PR

オープンカーとバイク、より楽しいのはどっち?【実用性・開放感】

オープンカーとバイク、どっち トリビア

車とバイクは、公道をシェアする仲間です。

だけど、全く違う乗り物なのが面白い。

車の中でも、オープンカーは風を感じられるので、バイクに通じる。


オープンカーとバイク、どっちが楽しい?

そんな疑問を解消します。



結論はここに集約されます。

オープンカーとバイクに優劣なんてありません。

どちらもただの移動道具というだけで無く、人生を豊かにしてくれるアイテムです。

だけど性格は全く違う。


あえて言えば、バイクの方がストイックでピュア。


それを楽しいと感じるなら、バイクの圧勝。

異論は認めない。


オープンカーとバイク、より楽しいのはどっち?

車とバイク、どっちが楽しいのか?【速さ・難しさ・実用性・開放感】


車とバイクの両方を所有して、両方を楽しむのが理想です。

でも、体は1つだし財力も無尽蔵じゃない。



オープンカーとバイク、どっちが楽しいのだろう?


そんな疑問に4つの視点で考えます。

  1. 速さ
  2. 難しさ
  3. 実用性
  4. 開放感


1.オープンカーとバイク、より楽しいのはどっち?【速さ】

車とバイク、どっちが楽しいのか? 【速さ】
  • サーキットでは、車の圧勝
  • 朝の通勤時間帯では、バイクの圧勝


トータルでは車の辛勝

燃費とかCO2とか色々あるけれど、速さと楽しさは切り離せない。


速っ、楽しんでるな!


はい、チョット止まって


速く走るのが楽しいのは、理屈じゃない。

捕まるリスクがあっても止められない。


走るフィールドによって速さは変わるけど

『速い』イコール『楽しい』とすれば、車の辛勝です。


サーキットは車の圧勝

サーキットは車の圧勝

ゼロ発進こそ、車体の軽さを生かしてバイクが勝つけれど、その後は車の方が速い。

  • コーナリングは車の方が、タイヤの本数・接地面積・タイヤ幅で速い

     バイクのタイヤは細くて2本しかない

  • 直線では車の方が、大排気量でパワーに勝るので速い

     バイクに2L、3Lのエンジンは積めない


朝の通勤時間帯では、バイクの圧勝

朝の通勤時間帯では、バイクの圧勝

バイクがすり抜けを全くしなければ、互角だけど

スリ抜けありなら、勝負にならない

朝のラッシュ時は殺伐としてる。

隙あらば、前へ前へという車・バイクで溢れてます。

125ccスクーターを先鋒に、渋滞をすり抜けていくバイクは多い。


すり抜け自体に違法性は無いのでバイクのメリットだけど、グレーな走り方が多いのも事実。

すり抜けを是とするならば、朝の通勤時間帯では、バイクが速い。


しかし、サーキットの速さの方がポイント高いので、総合では車の勝ち。


バイクも電子制御化が進んでるけど、楽しくなった?



2.オープンカーとバイク、より楽しいのはどっち? 【難しさ】

車とバイク、どっちが楽しいのか? 【難しさ】

操作が難しい方が楽しいと感じる人も居るけど

『簡単』=『楽しい』とするなら

オープンカーの圧勝

  • バイクはMT車が多い

     4本の手足、それぞれ別の操作が必要
     体重移動でコーナリング
  • オープンカーはATが多い

     ハンドルを回すだけ



圧倒的にバイクの方が操作が多くて難しい。

それに加え、

バイクは2輪しかないのでバランスを崩すとコケる。

オープンカーは、基本的に走りを楽しむ車じゃない

オープンを楽しむ車です

だからオープンカーにはATが似合う


ポルシェにもオープンがある

走りが楽しめないの?


異論は有ると思うけど、オープンカーはやはりオープンを楽しむ車。

ATでゆったり流すのがふさわしい。



AT前提とすれば、圧倒的にオープンカーの運転の方が楽です。

MTのオープンと比較したとしても、車はコケないので安心感はハンパない。


『楽』と『楽しい』は


イコールじゃない!

バイク乗りなら、必ずこう言います。

しかし、一般的には楽な方が楽しい。


立ちゴケ対策なら、ココ



3.オープンカーとバイク、より楽しいのはどっち?【実用性】

車とバイク、どっちが楽しいのか? 【実用性】
  • 雨・風・雪に強い
  • 暑さ・寒さに強い
  • 多人数で乗れる
  • 荷物が沢山積める



議論の余地なく、オープンカーの圧勝

多目的に使えるのは、『楽しい』と言い換えられます。


屋根・エアコン・荷室付いてる車の方が、外乱に強いのは当然です。

  • オープンカーでも雨が降れば、幌を出せばいい
  • オープンカーでも2人~4人は乗れる
  • サイドウインドウを上げれば風の巻き込みは、そよ風程度

実用性の切り口では、バイクは黙り込むしかない。



バイクに屋根を付けても、バイクが逆転するのは難しい。


バイクと車の中間を狙うのは、アリ?



4.オープンカーとバイク、より楽しいのはどっち? 【開放感】

車とバイク、どっちが楽しいのか? 【開放感】

バイクは遅くて・難しくて・実用性が無いけれど

開放感が堪らない

車の車室内は、自宅のリビングみたいなもの。

明確に外部から仕切られた、プライベートな空間です。

  • 部屋着でもいい
  • 車中泊も出来る




だから、どこまで走っても日常が付きまといます。

車のガラス越しでは、その場所の空気感は伝わってきません。


極論すれば、リビングから屋外を眺めてるのと同じです。


バイクは全てがむき出し

バイクは全てがむき出し

エンジンにタイヤを付けただけ

こんなバカげた乗り物は、他にない


エンジンに跨って走るのが、バイク。

正気じゃ乗れないですね!

家を一歩出たら、全てがむき出しです。

  • 風に吹かれて
  • 雨に濡れ
  • 太陽に焼かれる
  • ぶつかったら、吹っ飛ぶ

こんな原始的な乗り物は、他に有りません。


ストイックでピュア



非日常の開放感が堪らなく楽しい


オープンカーは開放感がある?

オープンカーは似て非なるもの


オープンカーなら開放感は同じ



車とバイクの良いとこ取り!


こう反論する人が出て来そうだけど、バイクとオープンカーは全然別物です。


屋根を取り去っても、車の中がプライベート空間なのは変わりません。

頭に風を感じるオープンカーと、全身むき出しのバイクの開放感は次元が違う。




オープンカーをディスる意図は有りません。

屋根付き車に比べれば、開放感があるのは理解できます。

ヘルメットやプロテクターが不要なので自由を感じるかもしれない。

でも、バイクと比べるのは無理がある。


両方持ってるなら、まとめて節約





オープンカーとバイク、より楽しいのはどっち? まとめ

車とバイク、どっちが楽しいのか? まとめ
  • ドライブは、景色を眺めて楽しむ
  • ツーリングは、景色に溶け込んで楽しむ

どっちが楽しいかは、人それぞれが決めればいいこと。


どっちなんて、大きなお世話に違いない。

でも、開放感あふれるバイクの楽しさを知ったら、ヤミツキになるに違いない。

バイクでドライブは出来ないし

オープンカーでツーリングもできない



あなたは、どっち?



併せて読みたい


タイトルとURLをコピーしました