バイクを降りる理由、リターンする理由【きっかけ・後悔・喜び】

バイクは楽しいトリビア

私がバイクに乗っているのを知った人は、必ずと言っていいほど聞いて来ます。

何で、いい年してバイクに乗っているの?

もう慣れているので、答えは用意しています。

楽しいからに決まってるでしょ。
それに、バイクに乗られたら重いし。(笑)

これで皆、笑って引き下がってくれます。
まだ誰も居ませんが、もしここで食い下がってきたら、重い話が待っています。

スポンサーリンク

バイクに乗ったり降りたり

バイクを降りる理由

  • 車に乗り換えるから
  • 結婚・出産するから
  • 事故にあったから
  • 仕事に穴を開けられないから
  • 住環境が変わったから
  • お金が続かないから

バイクにリターンする理由

  • このまま終わりたくない

最後に降りる理由

  • 乗れなくなったら

取り返しがつかないこと

子供の頃は何か失敗をしても、『ごめんなさい』と謝れば許してもらえます。

もう1度やり直せば何とかなります。却って正直な子と褒められたりもします


けれど大人になると、取り返しがつかない別れ道に出会います。

泣き叫んでも、どんなに後悔しても元には戻せないことがあるのを知ります

一度バイクを降りた事もそれに当てはまります。

取り返しがつかないこと

バイクに乗り始める理由

10代から20代前半でバイクに乗り始めます。

バイクに乗り始める理由はさまざま。

親兄弟がバイクに乗っていてバイクが身近だった人も居れば、通勤通学の足としてバイクを選んだ人もいる。

総じて、深い意味は無かったはずです。

軽い興味だったり、他に選択肢が無かったり

バイクを降りる理由

バイクに乗り始める理由がさまざまなのと同じで、バイクを降りる理由もさまざま。

その時点での判断としては、それしか無かった。

軽い気持ちでは無いけれど、流れでしょうがない

車に乗り換えるから

車に乗り換えるから

車の免許が取れる歳になるとあっさり車に乗り換える人は多い

田舎では、歳とともに交通手段がレベルアップするのが当たり前です。

徒歩 ⇒ 自転車 ⇒ バイク ⇒ 車

いい歳をした大人が趣味としてバイクや自転車に乗っていると、変人扱いを受けます。

ウワサ好きの格好の餌食です

xxさんの息子は、まだバイクに乗っている

稼ぎが悪いか、変わり者だね

友達も多くが車に乗りかえます。

あんなにバイクに夢中だったのに、憑き物が落ちたようにシラッと車でやってきます。

彼らは言います。

お前まだ乗ってるのか!

かわいそうに

良い車に乗っていないと、

女の子に相手にしてもらえないぞ

放っておいて

結婚・出産するから

結婚・出産するから

結婚、出産を機会にバイクを降りる人は多い

結婚するならバイクを降りて!

何かあったらどうするの

子供が出来たからバイクを降りて!

子供との時間を大事にして

生活があるのは判ります。

稼いでくる人と家を守る人の役割も解ります。


けれど、どっちが大事と言われても、

両方としか答えられない人間は

どうしたらいいのでしょう。

事故にあったから

事故にあったから

自分が事故を起こしトラウマになって降りる人

友人が事故に遭って親の泣顔を見て降りる人

バイクは幾ら注意していても、車に突っ込まれたらどうしようも有りません。

運としか言いようのない事故も有ります。

確率の問題なので、そんな不幸に遭わない内に降りるのは賢い選択かもしれません

あいつの分まで乗るんだ!

