私はバイクでタバコをやめました!【バイク、コーヒー、タバコ】

トリビア
スポンサーリンク

バイク、コーヒー、タバコ。

この3つは親和性の高い取り合わせです。

勝手なイメージ

ドドド、重低音を響かせながらバイクがやってくる

自販機にお金を入れて、ガゴッ、と缶コーヒーを取り出す

タバコを吸いながら缶コーヒーを一口のんで、フーッ、とため息をつく。

コンプラ的にまずいのか、最近はメディアでタバコを吸うシーンを見かけなくなりました。

しかし古いドラマでは定番です。

バイクにタバコは似合います。


けれど、私はバイクでタバコをやめました

スポンサーリンク

モータースポーツとタバコ

かつてF1、MotoGPを頂点とするモータースポーツのスポンサーに、タバコ会社が名を連ねていました。

マルボロ

MotoGPを引用

キャメル

wikiを引用

マルボロ

wikiを引用

最近は1台に複数スポンサーが付くのが普通です。それに比べると当時のカラーリングは、すっきりして美しい。

車1台の広告枠を丸ごとタバコメーカーが買い占めていたのです。

マルボロ、キャメル、ラッキーストライク、ロスマンズ。

海外タバコメーカーのカラーリングを纏った車は大人気でした。

特に、アイルトン・セナが乗るホンダ マールボロ マクラーレンの人気は、社会現象でした。

セナが日本にF1を広めたといっても過言ではありません。

このように、モータースポーツとタバコは深いつながりが有ります。当時、既にテレビからタバコのCMが締め出されていた事もあり、モータースポーツを露出の場としていました。

モータースポーツを楽しむ層とタバコを吸う層が同じだったからです。

バイク ⇒ レース⇒ ちょい悪 ⇒ タバコ。

バイクとタバコは近いものでした。

バイクを覚えるのと同じくしてタバコを覚えるのが常でした。

[ad]

スポンサーリンク

バイクでタバコをやめた理由

20代でバイクを降りた後も、タバコはやめられずにいました。

バイクを降りた事で、陰鬱な日々を送っていました。

そんな自分を抑えきれず、小銭を握り締めてバイクにリターンします。

バイクは楽しい。

楽しくて仕方ありません。とにかく走り回りました。

近場の峠道に飽きた頃に、高速で遠くへ出張る事を覚えました。

そしてまた走り回る。

バイクで走る >>> ご飯を食べる >>> タバコを吸う

朝、まだ暗い時間に家を出て、ガソリンが無くなる夕方まで。

ご飯も食べずノンストップで走ってました。

バカです。

お腹が空くのを忘れていたわけでは無いけれど、お腹が空くのは無視できました。

ご飯を食べる時間も惜しかったのです。寝食を忘れて、というやつです。

当然、バイクを停車してタバコを吸う時間などありません。

そんな事を続けている間に、体からニコチンがすっかり抜けてしまいました。

アレ? タバコヲ、スワナクテモ、ヘイキダ

お金が無くてもタバコだけはやめられず、安い昼飯にしてタバコを買ってました。

それが気が付くと、体がタバコを欲しません。

バカげた禁煙法です。

誰にも信じてもらえません

スクーターに乗りながらタバコを吸っている人を見かけますが、私は無理だった。

あれは低速、かつ半ヘルだから出来る技です。

  • フルフェイスヘルメットでは吸えません
  • スピードが出ていると片手では運転出来ません
  • 火の粉も飛び散ります

[ad]

データで見る喫煙

厚生労働省 喫煙と健康 喫煙の健康影響に関する検討会報告書 2016

ここには面白いデータが沢山あります。

タバコをやめたい人が、思ったより少ないのが印象的です。

  • 低所得30代,40代男性の喫煙率が高い
      — まさに私です
  • タバコをやめたい人は喫煙者の30%

男女ともに、所得が低いほど喫煙率が高い

喫煙率は若干下がって来たが、男性32%、女性8%が喫煙

男女ともに、30代、40代の喫煙率が高い

タバコをやめたい人の割合は、それほど変わっていない。

2013年にやめたい人が減ったのは、同年に開始されたタスポの影響でしょうか。


これを機に実際にやめた人が多かったので、やめたい人が減った??

 タスポ:タバコを自販機で買う時の年齢証明カード 。懐かしいですね。今でも有るのでしょうか。

禁煙の効果

タバコへの依存には2種類あります。

  • ニコチン依存
    ニコチンには依存性が有り、血液中の濃度が減ると禁断症状が出てイライラする
    タバコと吸って2時間程度で血中濃度は半分になり、供給の欲求が生まれる
  • 心理的依存
    タバコを吸う、煙を吐くという行為が習慣になっていること。
    タバコを吸う場面(食後、飲み会)で行動しないと、落ち着かない。

この2つの依存を同時にやめるのは難しい。

そこで、ニコチン入りのガム・パッチなどを用います。
まず心理的依存から是正する方向のようです。

禁煙する効果は、この図です。

亀田グループサイト参照

数日で、味覚・嗅覚が敏感になるのは、体感できます。

でも美味しくて、5Kg太るのは確実です。

タバコをやめても元の体に戻るのに20年。


多分、戻る前に寿命ですが、納得しています。

長生きしても嫌われるだけだし、為すべき大儀も無く、平穏な日常です。

他の効果には、タバコの匂いに敏感になる事があります。

喫煙所の近くを通りがかると、その匂いから遠回りをします。


また、すれ違う人が喫煙者だと直ぐに解ります。

タバコを吸っていた頃は、いつも喫煙所で談笑していました。


何も感じていませんでした。


やめて初めて、自分があんな匂いを出していたのかと気付くのです。

まとめ


バイクに乗って、タバコをやめよう!

スローガンにしても、誰か付いて来るとは思えません。

禁煙法として、一儲け出来そうにありません。

自分でも、なぜ禁煙できたか解っていないので仕方ありません。

解っているのは、バイクが好きな事だけです。

浮いたタバコ代で何を買おうか。

Amazonヘルメット検索結果

タイトルとURLをコピーしました