大型二輪免許を取る3つの方法!難易度と値段で比較【合宿・一発・近所】

アフィリエイト広告を利用しています
大型二輪免許を取る3るの方法バイク知識

バイクの良さの1つは、『行動が自由』なこと。

  • 気になる路地を見つけたら、チュウチョなく寄り道
  • キレイな風景を見つけたら、その場でUターン


どんなバイクにも乗れるという『選択の自由』も、ぜひ手に入れたい。

大型二輪免許を取って自由を手にしたい


どこで取るのがおすすめ?


そんな悩みを解消します。

大型二輪(MT)免許を取る3つの方法

  1. 運転免許試験場で一発試験
  2. 教習所に通う
  3. 合宿免許で短期間で取る

それぞれのメリットデメリットを知って、自分に合う取得方法を見つけよう。


大型二輪免許を持てば、排気量コンプレックスなんて吹き飛びます。


大型二輪を取ったからと言って、大型に乗る必要はない。

大型を持ってると

自信をもって、自分に合った排気量に乗れるようになる

これが大型二輪の一番のメリット!


ナンシーおじさんにも、優しくなれます。

大型二輪免許を取る3つの方法!難易度と値段で比較

大型二輪免許を取る方法3選!値段と難易度の比較

大型二輪免許は、誰でも取得できる訳じゃない。

年齢制限があります。

  • 普通二輪は16歳以上
  • 大型二輪は18歳以上

無免許の人でも18歳になれば、いきなり大型二輪免許を取れます

大型二輪の条件は、年齢だけ

いきなり大型二輪については、賛否両論

詳しくは、ここ。



大型二輪を取る方法は3つ。

  1. 運転免許試験場で一発試験
  2. 教習所に通う
  3. 合宿免許で短期間で取る


免許を取りやすい順(難易度)でいえば、逆になって

合宿免許⇒教習所⇒一発試験


1.大型二輪免許を取る3つの方法! 運転免許試験場で一発試験

運転免許試験場で一発試験

免許の種類を増やして、教習所を潤そうという意図。

既得権益を、ないがしろにする悪行です。

そう簡単に合格させられない。

教習所に通わず直接、運転免許試験場に行く方法です

その場で技量を認めてもらい、免許を貰います。

一発試験のデメリット

一発試験のデメリット

心が折れるまでチャレンジしても、ダメかもしれない

教習所であれば、数時間のオーバーは有るかもしれません。

しかし、大体何回通えば免許が取れるか目安が付きます。

けれど、1発試験は何回チャレンジしても永遠にダメな事もあります。

目安は有りません。



試験は平日しか行ってませんので、試験の度に会社や学校を休む必要が有ります。

試験に落ちても、何がイケなかったかアドバイスは有りません。〇か✖かだけです。


一発試験のメリット

教習所に行く時間と費用が不要なのがメリット

一発で免許が取れれば1日で免許を手に出来ます。

  • 一発試験の費用は6,100円(受験料2,600円、試験車使用料1,450円、免許証交付料2,050円)
  • 不合格の場合は、受験するたびに 受験料 と 試験車使用料 の計4,050円が必要です
  • 合格したら、 別途取得時講習受講料(大自二16,650円)が必要



1発で合格したとしたら、1日・22,750円で大型二輪運転免許を手に出来ます 。


試験場での技能試験はかなり狭き門です。

しかし、10回で合格したとしても、教習所に行くより安く取得できます

4,050×10+2,050+16,650=59,200円です。

自分で技能練習する環境を作れる人や、メンタルの強い人はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


どの方法にしろ、内緒はダメ!



