなバイクには電球の柔らかい光が似合うけれど、

最近のストファイやSSにはLEDの光が似合います。

ウインカーをLEDに変えるには

どうすれば良いの?

そんな疑問を解消します。

ウインカーは保安部品なので車検でマークされ易いパーツです。

車検に通るバイクウインカーのLED化手順を教えします。

スポンサーリンク

バイクウインカーのLED化に必要なもの

メーターパネルには、ウインカー点灯状態を示すインジケーターランプがあります。

これの数によって、必要な部材が変わります。

インジケーターランプが2つのバイク

左右のウインカー別々に2つのインジケーターランプが有るバイクのLED化には、2部品が必要です。

  1. ICウインカーリレー
  2. LEDウインカーバルブ
インジケーターランプが2つのバイク

インジケーターランプが1つのバイク

左右のウインカー共通で1つのインジケーターランプのバイクのLED化には3部品が必要です。

  1. ICウインカーリレー
  2. LEDウインカーバルブ
  3. 整流ダイオード
インジケーターランプが1つのバイク
スポンサーリンク

インジケーターランプの数で異なる理由

電気回路の込み入った話なので、インジケーターが2個あった人は飛ばして読んでもらって構いません。

インジケーターが1つなら、整流ダイオードが必要

と覚えて貰えれば十分です。


飛ばすなら、この章の終わりへジャンプ



インジケーターが1つしかなかったら、頑張って読んでみて下さい。

インジケーター1つの回路構成

インジケーター1つの回路構成

インジケーター1個の点灯は、このような並列回路になってます。

例えば右ウインカーを点灯させる時は、右ウインカーに流れる系とインジケーターから左ウインカーに流れる系の2つの並列回路になります。

右ウインカーを点灯させるときも、左ウインカーに通電される

バッテリーから20の電力が出るとすると、右ウインカーには20の電力が掛かり発光します。

左ウインカーにはインジケーターで消費した5を除いた15しか掛かりません。

20掛からないと発行しないので、15では通電しても光らないのです。

このままLED化すると、左右とも点滅してしまう

この回路構成のままウインカーランプをLEDに変えると、左右のランプが両方点灯してしまいます。

LEDは消費電力が小さいので、15掛しか掛かってなくても左ウインカーが点灯してしまうのです。

左右どちらのウインカーをつけても、左右とも点灯するハザードになってしまいます。

回避するには、整流ダイオードを追加

青い部分が整流ダイオードです。一方通行にしか流れないダイオードを使って、片方のウインカーだけを光らせるように、ハーネスの改造が必要です。

整流ダイオードを追加

インジケーターランプのハーネス2本を切断した後に、このハーネスを接続します。

改造前

整流ダイオードを追加前

※改造後

青色部が追加する整流ダイオードです

インジケーターの片側は近くのGNDにねじ止めしておきます。

整流ダイオードを追加後
LED化におすすめのICリレー
photo by xunil96

 

LED化におすすめのICリレー、LEDランプ

ICリレー

ウインカーをLEDに変える時に合は、ウインカーリレーをLED対応品に交換する必要が有ります。

交換しないと高速で点滅を繰り返すハイフラ状態になります。

このデイトナのLED対応ICリレーは2PIN/3PIN対応で幅広い車種で使えるので、汎用性が高い。

実際に使用した人の口コミでも好評を得てます。

なぜ、ハイフラになるのか

ウインカーリレーは『ししおどし 』 のようになってます。

  1. 電気が溜まるのを待つ
  2. 電気が溜まり切ると、電気が放出されてウインカー点灯する
  3. 溜まっていた電気が放出されたので元に戻って消灯する
  4. また、電気が溜まるまで、1で待つ

通常の電球は21W程度、LEDは3W程度です。

通常の電球の時は溜まった電気を沢山使いますが、LEDは沢山貯めても3Wと少ししか使いません。

このため、またすぐに溜まってしまうのです。直ぐ溜まるのですぐ放出して、を繰り返すので高速で点滅するのです。

一方、ICリレーは、ししおどし方式では有りません。

使う電気の量に関わらずICで点灯周期を計算します。だから周期が電気の量に依らず一定になるのです。

ICリレーに変えるのではなく、LEDに抵抗器を付ける対策も有ります。

LEDだけど電球なみに電気を沢山使って、ししおどしの時間を稼ぐのです。

けれど、せっかくのLEDの省エネが無駄になるのでICリレーで対策しよう。

LEDウインカー

LED電球のみ交換

LEDウインカーに車用・バイク用の差はありません。

口金(差し込み口の形状)さえ合えば、車用のLEDが使えます。

口金には、T20、S35などの規格があります。自分のバイクの口金規格を確認して買おう。

通常21Wの電球を5W程度のLEDに変えると大幅な省エネになり、バッテリーにも優しくなります。

ウインカー本体ごと交換

薄型LED

LEDならではの薄い形状のウインカーに変えると、バイクが引き締まります。

オレンジ色、スモーク、無色などのバリエーションがあります。

バリエーションが多く、自分のイメージに合わせやすいLEDウインカーです。

猫目LED

キャッツアイ形状で、色々なジャンルのバイクに溶け込みそうです。

ウインカーの法的な要件

国土交通省 道路運送車両の保安基準(2019年11月15日現在)抜粋

  • 発行色は橙色のみ
  • 光源のワット数は10W以上60W以下、照明部の面積は7平方cm以上
    Eマーク付きLEDは除く
  • 発光面中心より内側20度、外側80度から視認可能であること
  • 毎分60回~120回で一定の周期であること
  • 昼間100m離れたところから点灯が確認出来ること
  • フロントウインカーの最内縁が240mm以上離れていること
  • リアウインカーの発光面の中心が150mm以上離れていること
  • 車両中心面に対して対称の位置に取り付けられていること
  • 照明部の中心は地上2.3m以下となるように取り付けられていること

発光色が橙色というのはレンズの色ではありませんので、アンバーや無色のレンズでもOKです。

ウインカーのカスタムでは、この3つの違反に抵触しがちです。

  • 明るさ
  • 点滅周期
  • 左右ウインカーの設置幅

ウインカーを替えたら必ず確認しよう。

車検でウインカーは検査員の目視検査です。

検査員も人間なので、爽やかに接するように心掛けよう

スポンサーリンク

車検対応のバイクウインカーLED化 まとめ

  • インジケーターランプが2つのバイク
    ICリレー、LEDランプを交換
  • インジケーターランプが1つのバイク
    ICリレー、LEDランプに整流ダイオード追加
  • 車検では、ウインカーの法的要件に注意
    100m先から見える
    点滅周期が毎分60回~120回
    左右ウインカーの設置幅
  • LED電球のみ交換とウインカー本体交換
    LED電球のみ交換する時は、口金の規格に注意

ウインカーをLEDにすると、歯切れのいい点滅が心地いい。

LEDは消費電力も抑えられるのでバッテリーにも有利です。

最近の尖ったバイクには電球の温かみは不要なので、LEDを標準仕様にすべきです。

全てLEDが当たり前になる日も近い。

メンテ・カスタム 電装品
スポンサーリンク

Amazonで5,000円以上のギフト券を買うと、1,000ポイント貰えるキャンペーン中です。

5,000円で1,000円貰えるので大変お得です。
0.5~2.5%もポイントも付きます。
ギフト券の有効期限は10年なので、期限切れになる心配も有りません。

Amazonチャージ 初回購入限定キャンペーン ギフト券

突然キャンペーンは終わるので、終わってたらごめんなさい。

ごくうをフォローする
PCXでGO!
タイトルとURLをコピーしました