PR

バイクと暮すミニマリストになる方法!【好きなものだけに 囲まれて】

ミニマリスト トリビア

新製品が出たら飛びつく生活を、もう止めませんか?

いくら買っても、幸せは長続きしません


本当に好きなものだけに囲まれて暮らしてみませんか?

バイクと暮すミニマリストの提案です。

ミニマリストって聞いたことあるけど


結局、なにか良く解らない?

そんな疑問を解消します。

ミニマリストとは、シンプルに生きるライフスタイル

意識高い系のお遊びではありません


新しいものを買っても、心が満たされるのは一瞬だけ

本当に必要なモノだけに囲まれて暮しませんか

こんな内容を知って、スッキリしよう!

毎日、新しいバイク・新しいバイク用品が、発売されます。

魅力的に映るけれど、追い掛けるの疲れたら、思い出して欲しい。



ミニマリストのすすめ

ミニマリストのすすめ

ミニマリストとは、シンプルに生きるライフスタイルです。

人生を変える行為です。

意識高い系のお遊びではありません。

今に疑問を持つことで、意識が高くなるのです。

不必要なものは、持たない

本当に必要なものだけに囲まれる生き方です



メリット

メリット
  • モノに振り回されない
  • 必要なことに集中できる
  • 無駄遣いが減り、お金が溜まる
  • 部屋を広く使える


デメリット

デメリット
  • ストイックに究極まで追い求めがち
  • 必要なものまで捨ててしまう
  • 他人の生活に口出してしまう





バイクと暮すミニマリストになる方法!【好きなものだけに 囲まれて】

ミニマリストのメリット・デメリット

ミニマリストというと、

何もない広い部屋にソファーだけポツンとおいて

一人たたずんでいるイメージを思い浮かべませんか?

また、『断捨離』や『ときめき』とおなじくくりと思ってませんか?






けれども、全然違う。

『断捨離』や『ときめき』は、片付ける行為、テクニック

ミニマリストは、ライフスタイルです



モノを追い掛けるのは、疲れるだけ



例えば、最新の機能・性能を誇るバイクが新発売されたとします。


欲求のサイクル
  • バイク新発売
    欲しくてたまらない


    ニュースでは最新の機能・性能を誇るバイクが新発売

    あなたの理想のバイクです

    欲しくてたまらない

    頑張って手に入れます

  • 購入~
    バイクに慣れて来る


    嬉しくて仕方無い

    毎週のように洗車して乗り回します

    けれど、次第に慣れて来ます

    心ときめかせたバイクも、ルーティーンになる

  • 数年後
    飽きてくる


    ときめかない

    数年もすると、すっかり飽きてきます

    ニュースでは最新の機能・性能を誇るバイクが新発売

    欲しくて、たまらない





こんなルーティーンを何回繰り返せば、気が済みますか?

バイクだけでは、ないはずです。

ウエア、シートバッグ、シューズ。

バイク以外にも、カメラ・時計・スマホ などなど。



モノを追い掛けても疲れるだけ

最新バイクのその性能は、本当に必要ですか?

必要で無いモノに、お金やエネルギーを注ぐのを止めよう。

モノへの執着を捨てると、心が落ち着きます






本当に必要なものだけに囲まれる

本当に必要なものだけに囲まれる

流行りすたりのない

シンプルで必要十分なバイクを手に入れよう

ウエアやバイク用品も、本当に必要なもの以外は捨てよう。

必要で無いモノに振り回されるのは、もう沢山

自分の価値を持っているモノでしか表現できないのは、もう沢山。


このバイクは、300km/hでるんだぜ!

  • それを誇ることで、心が癒されますか?
  • それはあなたの価値ですか?
  • 他人より優位に立てて、嬉しいですか?


ミニマリストは、本当に必要で無いモノに注ぐ時間をカットする生き方

その代わり、身近に置く『本当に必要なもの』にはトコトンこだわる。

必要で無いモノに注いでいたエネルギーを集約して、本当に必要なものを選ぶ。

選んだら、それ以外は売ったり、譲ったり、捨てて身軽になる。

そこに、他人との比較なんて無い。他人の目を気にすることも無い




そうして作り上げた、

好きなものだけに囲まれる空間は、心が休まる至福の空間


車は時間とお金を浪費する

車は時間とお金を浪費する

あなたに、車は本当に必要ですか?

車が富の象徴だと、まだ思ってますか?

車に掛ける時間とお金は、思うよりずっと大きい。

車両代、税金、ガソリン代、駐車場代。

50万/年は楽に超えている。


車に費やす時間とお金をカットすれば、得るものは大きい。

週末の買い物と年に数回の遠出だけの車。

バイクに乗らない買い物なんて、まず無い。

車はレンタカーで十分だったりしませんか?



