【初心者向け】スクーター、乗り方のコツ8選!【ニーグリップは?】

スクーターの乗り方のコツバイクを売る

Amazonで10人に1人 5万ポイントが当たる

2022年11月18日~12月16日

Amazonで10人に1人が5万ポイント貰えるキャンペーン実施中です

エントリーしないのは勿体ない!

⇒ Amazon公式 キャンペーン

運試ししませんか?

バイクの60%以上はスクーターです。

一般社団法人 日本自動車工業会『二輪車市場動向調査』

けれど、二輪免許取得でAT免許を選ぶ人は10%未満です。

警察庁 『運転免許統計』


スクーターとマニュアル車は見た目も違うし乗り方も違います。

しかし、AT免許を選ばないと、スクーターの乗り方はほとんど教わりません。



乗り方を知らずに、スクーターに乗っている人がほとんど。

スクーターの乗り方は

どう違うの?

そんな疑問を解消します。

1.燃料タンクが無いのでニーグリップ出来ない
  ⇒くるぶしでグリップ


2.ステップが無いので、荷重出来ない
  ⇒ステップボードの端に足を置く


3.シートが広く、何処に座れば良いのか解らない
  ⇒近すぎず遠すぎず座る


4.アップライトな姿勢なので、段差衝撃で腰痛になりそう
  ⇒骨盤を立てて座る


5.ホイールが小さいので、バンクすると直ぐに擦ってしまう
  ⇒リーンアウトとかはせず、減速する


6.エンジンブレーキが使えないので、長い下りが怖い
  ⇒ブレーキを掛け続けない、時々『ギュッ』


7.極低速でクラッチが切れてしまい、フラつく
  ⇒アクセル一定にしてリアブレーキで調節


8.前ブレーキメインだと、止まり難い
  ⇒リアブレーキを強めに効かせよう

こんな内容を知って、スッキリしよう。

スクーターは、一般的なバイクとは違う運動性能を持ってます。


特性を理解して、この8つのコツを意識して乗ろう!

コツを知ってれば、安全にカッコ良くスクーターに乗れる。

スクーター、乗り方のコツ8選! 

スクーター乗り方のコツ8選

スクーターの乗り方と、マニュアルバイクの乗り方は違います。

バイクの特性が違うので、乗り方も違う。

スクーターの特性を知れば、乗り方は自然と見えてきます。

スクーターの特性は、この8つ

この特性に合わせる乗り方をしよう!

  1. 燃料タンクが無い
  2. ステップが無い
  3. シートが広い
  4. ハンドルが近い
  5. ホイールが小さい
  6. エンジンブレーキが使えない
  7. 低速でクラッチが切れる
  8. エンジンが後ろに

1.燃料タンクが無い ⇒ニーグリップのやり方

スクーターは、燃料タンクに跨って乗らない

足の間にには何もない。

だから、ニーグリップで燃料タンクを挟み付けて、下半身をバイクと一体化することが出来ない。


ニーグリップの代わりにすることは2つ。

  1. フロアステップを踏みつける
  2. くるぶしをスクーターに押し付ける



アドレスのようにフラットフロアのスクーターは①を使います。

PCXのようにセンタートンネルがあるスクーターは②を使います。

こうすることで、ニーグリップと同じように、一体化してバイクを安定させることが出来る。


バイクとスクーターの構造的違いの詳細は、ココ



2.ステップバーが無い ⇒足の置き方

フラットフロアのスクーターに乗るときに、

女性は足を揃えてスクーターに乗りがちです。

女性らしい仕草で好ましいけれど、

足を揃えると左右への踏ん張りが効かないので、スクーターがふらつき易い。


フロアーステップ左右のに合わせて、足を開いて乗るのが良い



ガニ股で乗るのは止めた方が良いけどね!


スクーターだららと言って、サンダルはNG! 

おすすめの靴は、ココ



3.シートが広い ⇒スクーターの座り方

シートが広い ⇒スクーターの座り方

スクーターのシートは、マニュアルバイクのシートより大きい。

どこに座れば良いのか迷います。

スクーターに座る位置は、浅すぎず・深すぎず


  • 足付きが気になって、前の方にチョコンと座ると、ハンドルを持つ手を折りたたむことになる
      ⇒操作し難いので、NG
  • シートの奥までどっかり座ると、ハンドルを握る手が伸びきる
      ⇒これも操作しにくいので、NG

中庸の徳たるや、それ至れるかな

孔子の言葉



極端は避けて、ちょうどいい位置に座るのが一番の『』です。



なぜ、スクーターにはセンタースタンドが必ず付いてるのか、理由を知ってる?



