なぜ、最後のバイクは125ccなのか?【3つの理由・3台の候補】

最後のバイクは125ccの理由125ccと150cc

Amazonで10人に1人 5万ポイントが当たる

2022年11月18日~12月16日

Amazonで10人に1人が5万ポイント貰えるキャンペーン実施中です

エントリーしないのは勿体ない!

⇒ Amazon公式 キャンペーン

運試ししませんか?

祭りを楽しみましたか?

最初のバイクは、壊れかけの50ccでしょうか?

最近は、250cc新車で始まる人も多いですね。

その後、色んなバイクを乗り継いだはずです。

最後のバイクは、どれにしますか?

最後のバイクは、125ccってよく聞くけど

なぜなの?

125ccで、満足できるの?

そんな疑問を解消します。

最後のバイクに125ccが選ばれる理由は3つ

  1. 価値観の変化
  2. 時間の制約
  3. 体力の衰え

最後のバイク候補 3台

  1. ホンダ モトラ
  2. ホンダ JAZZ
  3. ホンダ SOLO

こんな内容を知って、スッキリしよう。

  • リッターSSでカッ飛ぶのも楽しい
  • クルーザーで放浪するのも楽しい
  • オフ車で林道探索も楽しい

けれど、祭りの終わりは125ccに収束していく。

大型バイクをディスる意図はありません

しかし、逆鱗に触れる表現があるやもしれません

あらかじめ、伏してお詫び申し上げます

1.価値観の変化

価値観の変化

コーヒーは、好きですか?

スタバのコーヒーも美味しいけれど、こだわりたくなる。

豆・焙煎・挽き方から始まり

コーヒーの量・湯の温度、そして淹れ方

  • ドリッパー
  • フレンチプレス
  • サイフォン

こだわり出せば、底無しです。

こだわりの向こう側

こだわりの向こう側

理想のコーヒーを見つける旅は、長くて楽しい。

だけど、旅を続ければ続けるほど、コーヒーへのこだわりは消えていきます。

  • インスタントコーヒー
  • 自販機コーヒー
  • コンビニコーヒー

どれも、ウマい。

こだわらなくても、コーヒーは美味しい

スペックとおいしさは関係ないことに気づきます。

125ccバイク

125ccバイク

最初に買ったバイクを覚えてますか?


バイク雑誌のインプレを何度も読み返し

スペックを比較してチョッとした違いに思い悩み

お金を貯めて買った、初めてのバイク

忘れるわけ、無いですよね

その後、色んなバイクに乗ったと思います。

  • リッターSSの暴力的な加速
  • 大型クルーザーのどこまでも行ける無敵感
  • 自分でコツコツ作り上げたカフェレーサー

どのバイクも楽しかったけれど、シンプルなバイクにひかれ出します。

昔なら50ccだけど、30km/h制限や環境規制で見る影もない。

今、一番シンプルなバイクが125cc。


シンプルに暮らすなら

2.時間の制約

時間の制約

時間なんて、幾らでもあったからね

  • 高速道路を使って、見知らぬ土地へ
  • キャンプ道具を満載して、道まかせ
  • 寝つきが悪ければ、深夜に走り出す

いろんな楽しみがあるから、いろんなバイクが欲しくなる。

ハイスペックなバイク

ハイスペックなバイク

ハイスペックなバイクは、所有欲・自己顕示欲も満たす

  • 200馬力
  • スリッパークラッチ
  • 電子制御スロット などなど

高性能エンジンにハイテクで武装したバイクに、憧れない人はいません。

ABSやトラコンは、もはやハイテクの範疇ですらない。


あり得ない加速を味わってみたい。

ハイスペックなバイクに憧れ、手にした喜びはひとしおだったはずです。

飾っておいても仕方ない

飾っておいても仕方ない

ハイスペックなバイクは、乗る場所を選ぶ


昔のように、無限な自由時間はみつかりません。

バイクに興味がなくなった訳では無いけれど

なかなかハイスペックなバイクの出番はやって来ません。

バイクカバーの中で、ひたすら待ち続けるバイク。

カバーにホコリが積もる。

気軽に乗り出せるのが、125cc


ハイスペックバイクにつては、ココ


3.体力の衰え

体力の衰え

登ったら、下るしかない

  • バイクの取り回しに、掛け声が要る
  • 跨ったバイクを起こすのに、ズッシリ
  • 倒したバイクを起こせない

ハイスペックで見栄えがいい大型バイクは、総じて重たい。

  • 大型バイク 250~300kg
  • 125cc 130~150kg

起こせないバイクに、何で?

