バイクツーリングに必要な携帯工具とコンパクトに収納する方法

携帯工具ツーリング

バイクに携帯工具を常備してますか?

ツーリングにどんな工具を持って行けばトラブルになっても安心なのか。

工具は何を持って行けばいいの?

そんな疑問を解消します。

ツーリングにおすすめな携帯工具をお教えします。

スポンサーリンク

バイクツーリングに持って行くべき携帯工具

携帯工具は多ければ多いほど色々なトラブルに対応できるけれど、

重くてかさばります。

携帯工具で重要なのは、3つです。

  • コンパクトなこと
    バイクに収納するスペースは限られる
  • 精度が良いこと
    出先で急いでいるからこそ、精度が良くねじを舐め難いこと
  • 高価でないこと
    ツーリング先で使用した後、置き忘れるかも

この3項目を満たす工具を紹介します。

ツーリング中のメンテ

ツーリング中のトラブルとして、何を想定するかしだいで

必要な工具が決まります。

ツーリング中に有りがちなメンテはこの3つです。

ねじのゆるみ、脱落

走行中の振動でねじが緩んだり脱落してしまうトラブルです。

ミラーやレバーの取付けが甘く動いてきてしまったり、パーツの取付けねじが緩んでグラグラした時に増し締めをする工具は欲しい。

ねじが脱落してしまった時を想定して、アリがちなねじを数本持っていくのも良い。

ねじのゆるみ、脱落

立ちごけ

停車しようとしたら路面のくぼみで足が届かなかったり、サイドスタンドの出し方が足りずに立ちごけしてしまうのは良くある事です。

立ちごけでダメージを受けるのが、レバーの曲がりや折れと、カウル割れと心です。

何とか走れるレベルに曲げ戻したり、割れたカウルをガムテープで固定出来るようにはしたい。

パンク

タイヤの耐パンク性能が上がりパンクし辛くなったけれど、刺さる時はビックリするようなものが刺さります。

コンパクトなパンク修理キットとCO2ボンベは欲しい。


これら3つ以上のメンテが必要になったら、ギブアップしてロードサービスを呼ぼう。

パンク修理をギブアップ項目に入れる考え方も有ります。

けれどロードサービスではパンク修理をしてくれません。

修理工場へのレッカー移動に成ります。

ツーリングはそこで終わります。

なんだか、勿体ない。

ねじのゆるみ、脱落2

ツーリングに必要な携帯工具

ツーリング中にありがちな3つのトラブルに対応するための携帯工具はこれです。

これくらいの携帯工具があれば安心

  • 8、10、12、14mmソケット
  • 8、10、12、14mmコンビネーションレンチ
  • 2番ドライバー
  • 4、5、6mm六角レンチ
  • ロッキングプライヤー
  • タイラップ
  • ガムテープ(割れたカウルの補修)
  • ボルトナット少々(脱落した時の交換用)
  • パンク修理キット
  • CO2ボンベ

チューブタイヤでパンク修理に車輪の取り外しが必要なバイクは、

アクスルシャフト用を足します。

初心者で工具をあまり持っていない場合

初心者で工具をあまり持っていない場合

まだバイクを初めて日が浅くこれと言った工具を持っていない場合は、セットで買う事をすすめます。

一つ一つ買うよりも、信頼できるメーカーの工具をセットを買った方が安上がりです

KTC ライダーズメンテナンスツールセット

KTCは日本が誇るmade in Japanの実績ある工具メーカーです。

精度が良いのにスナップオンなどよりリーズナブルで信頼も有ります。

このライダーズメンテナンスツールセットはバイクの携帯工具として必要な物が網羅されています。

  • 嵩張りがちなソケットレンチとドライバーがコンパクトに出来ており秀逸
  • プライヤーがロッキングプライヤー
    物を掴んだ状態で固定できるため、立ちごけで折れたレバーの代わりにもなる
  • ツールバッグ自体も出来がいい
    工具が整理して収納し易くなっていて、バッグ単体としても売られてます。


