夏冬ともフェイスマスクでバイクがおすすめ【花粉・コロナ・冷感】

フェイスマスクアパレル
photo by Komine

冬にバイクに乗ると、フルフェイスでも寒さで顔が凍り付く。

夏にバイクに乗ると、ヘルメット内部が汗を吸ってベタベタになる。

何とかならないの?

そんな疑問を解消します。

フェイスマスクがヘルメットを快適にする

  1. 冬の効果
    防寒・防風
  2. 夏の効果
    汗を吸い取る
    ヘルメット内を清潔に保つ
    速乾素材でサラサラ

  3. 花粉・コロナの効果
    夏冬とも口元を覆うので、直接、飛沫や花粉を吸い込むことが無くなる

こんな内容を知って、スッキリしよう。

冬のフェイスマスクは割と知られてるけど、夏のフェイスマスクも使えるアイテムです。

ヘルメット内が快適になると、

また1つ、バイクが好きになる。

スポンサーリンク

フェイスマスクの効果

フェイスマスクというと、銀行強盗のイメージ。

コンビニに入るときは、必ず外す。

これだけを守れば、フェイスマスクの効果は一年中。

スポンサーリンク

冬のフェイスマスク

冬のフェイスマスク

冬にフェイスマスクをかぶれば、顔や首が寒風から守れます。

暖かい空気が顔の周りに留まるので暖かい。

冬フェイスマスクの素材

フリースやネオプレーンが一般的。

1.フリース

フリースは肌触りが良く、空気を保持するので暖かいのが特徴です。

しかし、口元がフリースだと息が結露して濡れるのと、息が鼻を通って上に行きメガネやヘルメットが曇るがデメリットです。

2.ネオプレーン

ネオプレーンはスウェットスーツに使われるように、薄くても保温性・防風性が有るのが特徴です。

パンチング加工で息の通り道を作れるので、メガネの曇り対策はし易い
しかし冷たい肌触りがデメリットです。

冬フェイスマスクの形状

頭からかぶるタイプと顔の下半分を覆うタイプが有ります。

見た目の許容量には個人差があるので何とも言えないけれど、頭からかぶるタイプのハードルの方が高いのは確か。

程度の差はあるけれど、うっかり着けたままコンビニに入ると撃たれるかもしれない。

ここだけは気をつけてね!

頭からかぶるタイプ

頭からかぶるタイプ

頭からかぶるタイプは、顔をすっぽり覆い目だけを出すことになるので暖かい。

ずり落ちてこないのもメリットです。

厚手のものだとヘルメットが狭くなるのと、見た目が怪しいのがデメリットです。

ズレないようにヘルメットをかぶるにはコツが要りますが、すぐに慣れるので心配は要りません

顔の下半分を覆うタイプ

顔の下半分を覆うタイプ

顔の下半分を覆うタイプは、首の後ろでマジックテープを止めるだけなので脱着が容易なのがメリットです。

サイズ調整もし易い。

締め付けが弱いとずり落ちてくるのがデメリットです。


ネックウオーマーでフタをすると、より効果的!

⇒ バイクにおすすめの防風ネックウオーマー5選!【マフラーは厳禁】

冬フェイスマスクのおすすめ

SEIRUS ネオフリース コンボスカーフ

マスク部はネオプレン、首回りは ポーラーテックフリースの2重構造です

SEIRUS ネオフリース コンボスカーフ

マスク部は2重構造なので口元にスペースがあり息苦しく有りません。

SEIRUS ネオフリース コンボスカーフ2

買って2年使い込みました。

他の製品に比べて高めですが、後悔が有りません。

マスク部と首回りが違う素材で出来ています。

  • 首元はポーラーテックフリースなので肌ざわりが優しく暖かい
  • マスクは表面がネオプレンで裏側にフリースがラミネートされてます
    ネオプレンなので鼻マスクが立ちスペースが出来るので息苦しさは有りません
    内側はフリースなので柔らかです。冷気を通しません。
  • 鼻・口に通気口が有るので、メガネやヘルメットが曇りません