2.大型二輪免許を取る3つの方法! 教習所に通う

教習所に通う

仕事・学校帰りに通えるのがメリット

しかし、値段が高いのがデメリット

近所の教習所に通うのが、一番普通なやり方。

自動二輪免許を持っているなら、学科無し・技能教習12時間で大型二輪免許が買える。


学校・仕事の帰りによって1単位ずつこなしていきます。

期間的には、卒業まで、1~2ヶ月程度。

日常の中で免許を取れるのがメリット。



教習所の費用が重い

教習所の費用が重い

教習所に通うには、まとまったお金が必要

  • 自動車免許なし 30万円
  • 自動車免許あり 20万円



県別の免許取得費用の概算です。

保持免許無し自動車普通二輪(MT)
札幌33万23万12万
福島30万21万12万
東京31万21万11万
名古屋35万25万13万
京都18万14万7万
大阪17万12万6万
広島30万23万12万
徳島30万22万11万
福岡28万19万10万
鹿児島30万22万12万
那覇26万18万10万


あなたの地域では、いくらですか?

地域によるけど、20から30万円と結構な金額が必要です。

いきなり、こんな金額を出すのは難しいですよね。


安い地域が羨ましい

地域による?

地域によって、教習所費用には差があります

安い地域が羨ましい

教習所やキャンペーンなどで前後するので、近隣の教習所もチェックすべきだけど

全国一律じゃなくて、結構地域差があることに気づきます。

例えば、京都・大阪は他県より10万円ほど安い

  • 京都大阪は学生が多い街なので薄利多売になっている?
  • 教習所の数が他県より多い?

東京も安くなる気がするけど、東京は土地が高いから安くならない?


いずれにしても、安い地域の人が羨ましい。


安く免許を取る方法

安く免許を取る方法

他県の教習所に通っても何の問題もありません

安く取れる地域に行って免許取得も良い

いずれにしても、安い地域の方は羨ましい。



ならば、いっそ合宿免許という考え方も有ります

まとまった休みが取れるのであれば、賢い選択です。


大型バイクの維持費も必要





3.大型二輪免許を取る3つの方法! 合宿免許で短期間で取る

合宿免許で短期間で取る

合宿免許のメリット

  • 安い:教習所に通う値段で宿泊費と3食まで賄える
  • 早い:自動二輪免許保持なら1週間で大型二輪免許が取れる
  • 付加価値:観光ついでに免許取得
         友達が増える


車・バイクの免許取るなら【合宿免許受付センター】


合宿免許のデメリット

  • 1週間程度のまとまった休みが必要

合宿免許は、教習所の近くに宿泊しながら集中して免許を取ります。


合宿免許費用は教習所によって差はあるけど、これくらい。

 自動車免許あり普通二輪免許あり
A教習所20万11万
B教習所24万13万
C教習所22万11万

※費用には宿泊費・3食が含まれています。

自動車免許の合宿免許といえば、通うより5万~10万程度安いのが相場です。

しかし大型二輪の合宿免許は、自動車の合宿免許ほど安くは有りません。

おおよそ、教習所に通うのと同じくらいの費用が掛かります。


これは、大型二輪免許の応募者が少ないため4輪ほど効率が良くないからです。

それでも、教習所に通う値段で宿泊費と3食まで賄えてしまいます

タダで観光できると思えば、安い。


なぜ、合宿免許は安価に免許が取れるのか

なぜ、合宿免許は安価に免許が取れるのか

合宿免許はが安いのは、効率よく回転させてるから

怪しい制度じゃない


宿泊しながら短期間で免許取得する合宿免許は、なぜ安いのでしょうか?

安く出来る理由は3つ

  1. 土地
  2. 隙間時間
  3. 回転


土地

合宿免許は、教習所費用が安い地方にあります。

そして、総じて田舎にあります。

教習所の維持費、宿泊施設の維持費・食費ともに安く抑えられる。

隙間時間

教習所がヒマな平日昼間の時間帯に合宿生を組み込んで、効率あげてます 。

指導員に空きが出ないようにスケジュールを組んでる、

これで、コストを抑えられます。

回転

1日に午前・午後複数回教習をこなせるので通いの半分程度の日程で卒業です。

回転が速いので、入学金などの収入も多いのです。


合宿免許はどこにあるのか?