日常的に自転車では不足だけれど、バイクで必要十分。

そんな空間に、どんなバイクを置きますか?



捨てるコツ

捨てるコツ

不必要なものを手放す方法論は、『断捨離』や『ときめき』が有効です。

  • 収納の工夫では無く、捨てる
  • 一年使わなかったものは捨てる
  • 同じようなものは、1つだけ残して捨てる
  • 無くても済むものは捨てる
  • ときめかないものは捨てる
  • 思い出の品は、写真に撮って捨てる
  • いつか使う、は使わないので捨てる
  • 1つ買ったら、1つ捨てる
  • 見栄のために買ったモノは捨てる



もちろん、捨てずに売ったり譲ったりもOK。



思い入れのある本は電子化

思い入れのある本は電子化

本は、『いつかまた必要になる』モノの代表です

けれど、いつかは来ない。


車をレンタカーにするように、

本を所有するのを止めてサブスクにすれば蔵書は無限大になる

どこにあったか探す手間も無くなる。

あらゆる本・雑誌・マンガが読み放題のKindle Unlimited

30日無料体験で、その心地良さを体験してみて欲しい。

30日あれば、所有する愚かさに気付けます。


⇒ Amazon Kindle Unlimited無料体験

30日後に、蔵書をどうするか考えればいい。




ストイックに考えすぎると、すべてを捨ててしまうので注意が必要です。

また、家族の持ち物に手を出さないように気をつけよう。

家族と言えども、別の個性なので干渉しない。

押し付けない。



物欲からの解放

本当に必要なものだけに囲まれる

ある程度片付いて来ると、

何もない空間が贅沢で心地いい

余分なモノが無いと、それらに時間を取られることも無い。

本当に必要なことにたっぷりと時間を掛けられます


起きて半畳寝て一畳、天下とっても二合半

出所不明

生きてく上で必要なものは、一畳のスペースと二合半のお米だけ。

それ以上あってもムダだと思えますか?



そうなら、ミニマリストの仲間入り。

あまりの心地よさに、捨て続けるのには注意しよう。

本当に世捨て人になってしまう。



バイクの断捨離

どんなバイクと共に

シンプルに暮らしますか?

こだわった好きなものだけに囲まれる空間。

よぶんなモノに邪魔されず、シンプルに暮すスタイル。

そこにあるのは、どんなバイクでしょうか。

車は捨てるのが一番だけれど、必要なら残す



普段使いはバイク

  • 買い物にも使えるスクーター
  • 余分なパーツの無い、シンプルなトラッカー
  • タフでシンプルなカブ
  • 走る場所を選ばないオフバイク

リッターバイクやSSの出番は無さそうです。


125~250ccバイクで、何の不満も無い。


身の丈に合わない大型バイクは断捨離

125cc~250ccのバイク

年に数回動かすだけの大型バイクを維持してませんか?

見栄だけで大型バイクに乗ってませんか?

身の丈に合わないものは、ふさわしい人に譲ってあげよう。

どう処分するなら、一番高く引き取ってくれるバイク業者に託したい。

一括見積サイトを使って各社一斉に見積もってほしいけど

電話攻撃がウザいので、心が強い人向けだと思ってませんか?


KATIXはそんな従来の概念を変えました。

スマホで撮った写真を送るだけで、簡単に一括査定ができます。

そして、電話勧誘は一切なし!

実績も十分なので、怪しくない。



⇒ KATIX





ミニマリストの本

ミニマリストの本

先人にまなぶのもいい

自分のことは、得てして見えないものです。

  • どんなスタイルが自分に合っているのか?
  • 自分には、何が必要で何が不要なのか?


一人で思い悩む必要はありません。

先人に学ぼう!

考え方とテクニックの両面を知って、取り入れてみませんか?

ぼくたちに、もうモノは必要ない

モノへの依存から逃げるには、この本を読まないと始まらない。

他人より多くのモノを持つことでマウンティングするのに疲れたら手に取って欲しい。

豊かさとは、何かを教えてくれます



人生を思い通りに操る 片づけの心理法則

モノを捨てるテクニック本。

『断捨離』や『ときめき』を具体的な行動に落として解り易く解説している。

基本的にこの人のスタイルは受け付けないが、この本は評価してます。


バイク保険も、シンプルに




バイクと暮すミニマリストになる方法 まとめ

バイクと暮すミニマリストになるには まとめ

物欲に振り回される生活に疲れたならば、

ミニマリストという選択肢を考えてみよう。


物欲には限りが有りません。

自分を飾るために次々と買っても、心が満たされるのは一瞬だけ。

そんな生活を止めて、必要なものだけに囲まれて暮らしてみませんか?

そこに、どんなバイクを置きますか?




併せて読みたい

タイトルとURLをコピーしました