旧車バイクと125ccの共通点は2つ!【100%全力と青春時代】

旧車バイクと125cc125ccと150cc

バイク乗りにも、いろんな好みがあります。

  • 旧車・絶版バイクを好んで乗る人
  • 125ccバイクを好んで乗る人

2者は方向性が全く違うようで、実は似ている。

旧車と125cc


何が似ているの?

そんな疑問を解消します。

125ccと旧車は、楽しみ方の方向性は同じ

100%全力

  • 当時の技術の粋を凝らした、旧車
  • フルスロットルで坂道を走る、125cc

青春時代の思い出

  • 若い頃、手が出ない憧れだった旧車
  • 若い頃、初めて買った125cc

こんな内容を知って、スッキリしよう。

バイクは、乗って楽しいし、カスタム・レストアしても楽しい。


色んな楽しみ方があるのを知って、理解し合いたいですね。

バイク乗りに、悪い奴なんて居ないから!

旧車バイクと125ccの共通点1つ目 100%精一杯なこと

浜松市 産業部 産業振興課
引用:HONDAの歴史 | バイクのふるさと浜松

旧車・絶版車と言っても、1950年代の初代カブまでは遡らない。

1970~80年代のバイクが、 旧車・絶版車 として人気です。


一方、『ネオクラッシック 』 と呼ばれるジャンルのバイクも人気です。

『ネオクラシック』は、最新の技術で作ったバイクらしい伝統的な形のバイクです。


旧車とネオクラシックは、似ているようで全く違うバイクです。

旧車とネオクラシックの違い

photo by Kawasaki

旧車とネオクラシックは、似て非なるもの

  • 旧車は当時の100%全力を出し切ったバイク
  • ネオクラシックは、100%出していない

ネオクラシックの代表的なバイクの1つが『カワサキ Z900RS』。

  • 948cm³ 
  • 82kW(111PS)/8,500rpm 

外観はZシリーズの正統後継者たるトラディショナルな雰囲気です。

しかし、中身は現代のスポーツネイキッド。

モノサスでスポーティな走りを堪能できます。

とても良いバイクで大人気です。

オヤジが熱を挙げるのも無理が無い。

でも、100%全力ではない

でも、100%ではない

誤解を恐れずに言えば、KAWASAKIの100%全力は、ZX10R

  • 998cm³
  • 156.8kW(213.1PS)/13,200rpm

ZX10Rは、リッター210馬力を絞り出します。

なのに、 Z900RSは、半分の110馬力。

こんな感じ、好きだよね?

110馬力もあれば、十分でしょ

Z900RSは、KAWASAKIの100%じゃない。

Kawasaki Z1000mkⅡ

photo by カワサキイチバン
  • 1978年
  • 1015cc
  • 93.4PS/8,000rpm

ZX10Rの半分以下の出力だけど、

間違いなく当時の100%

このバイクで世界を取ってやろう、という意気込みを感じます。

全力のバイクは、40年を経ても色あせない。


こんな旧車乗りは、どうかと

旧車バイクと125ccの共通点

photo by Honda
  • 旧車は、当時の100%
  • 125ccは、現在の100%

今、世界中で一番熱い排気量は、間違いなく125~200cc。


アジア各国でも、世界一のバイク王国インドでも、主力は125ccクラスです。

このクラスの覇者になるべく、世界中のバイクメーカが100%を注いでる。

  1. ホンダ
  2. ヒーロー(インド)
  3. ヤマハ

近年のバイク売上高トップ3は、常にこの3社が争ってます。

1位のホンダは不動で、2位の座をヒーローとヤマハが争う形です。

100%の125ccは、楽しい

最近、125ccに乗ったことがありますか?

