バイク日帰りツーリングの目的地5選!【温泉・ダム・路地裏・放浪】

日帰りツーリングの目的地5選ツーリング

Amazonで10人に1人 5万ポイントが当たる

2022年11月18日~12月16日

Amazonで10人に1人が5万ポイント貰えるキャンペーン実施中です

エントリーしないのは勿体ない!

⇒ Amazon公式 キャンペーン

運試ししませんか?

バイクで見知らぬ土地を訪ねるのは、楽しい。

けれど週末の日帰りツーリングは、行先がマンネリ化してませんか?

同じ場所ばかりで飽きてしまった


どこに行けばいいの?

そんな疑問を解消します。

日帰りツーリングのおすすめ目的地

  1. 温泉
  2. ダム
  3. 路地裏
  4. 定点ラーツー
  5. 放浪

こんな内容を知ってスッキリしよう。

ロングツーリングが楽しいのは解ってるけど、それはフルコースのフランス料理みたいなもの。

毎週では、胸やけしてしまう。

週末に出かけるなら、街の定食屋みたいな場所がおすすめ。

ビックリするような感動は無いかもしれないけど、普通においしくて飽きない。

バイク日帰りツーリングの目的地5選!

イク日帰りツーリングの目的地5選!

朝早く出かけて、夕食の時間には余裕を持って帰り着きたい。

家族との時間を犠牲にするわけにはいかないからね!


だけど、夕飯に間に合う距離の名所は、直ぐに行き尽してしまう。

マンネリ化した日帰りツーリングを打破したいなら、おすすめの目的地は5つ。

  1. 温泉
  2. ダム
  3. 路地裏
  4. 定点ラーツー
  5. 放浪

1.温泉

温泉

日帰り温泉は、飽きない

温泉好きは日本人のDNAに記憶されてます。

夏はバイクの季節だけど、汗が走行風で乾き塩が噴いたようになる。

冬に通勤・通学以外でバイクに乗って凍えるのは、愛すべきバイクばか。

どちらも、日帰り温泉で生き返ります。

  • 夏に汗にまみれた体をサッパリ
  • 冬の凍えた体をポカポカ

ゆっくり温泉に浸かれば心まで温まって、また1週間ガンバれるに違いない。

温泉は体力を使う

温泉でまったりすると、思いのほか体力を使います。

まったりしすぎて帰りたくなくなるのには、疲れの要素もある。


温泉に入って美味しいもの食べると、まぶたが重くなります。

帰り道に居眠りしたら大変だから、水分を取ってリフレッシュしてから帰ろう。

2.ダム

ダム(巨大建造物)

バイク乗りは、高いところが好き

高いところからの眺めは気持ちいい。

歩いて渡れるように歩道が整備されているダムがあります。

ダムの中央まで歩いて、下を覗き込まずにはいられない。


日本は山国なので、日帰り圏にダムが無い地方はまずありません。

黒部ダムなら最高だけど、名もないダムも捨てたものじゃない。


ダムの内部まで入っていける、観光用に整備されたダムも良い。

ダムカード

全国700ヶ所以上のダムで、訪問者に無料で配布しているカード。

ダムの豆知識が印刷されてます。

⇒ 国土交通省 ダムカードについて

無料なのもあり、集めたくなる。


日帰りなら、荷物はミニマムが身軽!

3.路地裏

路地裏

路地裏探検隊は、楽しい

いつも通る道を、1本外れるだけで別世界を見つけるかもしれない。

  • 雰囲気のいい、まったりしたカフェ
  • 学校帰りの子供が吸い込まれる駄菓子屋
  • 時間が止まったような古い喫茶店

何が飛び出すか、楽しみでしかない。

バイクでカッ飛ぶのも楽しいけれど

車ではためらう路地も楽しい

もちろん路地裏でレースごっこなんてしないで。

ブラインドコーナーの先には誰かが居るかもしれない。

攻める?

スピードが楽しいのは十分解ります

けど、バイクの楽しみ方のほんの一面でしかない

コーナーを『攻める』のは、もう辞めませんか?

『危ない』イコール『楽しい』なのは失うものの無い若者の特権です。

オヤジのやることじゃない。


なぜ、バイクに乗り続けるのか?

答えはココ

4.定点ラーツー

定点ラーツー

お気に入りの場所でカップラーメンを食べるだけ

観光地ではないけれど、バイクで見つけた景色のいい場所

  • 春は花見
  • 夏は木陰
  • 秋は紅葉
  • 冬は雪景色

同じ場所でカップラーメンを食べるだけでも、1年中飽きない。

だれでも、秘密の場所の2つ3つあるはずです。

凝った料理なんかできなくても、お湯を沸かすだけで楽しい。

旨いに決まってる。

観光地ではないけれど、バイクで見つけた景色のいい場所

例えば、こんな場所。

観光地でも何でもないので、この景色を独り占めしてのんびり過ごせます。

四季折々のイチョウを眺めて、カップラーメンを食べるの楽しい。


アウトドアチェアがあると、尚いい。

あなたは食後、何をしますか?


ラーツーの極意はココ

5.放浪

放浪

偶然の出会いは、必然です

目的地をナビにセットして、立ち寄り地点を効率的に回るのは止める。

交差点が来たら右右左と曲がって、偶然を楽しもう。

そんなツーリングも楽しいからバイクは面白い。


年に1度のロングツーリングの練習ですね!

バイク日帰りツーリングに持って行くもの

バイク日帰りツーリングに持って行くもの
  • 免許
  • 財布
  • スマホ
     緊急連絡・写真用
  • ラーツーをするなら、バーナーセットを追加
  • 温泉なら、タオルを追加

あとは何も要らない。

万が一に備えて、スマホ

万一に備えスマホは外せないけど、なるべく取り出したくはない

ナビ通り走るは効率的だけど、効率のためにバイクに乗ってる訳じゃない。

  • 事故
  • パンク
  • ガス欠

アクシデントに備えて工具やアイテムを一杯持ってく?

日帰りツーリングなら、割り切ってロードサービスに頼るのもいい。


ロードサービス選びなら、ココ



バイク日帰りツーリングの目的地5選 まとめ

日帰りツーリングの目的地5選 まとめ
  • 見知らぬ土地へロングツーリング
  • 恐怖を押し殺して、コーナーに飛び込む

どちらも楽しい。

けど、週末ツーリングには似合わない。

リスクが大きすぎませんか?

他にもバイクの楽しみ方はいくらでもあります。

お土産を持って、家族との夕食に間に合わせるのが日帰りツーリングの掟です。


来週末への点数稼ぎもあるけどね!


併せて読みたい

タイトルとURLをコピーしました