バイクブームを再燃させるために出来ること3選【自転車ブームに学ぶ】

バイクブームトリビア

Amazonで10人に1人 5万ポイントが当たる

2022年11月18日~12月16日

Amazonで10人に1人が5万ポイント貰えるキャンペーン実施中です

エントリーしないのは勿体ない!

⇒ Amazon公式 キャンペーン

運試ししませんか?

10年以上続いた自転車のロードバイクブームの終焉が見えて来ました。

一部のコアなファンはいるけれど、ブームはピークを過ぎた感がある。

ロードバイクは

なぜ日本に日本に根付かなかったの?


バイクの明日はどっち?

そんな疑問を解消します。

女性が参入しないブームは、廃れるのが早い

バイクが巻き返す方法は、2つ

  1. バイクを爽やかイケメンの乗り物に変える
  2. ライダーの顔の素材の差は、清潔感で補う

かつて80年代バイクブームが去ったのと同じ流れを自転車ブームもたどってる。

これを反面教師として、

80年代のバイクブームを再燃させるために何が出来るか?

バイク乗りの力を今こそ結集しよう!

なんてね!

自転車ロードバイクのブームが去った理由4選

自転車ロードバイクのブーム

バイクで峠に行くと、

ピチピチウエアに身を包んだ、意識高い系が

ロードバイクの傍らで、訳の分からないサプリメントを食べてます。

オートバイは楽でいいですねー

自転車は、機材にお金掛けても

エンジンは自分だからね

ハハ!

なぜか、上から目線です。

エンジンは自分と言いながら、

傍らの自転車には『COLNAGO』とロゴが入っており

プロ用の機材なのは素人目にも明らかです。

ロードバイクブームの終わり

ロードバイクブームの終わり

自転車ブームは、20年前にマウンテンバイクの流行で始まりました。


その後、世界最高峰の自転車レースツール・ド・フランスでアームストロングが7連勝!

これを機に、ブームはロードバイクに移りました。

健康志向、ダイエットブームの波に乗りアッという間にロードバイクが増殖しました。

休日のサイクリングロードや峠道には、ロードバイク好きが溢れたのです。


こんな、ロードレーサーを最近急に見掛けなくなりました。

ロードバイクが日本に根付かなかった理由は3つ。

  1. 女性受けしなかった
  2. 機材が先鋭化しすぎた
  3. インフラが無かった


1.女性受けしなかった

女性受けしなかった

ピチピチウエアは、女性には受け入れられませんでした。

体の線が丸わかりのウエアをノーパンで着るのは、男でも抵抗が有ります。

よほど体形に自信があっても、日本女性に受け入れられるはずが有りません。

女性の参入が無いと男も離れていくのは良く有ることです

2.機材が先鋭化しすぎた

機材が先鋭化しすぎた

最先端のカーボンを最先端のCADで最適な強度で組み立てた自転車

100万円を裕に超えます

オタクか富豪しかついてけません

ツール・ド・フランスでプロが使う自転車はハイテクのカタマリです。

そんな自転車が、お金を出せば手に入ります。


機材スポーツは、必ず機材ヒエラルキーが起きます。

より、高価な自転車に乗っているヤツが偉い。

普通の人は、嫌気がさします。

バイクでも、80年代に同じことが起きましたね!


自転車の世界は、プロがレースで使っている機材が100万円で買えます。

バイクで考えるなら、MotoGPを走っているワークスマシンが300万円程度で買えることになります。

こう考えると、プロが使う自転車が欲しくなる気持ちも解ります

MotoGPを走っているバイクが300万で買えるなら

手が出ない訳じゃない

3.インフラが無かった

インフラが無かった

日本の道路は車中心に作られており、自転車との共存を考えてません

日本の道路は、余裕をもって自転車を追い越しにくい。

自転車をギリギリかすめて追い越す日本のインフラ。

車側はイラつくし、自転車側は恐怖。

車にビクビクしながら自転車に乗っても楽しくない。

嫌気がさします。

バイクは楽しい!ブームを再燃させる方法は3つ

バイクブームを再燃させる方法

自転車ブームの次に、バイクブームを再燃させる。

そのためには、自転車ブームが去った理由を克服すればいい!

