バイク事故は怖い!起こさない3つの方法【交通ルールだけではダメ】

バイク事故を起こさない方法バイク知識

バイクが車より危険なのは、誰もが知ってます。

鉄ゲージに囲まれてないし、シートベルトも無い。


車とぶつかったら、勝ち目はありません。

バイクを末永く楽しみたい!


交通ルールを守れば、大丈夫だよね?

バイク事故を起こさないコツはあるの?

そんな疑問を解消します。

いくら交通ルールを守っていても、死ぬときは呆気なく死にます

もっと踏み込んだ方法が必要

バイク事故を起こさない3つの方法

  1. 正義を貫かない
  2. 他人を見たら、自己中と思え
  3. 自分の弱さを知る

こんな内容を知って、スッキリしよう。


死んで評価してくれるのは、保険の鑑定人くらい。

あなたの過失割合が10:0と認めて貰っても、死んだらお終いです。

そうならない方法を知っておこう。

バイク事故は怖い!交通ルールを守ってても

交通ルールを守ってても、事故は避けられない

一旦停止をして、制限速度を守ってたら事故を起こさないのか?


世の中、そんなに甘くないのは、誰もが知ってます。

  • 煽ってくる人はいるし
  • 突然、右折してくる人もいる

いくら安全運転を心がけてても、事故は避けきれません。

もっと、積極的にバイク事故から遠ざかる方法が必要です。

バイク事故を起こさない3つの方法を知ろう。

  1. 正義を貫かない
  2. 他人を見たら、自己中と思え
  3. 自分の弱さを知る



バイクは車の4倍、死にやすい。

バイク事故に遭わない方法1: 正義を貫かない

バイク事故に遭わない方法1: 正義を貫かない

正義は勝ちを譲る

あなたが優先だったとしても、割り込んでくる人と張り合わないで入れてあげよう

可哀そうな人だと、いつくしんであげよう

子供番組だったら、最後は正義が決めポーズで、ハッピーエンドです。

でも、世の中はそんなに解りやすくない。

はい、終わりー

バイクが車にあおられて、最期は轢き殺された、悲しい事件を覚えてますか?


はい、終わりー


車のドラレコに残ってたそうです。

車と張り合っても、バイクに勝ち目はありません。

正義を貫いても、褒めてもらえない

  • あおってくる奴
  • ムリな割り込みをする奴
  • 強引に右折してくる奴

ブロックしても、良いことは何もない

あなたに優先権があっても、譲ってあげよう。

そんなのには構わずに、先に行かせればいい。

その瞬間を切り取れば、正義は負けかもしれない。

でも、そんな運転をしてて事故を起こさないのは幸運なだけ。

幸運は続きません。


逆に譲ったあなたは、いつまでもバイクを長く楽しめるにちがいない。

永く楽しめれば、正義が勝ったと言ってもいい。


仮面ライダーが絶対正義?

負けるが勝ち

なぜ、自分が譲らなくてはならないのか?


そう思うかもしれないけれど、ブロックしても楽しいことは何もない。


あなたの後ろでイラつくのを見て、楽しい?


同じ土俵に降りていく必要はありません。

危うきには、近づかない方がいい。


最後の砦として、バイク保険は必須

バイク事故に遭わない方法2:他人を見たら、自己中と思え

いろんな人がいるから、楽しい

みんなが同じだったら、気持ち悪い

多様性(ダイバーシティ)は、認めます。

でも、この動画のような多様性は認められない。


かもしれない運転してますか?

  • 止まってくれるだろう
  • 避けてくれるだろう

そんな『だろう』運転では無く、『かもしれない』運転が大事。

そんなお話を、免許更新で聞かされると思います。


その通りだけど、『かもしれない』と言い出したら、1ミリも進めない。

直前に飛び出されたら、避けようが無いからね。


たとえあなたが交通ルールを守っていたとしても、災いはやってきます。

自己中ばかり

期待したら負け!

他人は皆、自己中


悲しいけれど、そう思って運転しないと事故に巻き込まれます。


高級外車に乗ってる人は、横柄な運転で自己中というイメージがあります。

けれど、実際は逆の気がしませんか?

  • カイシャの看板を背負ってるはずの営業車
  • 古びた軽自動車

こんな車の方が、自己中な運転をしてる。


ムリな追い越しをしたり、車間を詰めてきたり。


こんな車を見つけたら、『かもしれない』を最大限に発動!

逃げるが勝ち!

君子じゃなくても、危うきに近寄らず

車には勝てないからね


あなたは、何歳までバイクに乗り続けますか?


バイク事故に遭わない方法3: 自分の弱さを知る

わない方法3:  自分の弱さを知る

危険な場面に遭遇しても

超絶テクがあれば、回避できるに違いない

ムリなら、自分の弱さを知ってムリしないでおこう

あなたがバイク操作に長けていれば、あるいは生き延びられるかもしれない。

けれど、これらが出来ないなら、自分の弱さを知って自重しよう。

  1. 金田のスライドブレーキ
  2. リンボーダンス
  3. ステアケース

1. 金田のスライドブレーキ

AKIRAの金田バイクのようなスライドブレーキが出来ますか?


右折車が目の前に飛び出してきても、この技があれば大丈夫。

華麗にスライドブレーキで、命拾いするに違いない。

2.リンボーダンス

金田のスライドブレーキができるなら、こっちもいけるはず。

転倒寸前のリーンアウトで、潜り抜け。


コントロールを失った大型トレーラーが反対車線からやってきても、大丈夫。

危機一髪で車体の下を潜り抜け、生き延びられるに違いない。


3.ステアケース

ブラインドコーナーの奥に、車がいても心配いらない。

ステアケースで飛び越えてしまえばいい。

体重移動・サスの反動・エンジンパワー。

タイミングを合わせ、何事もなかったかように走り去れる。



猫が飛び出してくる理由は、ココ

バイク事故は怖い!起こさない3つの方法 まとめ

生き残った者が、勝者です

死んだら、おしまい

人間の本質は性悪だといいます。

精進することで性善に昇華するのだけれど、性悪のままの人もいる。


あなたが導いてあげてもいいけれど、道行くすべての人を導いてはいられない。

交通ルールを守っていても、バイク事故は避けられません。

世の中、そんなに甘くない。

  • 正義を貫かない
  • 他人を見たら、自己中と思え
  • 自分の弱さを知る

まずは、3つの方法で自分が生き残ることを考えよう。



併せて読みたい



タイトルとURLをコピーしました