合宿免許はどこにあるのか?


車・バイクの免許取るなら【合宿免許受付センター】



合宿免許を行っている教習所を紹介するサイトです。

もちろん、無料。


  • 自分が行ってみたい土地にあるのか?
  • いくらか?


近所の教習所の価格と比べてみても、おもしろい。




大型免許を取ると、何が変わるのか?大型が偉いのか?

大型に対する引け目が無くなる

バイクの排気量で変わるのは、乗り味です

好みの問題で、優劣ではありません

大は小を兼ねないし、小も大を兼ねません



自信をもって、好きな排気量に乗れるのが一番の効果

乗り味は、言い換えるなら得意分野の違いです。



排気量ごとにバイクの得意分野があります。

  • 250cc以下
    軽さ、車検の無い自由、維持費の安さ
  • 400cc
    日本の道に丁度良い
  • 400cc超
    存在感、所有欲を満たす


一度、大型を体験するのもいい

一度、大型を体験するのもいい
  • 軽さを生かして路地裏や脇道を楽しむ小排気量車
  • パワーと重量から来る安定感で長距離を楽しむ大排気量車

どちらがエライ、という事はありません。

バイクの楽しさを知ったら、大排気量の乗り味も知りたくなるのは当然です。



大型を経験して、初めてわかる

バイクは、軽さ、気軽さが命

大型バイクを経験して初めて分かります。

大型から帰ってくると、小排気量の良さを再認識するに違いない。



30km/h制限が面倒なので、50ccを原2登録する?



免許の種類は、多すぎない?

免許の種類は、多すぎない?
photo by Honda
免許の種類概要取得条件
原動機付自転車免許50cc以下16歳以上
小型限定普通二輪免許
AT小型限定普通二輪免許
125cc以下16歳以上
普通二輪免許
AT限定普通二輪免許
400cc以下16歳以上
大型二輪免許
AT限定大型二輪免許
無制限18歳以上
普通免許
AT限定普通免許
最大積載量2トン未満18歳以上
準中型免許最大積載量4.5トン未満18歳以上
中型免許最大積載量6.5トン未満20歳以上
普通免許以上を2年以上
大型免許最大積載量6.5トン以上21歳以上
普通免許以上を3年以上

.

  • 二輪免許が7種類に、四輪免許が5種類
  • 年齢制限が16~21歳
  • 運転経験不問から3年以上
  • AT限定免許が有ったり無かったり

これだけの免許が必要な理由

取得条件が違う理由

この2つを論理的に説明できる人は居るのでしょうか?



大人の事情?

意味あるの?

きっと、『大型車はパワーがあるので、危険が危ない』とか、言うのだろう。


根拠になるデータを是非、開示して欲しい!

示してもらわないと、何の根拠も無い雰囲気だけの区分と思われても仕方ない。

免許の数が多いほど、教習所に通う回数が多くなる

大人の事情としか思えない




MTとAT、どっちが難しいと思う?



大型二輪免許を取る3つの方法! まとめ

大型二輪免許を取る方法3選

大型二輪の取得方法

  1. 一発試験
    一番速く・安く免許を取れるポテンシャル有り
    メンタルが強くないと無理かも
  2. 教習所
    普通の選択
  3. 合宿免許
    1週間まとめて学校・仕事を休む必要がある
    観光・友達作りを兼ねられる

行ってみたい土地に、合宿免許があればラッキーかもしれない。

車・バイクの免許取るなら【合宿免許受付センター】


バイクの排気量で変わるのは、乗り味です

大は小を兼ねないし、小も大を兼ねません

大型二輪免許を手にして大型バイクに乗り換える人は多い。

けれど、125ccに戻ってくる人も多い。

大型二輪から小排気量に帰ってくると、良さが本当に良く分かります。

デカけりゃエライ訳じゃない。

けれど、

排気量コンプレックスを解消するために、大型二輪を取っておくのも良い。


併せて読みたい

タイトルとURLをコピーしました