自転車ブームが廃れた教訓を生かす

  1. 女性受けしなかった
    ⇒ バイクを爽やかイケメンの乗り物にする
  2. 機材が先鋭化しすぎた
    ⇒ 125ccブームを拡大する
  3. インフラが無かった
    ⇒ 公道で練習やレースごっこを止める

1.バイクを爽やかイケメンの乗り物にする

清潔感のあるウエアで差を埋める

バイクが爽やかイケメンの乗り物になれば

女性は必ず参入してくれる

従来のバイクのイメージは、不良の乗り物です。

これを、変えるのは生易しくは無い。

バイクブームを起こすには

バイクのイメージは、

  • 週末アウトローのコスプレ
  • ヤンチャな若者の遊び道具
  • 不良の乗るもの

これを変えるのが最優先事項です。

アウトローごっこをしてる場合じゃない。

  1. 爽やかなイケメンがバイクに乗る
  2. 女性が増える
  3. 女性が増えれば、男が増える
  4. ブームが来る

完璧です。

’80年代のバイクブームが再燃することに間違い有りません。

高望みはしない

高望みはしない

いきなり結論になりますが

福山雅治さんならば、袖なしGジャンを着ても『爽やかイケメン』です。

素材の差は何ともなりません

そこは、努力で埋めるしか有りません。

  1. 清潔感のあるウエアで差を埋める
  2. 清潔感のある身のこなしで差を埋める

1.清潔感のあるウエアで差を埋める

清潔感のあるウエアで差を埋める
photo by POWERAGE

コスプレおやじやバイクオタクは、素材で勝負出来ません。

ならば、清潔感で差を埋めよう。

小汚い!、脂っぽい!

いきなりオシャレをしようとすると、逆効果です。

どうすれば、オシャレになるの?

解るはずがありません。

何をどうすれば良いかわからずに誰かの真似をすると、痛いだけです。

シンプルさ、清潔感だけを目指そう

良く解らないファッションブランドの高価な服は要りません。

  • 無地でタイトでシンプル
  • 色はモノトーンか、くすんだ薄い色

清潔感なら、この取り合わせしかありません。

誰でも、それなりに見えます。

白のTシャツ

白のTシャツ

ド定番のヘインズです。

無地の白Tシャツがあれば、他に何も要りません

すべての始まりで終わりです。

  • ロゴやプリント柄の入ったTシャツ
  • 色のついたTシャツ

これらは、まとめて投げ捨てる。

真っ白で肌触りの良いTシャツは、顔色を明るく見せてくれます。

スキニージーンズ

スキニージーンズ

ド定番のLEVI’S 501スキニーストレッチです。

ダブダブのルーズフィットジーンズは投げ捨てよう。

タイトなデニムには軽快感があります。

コットン100%の素材感は捨てがたいけれど、ストレッチ素材がおすすめです。

バイクでも突っ張らないので楽です。

ヴィンテージ加工やダメージ加工でラフな雰囲気を出すのもイイ。

パーカー

パーカー

ド定番のChampion。

ジップアップが便利だけれど、プルオーバーのパーカーの方がスッキリします。

ファッションに、「便利」という判断基準はありません。

ベージュ、グレーなどの薄い色の無地でボリューム感のあるパーカーが鉄板です。

細身なスキニージーンズにボリュームのあるトップスは、体形もカバー出来ます。


バイク乗りのファッションをどう思う?