4.ハンドルが近く、上半身が起き上がる ⇒腰痛にならない乗り方

上半身が起き上がる ⇒腰痛にならない乗り方

スクーターは、SSのように前傾姿勢では乗らない。

クルーザーのように、上半身が起きた姿勢になります。

何となく座ると、猫背になってアゴが出る。



みっともないし、腰に負担が掛かるので、腰を痛めます。


腰を入れて骨盤を立てて乗ろう。

  • 骨盤を立てる
  • 肩の力を抜く
  • 猫背にならない
  • 腕を突っ張らない
  • アゴを引いて上目使い

こんな乗り方が、カッコいい。

疲れないしね!


スクーターもバイクも、『上半身から力を抜くのがコツ』。


ハンドルを持つ手から力を抜いて、フリーにしてあげよう。

『セルフステア』が効いて、勝手に行きたい方向に進んでくれます。



くれぐれも、ハンドルを抑え込まないで!


5.ホイールが小さい ⇒バンクさせない曲がり方

ホイールが小さい ⇒バンクさせない曲がり方

マニュアルバイクは17インチホイールが一般的ですが、スクーターは10~14インチと小さい。

シート下の収納スペースを稼げるし、小径の方が小回りが利いて市街地では乗り易いからね!



でも、小径ホイールは動作がクイックだし、バンクさせるとセンタースタンドを擦り易い。

なるべくバンクさせずに曲がる!


スピードを落とすのが一番

瞬間的な逆ハンドルでクイックに曲がることも出来るけど、挙動が早くて危ない。



GPライダーのようにハングオフで曲がろうとしてませんか?

公道では何が起きるか分からないので、止めた方がいい。

コーナーの奥に視線を送って、自然に曲がるのを覚えた後で十分!

ハングオフは、スクーターに慣れてから、誰も居ないとこでコッソリ試そう。


スクーターもバイク保険は忘れないで




6.オートマチックなのでエンジンブレーキが使えない ⇒長い下りの走り方

オートマチック ⇒長い下りの走り方

スクーターは自動変速なので、ギアを選べません。

このため、長い下りでエンジンブレーキを効かせて走るのが苦手です。

全然エンジンブレーキが利かない訳では無いけれど、ブレーキ操作が不要なほどは利かない。


車だと2速固定なんて出来るけど、スクーターはギアが無いので選べないからね!

250cc以上のスクーターには、疑似的にギアを選べる仕組みが付いてることもある

125ccにも是非付けて欲しい

プログラムでやってるだけなので、125ccでも出来るはず

期待してます



ずっとブレーキを掛け続けるとブレーキが過熱して

ペーパーロック』でブレーキが利かなくなることも有ります。

ダラダラブレーキを掛け続けない

スピードが上がり過ぎたたら、時々『ギュッ』と掛ける



仕方が無いので、断続的にブレーキを掛けるようにしよう。

長い下りでもしブレーキの利きが甘くなってきて『ペーパーロック』を感じたら

直ぐにスクーターを安全な場所に退避させて!


命を張るのは、べつの場面にしておこう

ブレーキが冷えるまで、カッコいいバイクの写真を撮っていよう


スクーターに似合うおすすめヘルメットは、ココ



7.オートマチック ⇒極低速での走り方

オートマチック ⇒極低速での走り方

スクーターは、スピードが落ちるとクラッチが自動で切れます。

そして、ある程度のスピードにならないと、クラッチが繋がらず駆動しません。

このため、極低速の走行が苦手です。

アクセル操作とクラッチの繋がり具合にもタイムラグがあるので、微速前進がやり難い。


マニュアル車なら、半クラで自由自在なのだけれどね。


アクセルは一定で、

リアブレーキの強弱で微速前進するとやり易い




Uターンをする時に使うテクニックの応用ですね!

スクーターには4輪車のような『クリープ現象』がありません

これは、車のオートマチックとは機構が違うから

バイクはトルクコンバーターが無いので、

クラッチを切らずに停止するとエンストしてしまう



8.エンジンが後ろ ⇒ブレーキの掛け方

.エンジンが後ろ ⇒ブレーキの掛け方

スクーターは、エンジンが後ろについてます。

マニュアル車のように、エンジンが前に無い。

ホイールベースも長い。

このため、ブレーキを掛けたときに、後輪のブレーキもある程度効きます。

マニュアル車のように、重心が前輪に偏ってしまわない。

マニュアル車が前後7:3ならば、スクーターは前後6:4



マニュアル車より後輪ブレーキを多めに使うと、素早く安全に止まれる。




スクーターのシート下収納を活用する方法は、ココ



【初心者向け】スクーター、乗り方のコツ8選!まとめ

【初心者向け】スクーターの乗り方のコツ8選 まとめ

スクーターは軽く見られがちだけど、バイクに変わりありません。

スクーターとマニュアルバイクは、同じバイクだけれど特性が違う。

  • SSとクルーザーの乗り方が違うように
  • 125ccとリッターバイクの乗り方が違うように

スクーターの乗り方も違います。


それぞれ違う乗り味を、いろいろ楽しんでも良いし、一筋に極めるのも良い。

バイクは楽しい。


併せて読みたい



タイトルとURLをコピーしました