MIZUNO ブレスサーモ バラクラバ

とにかく薄さに驚きます

まるで夏にかぶる汗取り用のフェイスマスクのようです。

しかし、実際使ってみると吸湿発熱素材「ブレスサーモ」によるものなのか、驚くほど暖かいのが不思議です。

吸湿発熱素材と言えば某ヒートテックが有名ですが、一度つけてみれば違いは明らかです。

  • 薄いので蒸れる事も無い
  • 薄いのでヘルメットと干渉し無い
  • ぴったり系なのでズレる心配も無い

分厚くて暖かいはもう古い

新素材は凄い事になってます

コミネ AK-071

ネオプレーンのマスクにフリースの首回りという構造は同じですが、鼻の上にあるアルミプレートが特徴です。

アルミプレートで押さえる事で息が上に上がりメガネが曇る事や、ズレる事を防ぐ設計です。

コミネ 防寒フリースマスク 09-016

コミネ 防寒フリースマスク 09-016

頭からかぶるタイプもコミネはコスパが良い

頭の部分は薄い素材で出来ているのでヘルメットとの干渉は最小限です。

首回りがフリース素材が2重になっていて暖かです。

好みで色々なかぶり方ができます。例えばヘルメットをかぶる時にどうしてもズレてしまう場合は頭をかぶらないで着用も出来ます。

ルルルン

家に帰ったら、排気ガスや乾燥で疲れた肌のケアもいい。

ルルルンはフェイスケア成分がたっぷり染み込んでいるけれど、値段手頃で使い易い。

男も荒れた肌のケアする時代です。

ツーリングの疲れも癒される。

夏のフェイスマスク

夏のフェイスマスク

冬のフェイスマスクは知られているけれど、

夏の暑さもフェイスマスクで凌げることは意外と知られてない。

夏もフェイスマスクで汗を吸い取れば、肌はサラサラ

夏フェイスマスクの素材

毛細管現象を使い、汗を素早く吸収して拡散しサラサラに保つ吸水速乾素材

綿素材は水分を貯めてべた付くのでポリエステル100%がおすすめです。

最近は冷たく感じる冷感機能やUVカット機能のある素材が使われる事も有ります。

夏のフェイスマスクも新素材が活躍してる。


花粉・コロナに重点をおくなら、高機能フィルタ付きもいい。

⇒ バイクの花粉症対策7選!フルフェイスで使えるおすすめマスク・ゴーグル

夏フェイスマスクの形状

夏のフェイスマスクは汗対策なので、頭からかぶるタイプのみ。

頭からかぶると暑そうに見えるけど、

逆にサラサラと涼しく感じるのが不思議な感覚です。

頭後ろの首筋まで覆うタイプは首が日焼けするのも防ぐ。

ベンチレーヨンライナー

ヘルメットと頭の間にスキマを作る「ベンチレーヨンライナー」を併用すると、より効果的です。

ヘルメット内の空気の流れが良くなるので、フェイスマスクが吸い取った汗が乾きやすい。

気化熱でより、涼しく感じます。

相乗効果が出てよりサラサラ!


体の汗対策ならココ

⇒ 真夏のバイクツーリングで熱中症にならない方法!対策グッズまとめ

夏フェイスマスクのおすすめ

TARO WORKS バラクラバ

夏にこんなものをかぶったら、絶対暑いに決まってる

誰もがそう思います

けれどこの値段なら騙されてみる価値は有ります

効果を自分で感じたら、ハイテクな吸水速乾素材はもっとすごいのか気になり出します

まずは、夏のフェイスマスクを体感してみるのにはうってつけの商品です。

コミネ AK-353

見た目が怪しい。

口元スペースが確保されているので、息苦しいということは無い。

速乾冷却素材COOLMAXで汗をとりのぞいてくれるので、内部は快適。

首まで日差しから守るので、首だけ真っ赤に日焼けすることも無い。

コミネ AK-090

見た目が怪しいのは不問として下さい。

夏にヘルメットの内装がベタベタになるのが防げます。ヘルメットから変なニオイがしなくなります。

これをかぶると、頭から結構汗が出ている事を思い知らされる。

夏にコンビニに寄った後、ベタベタした内装のヘルメットをかぶらなくても良い!

フェイスマスクが汗を吸う事で、汗をかいてもその場所に汗が留まらず拡散されます。

表面積が広がるので乾き易くなるのです。

フェイスマスクをしてバイクに乗る まとめ

フェイスマスクをしてバイクに乗る

フェイスマスク:冬の効果
防寒・防風です。顔や首を寒風から守る。暖かい空気が首元から抜けるのにフタをする
フリースやネオプレーンで暖か

フェイスマスク:夏の効果
汗を吸い取る。ヘルメット内を清潔に保つ
速乾素材でサラサラ

  • 寒くて顔が痛いような時はフェイスマスクの出番
  • 暑くてヘルメット内が汗ダクになる時もフェイスマスクの出番

1度かぶれば手放せなくなる

けれど、その見た目から1度かぶるまでのハードルがあるのは確か。

食わず嫌いは勿体ない

試してみることをおすすめします。

くどいけど

フェイスマスクをしたままお店に入らない

これだけ、注意しよう。

併せて読みたい

タイトルとURLをコピーしました