なぜ、250ccでなく途中半端な150ccに乗るの?【メリット5選】

150ccを選ぶ理由125ccと150cc

150ccのバイクに乗っていると必ず言われるのは

何で250ccにしないの?

125cc超~250ccまで同じカテゴリーならば、

  • なぜ、一番排気量の上限250ccバイクを選ばないのか?
  • なぜ、125ccにしておかないのか?

そんな疑問を解消します。

150ccに正義は有るのか?

なぜ、250ccでなく途中半端な150ccに乗るの?

なぜ、中途半端な150ccに乗るのか

いきなり結論。


途中半端に思うのだろうけれど、身の丈に合ってるから乗ってるのです。

同じ値段だからと大盛りを注文する人は、ブクブク太ればいい。



ここで終わってしまうのもアレなので、

150ccには150ccなりのメリット・デメリットがあります。

あなたにとって、メリットが上回るなら150ccも選択肢に入れてみては如何でしょうか?


きっと、バイクライフの幅が広がります。

150ccのメリット 5選

  1. 150ccが世界標準
  2. 安い
  3. サイズは125ccと同じ
  4. 高速に乗れる
  5. カスタムパーツが豊富

150ccのデメリット 5選

  1. 普通二輪免許が必要
  2. 250ccよりパワーが無い
  3. ファミリーバイク特約が使えない
  4. 250ccと同じ税金
  5. 125ccと間違えられる


なぜ、途中半端な150ccに乗るの? 150ccのメリット 5選

なぜ、途中半端な150ccに乗るの? 150ccのメリット 5選


125ccと250ccの良いとこ取り

  • 150ccは250ccと同じクラスなので、出来る事・走れる場所は同じ
  • それでいて、125ccと利便性は変わらない

150ccのメリットは5つ。

  1. 150ccが世界標準
  2. 安い
  3. サイズは125ccと同じ
  4. 高速に乗れる
  5. カスタムパーツが豊富

1.150ccが世界標準

150ccが世界標準

150cc区切りの国が、大多数

150ccエンジンベースでバイクは開発されるので

バイク本来の性能が味わえる

世界的には150ccが区切りの国が圧倒的大多数で、125ccは少数派

  • 125cc -- 日本、ベトナム、イタリアくらい
  • 150cc ーー その他多くの国


バイクの市場規模からすると125ccは砂漠の針

さらに、日本のバイク需要は世界のバイク需要の1%以下です。

日本に合わせてバイクを作ってなんかいられない。

世界標準の150ccでバイクは開発されます。

詳しくは、ココ

125cc化

150ccバイクのダウングレード版が125cc

本来の性能は発揮できない

世界標準の150ccで開発されたバイクは、多種多様。

そんな150ccバイクのほんの一握りが、125cc化されて日本で売られます。

コスト高だし、選択肢も狭いのは残念なこと。


150ccバイクを125ccにダウングレードなので、バイクの車格からすれば非力です

わずか25ccの違いでは無く、20%も排気量が違うのです

150ccの方がバランスがイイに決まってます


なぜ、世界標準が150ccで日本が125ccかなのか?


今更議論しても始まらないので、過去の経緯は置いておこう。

大事なのはこれからです。

バイク好きの頭の良い人へ


偉くなって、日本の区切りを125ccから150ccに変えて下さい

  • 働き方改革です
    125cc化するムダな労働の排除です
  • グローバリゼーションです
    世界中のバイクが選択肢になります



2.150ccは、安い

150ccは、安い

150ccは、125ccバイクにプラスアルファするだけで

250ccと同じことが出来る

  • 150ccバイクの値段 -- 40万円前後
  • 250ccバイクの値段 -- 70万円前後
  • 125ccと150ccの差額 -- 4万円程度

150ccは250ccの半額です



250ccと同じカテゴリーなので、出来ることは同じ。

それでいて、125ccと大差ない値段。

125ccとの差額4万円を貯めるのは難しいですか?


価格は全てを駆逐します


[ad]



3.サイズは125ccと同じ

photo by TOYOTA

違いはエンジンだけなので、車体サイズは全く同じです

150ccバイクのエンジンをボアダウンしたのが125cc。

だから、チョット力強い125ccの感覚で扱えます。


街乗りで路地裏にもチュウチョなく入っていけてしまう。

降りての取り回しも楽々で、立ちごけの心配もまず無い。


コワオモテでデカい方が


威張りが効く

そんな人には向いてません。

大きいミニバンをおすすめします。

4.高速に乗れる最小排気量

高速に乗れる最小排気量

125cc超から高速道路・自動車専用道路を走れる

だから、150ccは高速に乗れる最小排気量。

日本中、何処だって走れる自由があるのが150cc。

もちろん、高速道路でカッ飛ぶパワーはありません。

大人しく90km/hで巡行するのが、似合ってます。

でも、いざと言う時に高速の乗れるのは大きい。


5.カスタムパーツが豊富

カスタムパーツが豊富

日本ではニッチな150ccだけど

125ccパーツが使えるのでカスタムの幅は広い

ニッチな車種のデメリットとして必ず上がるが、カスタムパーツの無さ。

だけど、150ccはエンジン排気量がチョッと違うだけで、後のパーツは125ccと共通。


カスタムパーツには不便しません。


何なら、海外通販で150ccオリジナルパーツを手に入れてもいい。

ポチッとするだけ。



150ccのメリット まとめ

150ccのメリット まとめ

125ccと同じ車格なので、何をするにも軽い

それでいて、何処へでも行ける

フルスロットルで、叫ぶのも楽しい

いっけーー!