これを持って行いれば安心。

スポンサーリンク

一通りの工具を持っている場合

自宅にコンビネーションレンチ、スパナセットなどが既にある場合は、それを有効利用したい。

携帯する工具を減らすパーツ2品を紹介します。

TONE ラチェットめがね用アダプター

ソケットレンチを携帯しようとすると、かさばり重いのがレンチ本体です。

このメガネレンチにソケットを付けられるアダプタがあれば、レンチが不要になります

手持ちのソケットと同じ規格(1/4・3/8・1/2)のアダプターを選べば自宅ソケットがそのまま使えます。

携帯性を考えれば1/4ですが、買い直す必要は有りません。

既に手持ちのサイズでOKです。

コーケン 6.35mm スピンタイプハンドル

ソケットレンチとドライバーを1つにする、コーケンのスピンタイプハンドルです。

通常のソケットレンチとして使う場合:

トルクが必要な最初の回し始めは、ハンドルを90度曲げてトルクを掛けやすくします。動き出したらハンドルを真っすぐにしてクルクルと早くナットを外せます。

ドライバーとして使う場合:

ソケットレンチにドライバービットを付けると『押しながら回す』というドライバーの使い方がし辛くなります。

そのため、プラスねじ山を舐め易くなります。

このコーケンはハンドルを真っすぐに出来るので、『押しながら回す』が可能です。

パンク修理器キット

パンク修理キットは使ったことが有れば難しいものでは無いのだけれど、初めて使うのは難しい。

家で練習してみることをすすめます。

詳細はここです。

純正の携帯工具

PCXの場合、純正の携帯工具はこの3種です。

  • +-差替えドライバー
  • 10✖14mmスパナ
  • プラグレンチ

プライヤー、六角レンチすら有りません

基本的には、ミラーが緩んだのを直す程度しか想定してない気がします。

それにしても、薄っぺらなスパナや、先端形状があいまいなドライバーはねじを舐めてバイクを傷めるので投げ捨てよう。

スパナとドライバーをまともな物にするだけでもいいけれど、折角なら何を携帯すべきか見直したい。

ご紹介したツールを使えば、コンパクトに精度の良い工具に置き換えられます

初心者で工具をあまり持っていない場合
photo by JAF
スポンサーリンク

ロードサービスが有るのに携帯工具は不要か

バイクの調子が悪くなったら、ロードサービス・JAFを呼べばいい携帯工具は不要だ。

そんな考え方もあります。

けれど、ロードサービスがすぐに来てくれるとは限らないし、夜間だと待ってるのも辛い。

折角のツーリングがそこで終わりになってしまいます。

チョットしたねじのゆるみとか、軽い立ちごけの修復ぐらいは修理出来る用意は必要。

修理出来る用意は必要

バイクツーリングの携帯工具 まとめ

携帯工具で重要なのは、3つです。

  • コンパクトなこと
    バイクに収納するスペースは限られています
  • 精度が良いこと
    出先で急いでいるからこそ、精度が良くねじを舐め難いことが大事
  • 高価でないこと
    ツーリング先で使用した後、置き忘れて来るかもしれません

TONE、コーケン、KECなら精度・コスパとも安心なコンパクト化工具です。


KTC ライダーズメンテナンスツールセット
TONE ラチェットめがね用アダプター
コーケン 6.35mm スピンタイプハンドル

自宅でメンテをする時に、携帯工具でメンテをしてみて使い勝手を確認しておこう。

ツーリング中のトラブルも過ぎてしまえば笑い話です。

後で笑えるように、必要な工具は携帯しておこう。

ツーリング
スポンサーリンク

Amazonで5,000円以上のギフト券を買うと、1,000ポイント貰えるキャンペーン中です。

5,000円で1,000円貰えるので大変お得です。
0.5~2.5%もポイントも付きます。
ギフト券の有効期限は10年なので、期限切れになる心配も有りません。

Amazonチャージ 初回購入限定キャンペーン ギフト券

突然キャンペーンは終わるので、終わってたらごめんなさい。

ごくうをフォローする
PCXでGO!
タイトルとURLをコピーしました