そんなのは幻想です。自分のためです

仕事に穴を開けられないから

バイクでケガでもして大事な打ち合わせに行けなくなったら大変だ

明日の会議に行けなくなったら契約を逃すかも。

仕事に穴を開けられないと、バイクを降りる人もいます。

けれども、唯一無二の人材などまず居ません

幻想です。

代わりの人は幾らでもいます

住環境が変わったから

入学、就職、転勤により、

バイクを手元に置ける場所が無くなったために降りる人もいます。

方法は幾らでもあったはずだけれども

お金が続かないから

お金が続かないから

経済的な理由でバイクを維持できなくなることも有ります

子供の成長とともに学費も膨れます。

いつ迄も小さなアパートという訳にも行きません。

車も無いと子供の送り迎えに不便です。

歳を重ねるにつけ色々なしがらみが増えていきます。

増える支出と増えない収入。

ツーリングに出かける背中に冷たい視線。

娯楽費を削るしか有りません。

家族のため

カゾクノタメ

呪文を唱えながらバイクを降ります

誰のせいでもありません

年収1億もあれば

いつまでも

バイク好きだね~

笑って送り出してくれるに決まっています。

バイクにリターンする理由

バイクにリターンする理由

休日、ミニバンにキャンプ道具を満載して出かける。

遊び疲れた子供を寝かしつけながら帰る。

これは間違いなく幸せです

小さな幸せかもしれませんが、代え難い幸せです。

帰りの渋滞の中を、排気音を響かせてバイクがすり抜けます。

ドライバーの迷惑顔を後目にどんどんバイクは先に行き、やがて見えなくなります。

あちら側とこちら側

どこに分かれ道があったのかさえ忘れて思い出せません。

けれども、あの頃がフラッシュバックします


バイクを通じて出会い、損得無しで付き合った友の顔を思い出します

ココハ、ドコ?

『おりあい』はつけられる

テレビで時折、豪華客船の旅番組をやっています。

長年勤めてリタイアしたであろう夫婦が、数ヶ月のゆったりした旅を楽しんでいます。

30年も真面目に働いたら、これくらいのご褒美は有っていいと思います

けれど日本の平均的なリーマンには遠い話です。

ニュースでは年金の暗い話題しかしていません。

家族は大事です。かけがえのないものです。

けれども誰かの為だけに生きるのは悲しいし、自分には出来ません

家族だけでもダメだし自分の事だけでもダメです

どちらか100%では持ちません。

バランスが必要

バランスが必要


少しばかりの自由になるお金と時間を手に入れて、バイクを手に入れます

休日の朝、まだ暗い時間に家を出て

バイクにまたがると心が打震えます

気持ちはあの頃のままだけれど

体はずいぶん変わりました

けれども楽しい

風に吹かれると

体から嫌なものが飛んでいきます

バイクを発明した人が誰かは知りません。

けれども心から感謝しています。

いずれバイクを降りる時が来る

いずれバイクを降りる時が来る

高齢の方が車のアクセルを踏み間違えて事故を起こすニュースが後を絶ちません。

車の引き際は難しい

車が無いと生活に困る地方も有るので難しい。

ですが、運転の引き際はなかなか自分では決められない。

自分はまだ大丈夫だ!

そう思ってしまいます。

バイクの引き際は解り易い

その点バイクは解り易い。

乗れなくなったらお終いです

またがったバイクが起こせなかったり、

支えて引き回しが出来なくなったらお終いです。

排気量を落としてあがくか降りるか。

最後の楽しみとして、

あのバイクは残しておこう。

サッカーの三浦知良さん

バイクを降りる理由、リターンする理由 まとめ

サッカーの三浦知良さんは、50歳を過ぎても現役選手として活躍されています

日本でサッカーがマイナーなアマチュアスポーツであった10代の頃に、彼は1人ブラジルに渡りプロを志しました。

誰にもマネ出来ません。

それから30年間サッカーへの情熱を持ち続けてます。

年齢からくるハンディを口にせず、

努力はしても表には見せない姿に敬服します


なぜ、現役を続けるのか。

インタビュアーの質問にこう答えています。

サッカーが好きだから

色々な想いがあるに違いありませんが

好きだから

と切り捨てる様にホレます



真似をして、なぜバイクに乗っているのか聞かれたら、冒頭のように言います

楽しいから

トリビア バイク知識
スポンサーリンク

Amazonで5,000円以上のギフト券を買うと、1,000ポイント貰えるキャンペーン中です。

5,000円で1,000円貰えるので大変お得です。
0.5~2.5%もポイントも付きます。
ギフト券の有効期限は10年なので、期限切れになる心配も有りません。

Amazonチャージ 初回購入限定キャンペーン ギフト券

突然キャンペーンは終わるので、終わってたらごめんなさい。

ごくうをフォローする
PCXでGO!
タイトルとURLをコピーしました