今時のバイクは高性能です。

下道では250ccでもその能力を持て余し気味です。

ならば、150ccで使い切るのも楽しい

150ccだからと我慢を強いられることもありません。






なぜ、途中半端な150ccに乗るの? 150ccのデメリット5選

150ccのデメリット

メリット盛りだくさんの150ccにもデメリットはあります。

  1. 普通二輪免許が必要
  2. 250ccよりパワーが無い
  3. ファミリーバイク特約が使えない
  4. 250ccと同じ税金
  5. 125ccと間違えられる

メリットと比較して、どちらが大きいのか?

1.150ccは、普通二輪免許が必要

150ccは、普通二輪免許が必要
 125ccスクーター150ccスクーター
必要な運転免許AT小型限定二輪 AT限定普通二輪
取得費用(普通免許無し)16万円
学科×26時限  技能×9時限
20万円
学科×26  技能×15
取得費用(普通免許有り)  8万円
学科×1  技能×8
11万円
学科×1  技能×13

150ccは、普通二輪免許が必要なので、取得費用が高くなる。


いっそ大型自動二輪免許と考えるなら20万円程度。

短期間で安く免許を取るなら合宿免許という選択肢もあります。

宿泊費、食費、交通費込みとは思えない驚く値段で免許が取れます。

休みが取れる人には、観光ついでに免許が取れるので美味しい。

2.150ccは、250ccよりパワーが無い

150ccは、250ccよりパワーが無い

事実です。

250ccの60%しか排気量が無いので当たり前です。

高速でイザというときの瞬発力は有りません。

90km/h走行は余裕ですが、追い越し車線に出るのは勇気が要ります

250ccのパワーがあれば加速して回避する場面でも、ブレーキの選択肢しか有りません

まあ、そんな場面はめったに無いし

そんなに急いでも仕方ないので、気にしなければ良いだけ


下道ならば交通の流れをリードするには十分なパワーです。


150ccはマニュアル車よりスクーターが合ってる気がします。

スクーターは常に美味しい回転数を使えるからです。


マニュアル車だと変速が忙しいい。

非力なバイクを、高回転まで引っ張って乗るのも楽しいけどね!



3.ファミリーバイク特約が使えない

ファミリーバイク特約が使えない

150ccはファミリーバイク特約を使えません

150ccでもリッターバイクと同じバイク保険料になる

10代の人や2,3年しかバイクに乗らない人には、150ccは割高で勧められ無い。

けれど趣味として長く乗るなら、ファミリーバイク特約とバイク保険の差は、大きくない。

詳しくは、ココ。

4.250ccと同じ税金

税金125cc 150cc 
重量税(新車購入時のみ)0円4,900円
軽自動車税(毎年)2,400円3,600円
自賠責(毎年)7,070円7,540円

125cc,150ccの税金の差です。

自賠責は、税金じゃないけど、税金と思っても間違いじゃないので入れてます。

125ccと150ccの税金差は、年間3,000円ほど。


1日10円だけど、差があるのは確か。

詳しくは、ココ。


5.125ccと間違えられる

125ccと間違えられる

125cc通行不可の道で注意されることがある

例えばPCXは良く知られた125ccバイクです。

そんなPCXが高速道路のサービスエリアに止まってると、怪訝な顔で見られる。


125cc不可の有料観光道路の有人料金所でも、125ccと間違えられて注意されることが多い。


まあ、会話の切っ掛けになることも多いので、楽しいとも言える。





なぜ、250ccでなく途中半端な150ccに乗るの まとめ

なぜ、250ccまで乗れるのに途中半端な150ccに乗るの まとめ
  • 150ccは、250ccと同じ事が出来るのに安い・軽い・美味しい
  • 150ccは、250ccよりパワーが無くて125ccより割高


パワーは無いので目を三角にして乗る人には合いません。

けど

そう言えば△〇△の季節だ。

今度の週末に行ってみよう!

そんな人にはピッタリです。

150ccのライバルは125ccや250ccと言うよりは、大型バイクです。

大型バイクのサブとして間違って150ccを買うと、大型バイクの居場所が無くなるかも。


併せて読みたい

タイトルとURLをコピーしました