年々、環境規制が厳しくなるけれど、エンジン出力を上げ続けてるのが125cc。

乗れば、100%の想いを感じるに違いない。

125ccなら、合法的に100%のパワーを引き出せる

フルスロットルで叫べば、楽しいに決まってる

旧車の当時100%の想いと、現代の125ccに100%をつぎ込んでトップを取ろうとする思い。

どちらも、熱い。


自分でレストアもいい

旧車バイクと125ccの共通点2つ目  青春時代の思い出がよみがえる

photo by Honda
  • 若い頃、手が出ない憧れだった旧車
  • 若い頃、初めて買った125cc

今、乗ってみませんか?

10代の思い出が、一番深く刺さってる

『どの時代が良かったか? 』 と聞かれると

どの年代の人も、自分が10代を過ごした時代が最もいい時代だったと答えるそうです。

当然ですね!

多感なときに出会ったものが、一番印象深い。

  • 音楽
  • 映画
  • バイク

10代、20代でバイクに出会った人が多いはず。

思い出深いバイクは2種類。

  1. 手が届かなかったバイク
  2. 初めて買った原付バイク

1.手が届かなかったバイクに今なら手が届く

photo by Honda

時間のムダ使いが一番の贅沢だと知るのは

大人になって自由な時間が無くならないと解らない

10代20代は、時間はあるけど、お金は無い。

バイク雑誌を彩る最新のバイクなんて、夢のまた夢でした。


でも、大人になった今なら手に入る。

旧車ブームのため、有り得ない価格になってしまったバイクも多いけど

昔憧れていたバイクに今なら手が届きます。

お金で解決が、一番簡単だと気付く齢です

時間の自由は効かないけれどね


150ccという選択肢もある

2.初めて買った原付バイクにもう1度乗ってみる

photo by Honda

10代20代の頃、初めて買ったバイクが原付だった人は多い。


通勤・通学のため買ったバイクに、ハマってしまうのは良くある話。

最初はタダの足のつもりで買ったのに、

自転車とは比べ物にならない無敵感。

アッという間に、行動範囲が広がる。

世界が広がる。

初めて買ったあの原付より

感動を与えてくれるバイクに巡り合えましたか

中古で見た目はアレで

いつもグズって、エンジンがなかなか掛からないけど


行け~!

フルスロットルで坂道を上るのは、最高に楽しい。

バイク趣味も一周したし

最初の原付に戻ってみませんか?

『あの頃』に戻れます

『あの頃』は、50ccだったに違いない

例えば ホンダMB50

思い出がフラッシュバックしませんか?

でも、今の50ccは環境規制のため面影はありません

125ccが、当時の50ccの立ち位置


昔の2スト50ccを思い出させてくれます


125ccで自動車専用道路は気を付けて

旧車バイクと125ccの共通点は2つ まとめ

旧車バイクと125ccの共通点は2つ まとめ

新発売されるバイクは、常に現行車より輝いて見えます。

スペック表にクギ付けになる。

でも、追い掛けるのに疲れませんか?

最新を追いかけるのも楽しいけれど

『あの頃』を思い出させてくれる旧車・125ccも楽しい。

旧車と125ccは、見た目は全く違うけど

バイクの上から見える世界は、案外似てます。


あなたにとって、思い出の1台はどのバイクですか?


併せて読みたい


バイクワン

・他社はマイナス査定するカスタムをプラス査定してくれる
・口コミでの評判が抜群にイイ
・オンライン自動査定で上限/平均買取価格がすぐわかる
・オンライン査定額から大幅減額しないことを明言
・業界No.3の地位を打破するため、高価買取中

バイク王

・業界No.1の200万台以上の買い取り実績
・No.1だからスケールメリットで高価買取が出来る
・TV CMでお馴染み

バイクランド

・業界第2位
・現金買取なので、急いで売りたいときは便利
・注力車種は査定額アップなので、車種によっては高く売れる

バイク館SOX

・累計の買取り台数 10万台
・買い取ったバイクは、全国のSOX販売店にて販売
・販売が一体なので、ムダが無く高価買取が出来る

タイトルとURLをコピーしました