昔の自分に、ブーメランが突き刺さります。

オモシロそうな小道を見つけても、入っていくのがためらわれる。

気軽に乗り出す

気軽に乗り出す

乗り出すまでの儀式を思うだけで、萎えてしまう。

  • ウエア
  • ブーツ
  • バイクカバー
  • 太いロック
  • 重い取り回し

大型バイクの高速域での転倒を考えると、装備もシッカリしたい。

高価な大型バイクは、泥棒に狙われやすいから、ワイヤーロックもゴツイのが欲しい。

乗り出すまでに疲れてしまう。


バイクの軽さは、絶対正義。

『横風がすごい日は重い方が 』 、なんてのは重箱の隅。

低速でも楽しい

  • 大型バイクは、楽しい速度域が高い
  • 125ccは、楽しい速度域がちょうどいい

体力が衰えてくると、大型バイクにしがみ付いて高速で走るのは疲れる。


40~50km/h。


大型バイクでは、眠くなるような速度域でも、125ccならば楽しい。


誰でも衰えます。

衰えを是として、今の自分に合ったバイクを楽しみたい。

落ちた体力でも楽しいのが、125cc


最強の125ccは、これ

長く乗りたいのなら


最後に乗りたいカッコいい125cc 3選

最後に乗りたいカッコいい125cc

妥協で乗るのではない。

積極的に125ccを選ぶのであれば、カッコいい125ccに乗りたい。


かつて50ccで乗ったバイク。

今の時代なら、125ccで復活して欲しい。

そんなバイクたちです。

125ccで復活して欲しい、最後のバイク候補 3選

  1. ホンダ モトラ
  2. ホンダ JAZZ
  3. ホンダ SOLO

ハンターカブ、ダックスの次は、是非!

1.ホンダ モトラ

photo by Honda
  • 1982年発売

カブエンジンのレジャーバイク。

大型キャリアにアウトドア用品を満載して、遊びつくしたい。

125ccで復活したら 、誰にも似ていないスタイルだけでも、買いですね。


かつて、250ccのPS250が同じコンセプトで発売されました。

今度は、125ccで是非。

2.ホンダ JAZZ

ホンダ JAZZ
photo by Honda
  • 1986年発売

カブエンジンの50ccクルーザー。

  • 小ぶりなティアドロップタンク
  • 長いホイールベース
  • 長いフロントサス
  • クロームメッキ

『なんちゃって 』 でなく、本気のクルーザーをこのクラスで作れたのが80年代です。

今度は、125ccで是非。

ホンダ solo

ホンダ solo
photo by Honda
  • 2003年発売

カブエンジンのレトロバイク。


タンク、フレーム、シートを個別にカラーオーダー可能。

全285通り、自分だけのカラーリングをメーカ純正で楽しめる。

走りだけじゃないバイクの可能性を教えてくれます。

今度は、125ccで是非。


現行125ccなら、ココ


なぜ、バイク人生の最後は125ccに行きつくのか?まとめ

なぜ、バイク人生の最後は125ccに行きつくのか?まとめ

見栄なんて、どうでもいい

自分にとって、カッコいいバイクなのか?

バイク選びの観点はたった1つ、カッコいいのか?

バイク人生で色んなカッコいいバイクに出会ったはずです。


でも、バイク趣味を極めると、スペックへのこだわりは無くなります。

パワー・ハンドリング・積載性能・航続距離 ・見映え

そんなものは、どうでもいい。


しがらみも増えて、バイクに乗る機会は減っていく。

大型バイクを扱う体力も無くなっていく。


今更、他人に見栄を張る必要もありません。

等身大にバイクの楽しさを味わえる、カッコ良いバイクが欲しくなる。

125ccのカッコいいバイクに行きつく。

この125ccを最後のバイクにしよう!

同じことを言いながら、2,3回は乗り換えるけどね!

それはまた、別の話。


併せて読みたい

タイトルとURLをコピーしました