2.清潔感のある身のこなしで差を埋める

清潔感のある身のこなしで差を埋める

服装をこざっぱり清潔にしても、本人がイケてないとぶち壊しです

人の第一印象は、最初の5秒で決まる

と言われています。

5秒間の判断材料は、見た目50%、話す声40%です。

  • 『なんかニヤニヤしていて怖い』
  • 『ブツブツ何を言ってるのか聴き取れない』

こんな第一印象を持たれないために、気を付けることは2つだけです

  1. 清潔にする
  2. 挨拶をする

1.清潔にする

清潔にする

とにかく、清潔感!

  • 脂ぎったテカリは厳禁
  • 洗顔してウェットは常備
  • 髪は清潔感があり、短髪がBEST
  • ひげの剃り残しが無い
  • ツメがキレイ


香水とかの匂い系は、無くていい。

あいさつ

あいさつ
  • 大きな声で、ゆっくり『こんにちは!』と言う
  • キョロキョロせずに、落ち着いて相手の目を見る

もちろん、口角を上げて歯を見せながら笑顔。

2,3歩近寄って、挨拶が終わった頃には第一印象は決まってます。

ダメな空気を感じたら、ゴリ押しせずに引き下がろう。


2.125ccブームを拡大する

125ccブームを拡大する

間口を広げて、入りやすくするのが大事

125ccバイクブームを伸ばそう

初心者に、大型バイクを勧めてませんか?

自転車に限らず、ブームが終わるパターンは決まってます。

ブームの発生~終焉のパターン

  1. 流行に敏感な若者の間で話題になる
  2. フォロワーが参入し、ブームが起きる
  3. 差別化のため、機材が高性能化し高価格となる
  4. 一部のマニアのみが高価格な機材を手に入れ幅を利かせる
  5. 初心者はマニアにバカにされ、離れていく
  6. 初心者の参入が減り、マニアはより先鋭化する
  7. 市場規模が減り、メーカーや小売り店が業務縮小
  8. そして誰もいなくなった

バイクを始めるのに、最適な125cc

最適な125cc

趣味を始めるために、100万以上も出せません

手軽に始められる125ccが最適

バイクが面白そうだと感じても、いきなり100万は難しい。

  • CB650R 100万円
  • CB400SF 88万円
  • レルブ250 60万円
  • クロスカブ110 34万円

まずは、バイクの楽しさを味見してみないと始まりません。

ヘルメット・ウエアなどの用品を含めて、50万以内。

50万に収まらないとバイクを始めてみようとはならない。


となると、125ccか中古の250ccになります。

125ccなら、バイクの楽しさを十分味わえます

125ccから始めるよう勧めて欲しい


バイク乗りには、排気量マウントを取りたがる人が多い。

125ccが道の駅に来ても、バカにするのは止めてね!


初心者は中古か新車か?


バイクが高くなった理由は、ココ



3.公道で練習やレースごっこを止める

公道で練習やレースごっこを止める

公道は、みんなのインフラです

練習場でも、レース場でもない

  • 車の脇をカッ飛んでいくバイク
  • 反対車線も使ってコーナリングするバイク


バイクを公道で楽しむためには、そんな技術は要りません。

バイクは、楽しい

  • バイクの楽しさをもっと知ってもらいたい
  • バイクにも市民権が欲しい


そう思うなら、暴走は誰も居ないところで、チョットだけ。

バイクに乗ってると、車が鈍重でシケインにしか見えないのは、良く解る

思い通りに走りたい気持ちも、良く解る

みんなが見てる前でやっちゃったら、バイクブームなんて来ません。


ブォン、ブォンと減速してますか?



バイクブームを再燃させるために出来ること3選 まとめ

バイクブームを再燃させる方法
  1. 真っ白なTシャツスキニージーンズグレーパーカーに着替えよう
  2. 顔を洗い髪を整え、口角を上げて「こんにちは!」と言おう
  3. 125ccをバカにしない
  4. 公道で練習やレースごっこをしない

バイクは、薄汚くてアウトローなイメージを持たれてます。

これをブチ壊さないと、バイクブームは再燃しません。

全て、バイク乗りの行動に掛かっています。


併せて読みたい

タイトルとURLをコピーしました